• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

イエスマンの恐怖

2008年9月26日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 皆さんの周りには“イエスマン”はいないだろうか。また、イエスマンばかりで周りを固めている上司っていないだろうか。私は新人の頃から、取り巻くイエスマンもろとも頂点から転がり落ちる先輩の姿を幾度か見てきた。

 イエスマンとはつまり、真実を伝えないことで忠誠を表現する人のことだ。その人物が絶頂の時はいいが、落ちる時の孤独や不安は尋常ではないだろう。だって、なぜ自分がそうなっているのか、誰も真実を伝えないからだ。

 ある番組で、レギュラーメンバーのうち、私だけが降ろされることがあった。それは単にアシスタントとして歳をくった、というだけの理由ではあったが、メイン司会者の男性は盛大にお別れ会を企画しているとプロデューサーから知らされた。

 私はその場で丁重に、毅然とそれを辞退した。アシスタントごときのことでたいそうな宴は恐縮するし、なにより私は偽善が苦手だ。「降ろす」というのだから、バッサリ降ろしたらいいと思っている。「降板」を「卒業」とすりかえてごまかされるほど、それこそ私は若くはなかった。

 やがて、私の最後の出演の時がきた。メイクする私に、メイン司会者のマネージャーが近づき小声で言った。

 「実は、遙さんが今夜来られないこと、本人に言っていないんです」

 にわかには理解できず、「じゃ、宴会場おさえたんですか!」と聞くと、マネージャーは申し訳なさそうに「はい」と答えた。

 しかし3カ月も前に開催を辞退した私はすでにその日、別の日程を組んでしまっていた。

「それって、じゃあ、今になって私に直接言えということですか?」
「いえそうではありません」
「じゃあなぜそれを私に話したんです」
「本人は知らない、ということを、お耳に入れておこうと思いまして・・・・」

 マネージャーは泣きそうな顔をしていた。プロデューサーもマネージャーも「遙はあなたの好意を辞退している」という地雷を踏みそうな言葉を言えないまま、指示されるままに宴会場を押さえ、いよいよ当日が来て、私に泣きついたというところだった。

 あらためて、イエスマンの悲劇を思った。宴会に主賓が来ないことすら言えないのだ。アシスタントの女をいまさら若い女に変えたところで、この番組はもう寿命ですよ、アシスタントではなく、あなたに視聴率低迷の原因があるのですよ、などと言えるスタッフは地球上どこを探してもいないだろう、と思った。

 案の定、私の送別会に私が来ず、司会者は激高していたらしい。イエスマンのためにいらぬシコリを作ってしまったと苦い思いをした。

「遙 洋子の「男の勘違い、女のすれ違い」」のバックナンバー

一覧

「イエスマンの恐怖」の著者

遙 洋子

遙 洋子(はるか・ようこ)

タレント・エッセイスト

関西を中心にタレント活動を行う。東京大学大学院の上野千鶴子ゼミでフェミニズム・社会学を学び、『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』を執筆。これを機に、女性の視点で社会を読み解く記事執筆、講演などを行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO