• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

農業に望外の付加価値をもたらした朱鷺

自然との共生という「ブランド」が島を潤す

  • 宮嶋 康彦

バックナンバー

2008年9月25日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 本日、9月25日午前の朱鷺試験放鳥に「浮かれてはおられない」という人物が2人いる。

 1人は佐渡市の職員、観光産業部農業振興課の係長、渡辺竜五さん。佐渡の農業に精通した人物は「放鳥の失敗は許されません、必ず自然界に定着してくれなければ、佐渡の農業に未来はない」と放鳥後の朱鷺の動静に固唾を呑んでいる。

 もう1人は新潟県庁職員で、朱鷺保護センター獣医師、金子良則さん。1991年から17年にわたって朱鷺を看てきた。センターの職員の中では最も長い経験を積んでいる。その獣医は「放鳥は早すぎる」と慎重な意見を抱いたまま、今日の試験放鳥に臨むことになった。

 2人のそれぞれの視点を掘り下げて、人里に返される朱鷺放鳥の意義を探ってみた。

朱鷺なしでは沈む佐渡島

 まず、農業振興の視点から渡辺さんが語る。

 その話は佐渡島6500人という米農家を超えて、7万島民の本音を代弁するような話だった。

 「放鳥記念式典は朱鷺が行政から佐渡の島民に手渡される儀式でもあるのです、とくに農業者には試験放鳥なんかじゃないわけです。実際に田畑に飛んでくるでしょうから、生産者はどう対処したらいいのか、農薬をまいても非難されないのか、害が予想されたとき追い払っても後ろ指さされないのか、私たちにとっては“試験”の文字は関係ない。定着を前提にした本放鳥として、はっきり認識する必要があるんです」

 佐渡市は朱鷺の試験放鳥に合わせて「朱鷺と暮らす郷づくり認証制度」をスタートさせた。初年度の今年、認証を取った生産者は9月20日現在で267軒。水田面積は全体の7パーセントに当たる434ヘクタールになる。

 制度の条件は、農薬や化学肥料を5割以上削減し、水場の生物が生きられる水路を設置すること。冬場も田に水を湛えて生きものを育む農法で育てた米を認証する。補助金は10アール(1反)当たり1万5000円と決められた。

 「19年(2007年)10月に提案して1軒1軒、農家を回って説明させてもらったんです、2カ月で250軒が理解してくれました、離島のメリットですね、島であるがゆえの喜怒哀楽を共有してますからね、生産者はみんな同じような将来に向かっているわけです、一枚岩になりやすいんでしょうね」

 渡辺さんは認証米の生産者を増やすために、昼夜を分かたず説得活動を続けたという。朱鷺の自然定着のため、佐渡の農業振興のため、「水田を作ることが自然を作ること、田んぼが自然に近づけば朱鷺が棲める」と繰り返し説いたという。

 「農業が産業として成り立たなければ佐渡の将来は真っ暗ですからね、それでも、無関心の人もいます、積極的に話を聞いてくれる人もいます、身を乗り出してくる生産者こそ、朱鷺が佐渡に定着することが希望だ、ということに共感してくれた人たちです」

コメント2

「地方再生物語」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック