• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第7話】シンドイ思いをしとるのは「道理」を外しているからや

2008年8月27日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 実際の立ち退き交渉では、理不尽な要求をされることも少なくない。家賃を払っていないのに立ち退き料を要求してくる、相場をはるかに上回る立ち退き料を求める――。小川はごねる借家人を何人も目の当たりにしてきた。だからだろう。権利の前に義務がある、と言う。

「物事の道理について」

 いつの頃からか、「そんなん道理やんけ」とか「水は上から下にしか流れん」という言葉をよく使うようになった。物事は道理に沿って動くとオレは思うとる。この道理をきちんと捉える目と知恵がなければ、仕事も人生もうまくいかへん。一度は子供の頭に入れた方がいいと思うて、このテーマを選んでみたんや。

****

小川:お前ら、“物事の道理”って知っとるか。

サクラ:ん?

小川:物事の道理とはな、こう書くねん。「道」の「理(ことわり)」や。辞書には「物事の筋道」ってあるけど、お父ちゃんは「正しい道」って理解しとる。

リュウジ:んん?

小川:正しい道っていうのは正しい行動や。正しい考え方っちゅうことや。

サクラ:ハイ。

小川:水は上から下にしか流れんやろ。それと同じように、物事には何でも道理がある。この道理を外すと、何でもうまいこといかへん。ほんだら、お前らに道理を当てはめてみようか。例えば、勉強をせぇへんで、テストでエエ点が取れると思うか。

サクラ:そら、取られへんわ。

小川:例えば、リュウジ。練習をしっかりせぇへんで、サッカーがうまくなると思うか。

リュウジ:そら、無理やわ。

小川:そやろ、これが道理っちゅうもんや。じゃあ、道理の反対はなんや。

リュウジ:・・・・・・。

小川:さっき、リュウジが言うた「無理」っていう言葉がそうや。「無理が通れば道理が引っ込む」っていう言葉もあるやろ。・・・・・・。まあ、知らんか。道理に反することがまかり通れば、道理に適ったことが行われなくなる、という意味や。ま、この言葉も覚えとけや。いいか、絶対に無理を通そうとしたらアカンで。しんどいぞ。

サクラ:ハイ。

小川:じゃあ、この物事の道理が分かるには、どうすればいいんやろか。

リュウジ:ん~。

小川:まあ、そやな。いつも正しい考え方や正しい行動を取る、とかやな。ほんだら、サクラ。お前にとって、学校での正しい行動って何や。

サクラ:勉強すること。

小川:おう、そうやな。それが正しいわな。それが、道理やわな。ほんで、これも言うとくぞ。物事の道理をつかむには、正しい思考回路が必要や。これは、いつも何が正しいか、考える癖をつけとかな身につかんで。しょうもない欲を持っとると、何が正しいかって分からんようになるから、気ぃつけろよ。

リュウジ:ハイ。

小川:ほんで、読書な。読書で正しい考え方を養うんやぞ。分かったな。

サクラ:ハイ。

小川:ようし。ほんだら書けよ。

「道理とは正しい道です」
「道は行いです」
「いつもどうすれば正しいかを考える」
「いつも正しい行動ができるようにする」
「正しい行いは人に影響されない」
「正しい行動は欲を捨てるところから始まる」

小川:立ち退き交渉でもな、物事の道理が重要なんや。水が高いところから低いところに流れるように、道理に沿って話を持っていかなければ、人を説得することはできへん。これは何も立ち退き交渉だけの話じゃないで。人生のあらゆる局面に通用すると思う。

****

 前に、「立ち退き交渉のコツは相手になりきること」と話したわな(第1回参照)。交渉ごとにも道理があると思うとる。道理に沿って話をすれば、相手はこちらの話を聞いてくれる。逆もまたしかりや。この道理、相手の立場に立たなければ理解できん。つまり、相手の道理をまず知ることや。
 オレの場合、相手の主張はすべて聞く。向こうの主張を聞き入れて、立場を理解して、その後にオレの話も聞いてや、と持っていく。「あんたの言うこともよく分かるけど、借りたモンはいつか返さなアカンわな。そやろ。それが今と違うか」ってな具合や。まあ、具体例を示そうか。

コメント11件コメント/レビュー

この軍人さんの話だと、義務は「借りたものは返す」かもしれませんがその対になる権利は何なんでしょう?「家賃を払う」という義務を果たしている以上、「住み続ける権利」もあるような。家主は他者に「貸す」権利も「売る」権利も持ち合わせていて、「売る時」は業者にその土地をまっさらにして渡す“義務”がある・・・でも、その義務は借家人にとっては大きな意味を持たないような。「立ち退き料」という形で借家人に対する義務をごまかしているような。前にどなたかが書いていらっしゃるように、結果として誰も損してないから、悪いとは言わないけどちょっと切ないかも。道理の話も面白かったけど、9億もの借金を結果的にチャラにした裏技が勉強になりました。前の回の話、ごねるやつが得をする、ではないけど、悪賢いほうに躊躇いなく頭を使えるやつが得をするのだなぁと思いました。この場合しょうがないのでしょうけどね。(2008/09/05)

「地上げ屋の道徳教育」のバックナンバー

一覧

「【第7話】シンドイ思いをしとるのは「道理」を外しているからや」の著者

篠原 匡

篠原 匡(しのはら・ただし)

ニューヨーク支局長

日経ビジネス記者、日経ビジネスクロスメディア編集長を経て2015年1月からニューヨーク支局長。建設・不動産、地域モノ、人物ルポなどが得意分野。趣味は家庭菜園と競艇、出張。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この軍人さんの話だと、義務は「借りたものは返す」かもしれませんがその対になる権利は何なんでしょう?「家賃を払う」という義務を果たしている以上、「住み続ける権利」もあるような。家主は他者に「貸す」権利も「売る」権利も持ち合わせていて、「売る時」は業者にその土地をまっさらにして渡す“義務”がある・・・でも、その義務は借家人にとっては大きな意味を持たないような。「立ち退き料」という形で借家人に対する義務をごまかしているような。前にどなたかが書いていらっしゃるように、結果として誰も損してないから、悪いとは言わないけどちょっと切ないかも。道理の話も面白かったけど、9億もの借金を結果的にチャラにした裏技が勉強になりました。前の回の話、ごねるやつが得をする、ではないけど、悪賢いほうに躊躇いなく頭を使えるやつが得をするのだなぁと思いました。この場合しょうがないのでしょうけどね。(2008/09/05)

もう第7回にもなるのに、未だに地上げ屋=悪という色眼鏡でしかみれず、話を歪曲してしまう人がいるんですね。そろそろここのコメント欄も、本筋の議論だけの場になればいいのにな。(2008/09/01)

前々からちょこちょこコメントを寄せさせていただいている同業者(職種は異なりますが)です。今回の内容はなんだかすとんと「お腹に落ちた」感じがしますね。アドリブや演出もそうですが、双方の利害の落としドコロがどこにあるのか、それを筆者はよく心得ていた、ということでしょう。そしてその落としドコロを探るための演出もビジネスの世界ではもちろん必要なことです。不動産に限らず世の全ての業種にはそういう「利害の落としドコロ」があるはずですが、仲介業という生業が存在するのは不動産業だけですよね。地上げ屋も地上げ専門の仲介ですが、これだけ利害が真っ向から対決する中で双方の利害を調整することは並大抵ではないのです。だからこそ仲介が専門職として成立するわけで…。なにやら不動産業に偏見のあるコメントがまぎれていますが、頑張ってください。(2008/08/31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長