• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「いつ結婚するつもり?」と部下に聞けますか?

  • 鈴木雅映子

バックナンバー

2009年2月3日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「鈴木ィ~ こんなの無理だよ~」。

 YデスクはA4用紙の束から目を離し、私の顔斜め45度の方向に視線を向けました。何かを考えているときのYデスクのクセです。前回書いたコラムの原稿を手にしています。私が末尾に書いた次回予告「次は『いつ結婚するつもり』と部下に聞けますか?を執筆します」が気になったようです。

 Yデスクはこう感想を述べました。

「女性の部下に『いつ結婚するつもり?』って聞けるか? これは聞けないよ、普通。だって、そんな話をしたら、最悪、セクハラと受け止められかねないし」

 次回予告に反応したのは、Yデスクだけではありません。40代の知人は私にこう話したことがあります。

「能力さえあれば、私生活はどうでもいい」

「俺は部下を選ぶときに、その人の私生活を意識しないのだよね。評価するのはその人の持っている能力だけでいい。例えば、女性に子供がいるかどうかは気にしない。その人の知識や能力が欲しかったら、それを活かせる立場に引き上げればいいと思うんだ」

 このおふたりは、「聞けない」「聞かない」と、方法こそ異なっていますが、部下の私生活について口は出さないと言う点で共通しています。

 私も学生時代には、仕事に関係するのは能力だけだから、私生活と仕事は分けて考えたいと思っていました。採用試験を受けていた会社の人事の方が、「仕事が終わると毎晩会社の人とご飯を食べます~」とプレゼンしたため、受験を途中棄権したこともありました…今思えば本当に小生意気で世間知らずの学生でした。

 でも、働いて思ったのですが、仕事というのは能力だけではなく、私生活の要素にも大きく左右されます。例えば、この秋に私の祖母が骨折しました。私は休日しかお見舞いに行っていないのですが、家族は交代でリハビリを手伝っています。私以外にも家族がいたので問題にはならず、上司に伝えようともしませんでしたが、そうはいかない人もいるはずです。

 お子さんが小さければ、就業時間を変えなければならないこともあるでしょう。これは男性だろうが、女性だろうが関係ありません。家族が病気になることや、奥さんの妊娠で駆けつけなければならないこともあるはず。

 だとするならば、上司が部下の私生活をある程度把握しているのは、マネージメントする上ではとても重要なことなのではないか、そんな気がしてきました。

 じゃあ、その仮説を裏付けてみよう。

私生活を知らないと、どうしようもない職場

 分かりやすい例から探すのが手っ取り早いと思った私は、まず女性が多い職場を見に行きました。女性に限定した例を取材するのは極めて安易な方法ではありますが、現実的に「寿退社」「子育て」という、戦力減“リスク”(←言葉が一方的なのは承知しておりますが、ここはお許し下さい)が高いのは事実。そのリスクが高い職場ならば、そのリスクに対処するための取り組みも盛んだと思ったからです。

 向かったのは、東京都のとある脳外科病院です。

 え、何故だ、とお思いでしょう。たしかに例としては極端なのですが、以前看護師の研究をしていた友人からこんなことを聞いていたのです。

「看護師が足りないってよく報道されているでしょ。資格を持っている人は多いのに、医療の現場に立っている人は少ないからなんだよ。日本看護協会が2007年に行った調査によると、看護師離職率は12.4%だ。主な原因は、労働の過酷さ。夜勤もあるし、力仕事も多い。例えば患者の体位を変えるのも一苦労。妊娠しても、妊娠したことを言えずに仕事を続けたために、流産するって看護師もいるらしい」

 病院は看護師不足に悩んでいる。そして、現場は激務。問題が深刻であればあるほど、解決しようと立ち向かっている病院もあるはず、というわけなのです。

 取材は期待通りで、私が取材をした看護師の方々は、日々の会話を淡々と再現してくれました。

コメント41件コメント/レビュー

添削というか校正されてる(らしい)とはいえ、2年目女子でこれだけの意見と表現力をお持ちなのはすごいです。このコーナー自体が客寄せパンダ的な存在(失礼)であるにしてもです。いっそ読売新聞の発言小町とコラボすれば、更なる展開(荒れるだけ?)も見えてくるような気がします。(2009/06/18)

「2年目女子ですが、いいですか?」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

添削というか校正されてる(らしい)とはいえ、2年目女子でこれだけの意見と表現力をお持ちなのはすごいです。このコーナー自体が客寄せパンダ的な存在(失礼)であるにしてもです。いっそ読売新聞の発言小町とコラボすれば、更なる展開(荒れるだけ?)も見えてくるような気がします。(2009/06/18)

日米で勤務経験がありますが、日本の方がプライベートに線を引く傾向があるように思います。機械じゃないのに、家庭の事情でスローダウンしないといけない等が「本人の能力」として評価されるとか。個人の事情が仕事に影響を与えるのであれば、上司が積極的に情報収集するのは当たり前だと思います。上司が「いつ結婚するの?」とは聞いても「ゲイなの?」と聞かないのはそのせいです(笑)。(2009/05/27)

Yさんの仰る通り、ベースとなる信頼関係がないと聞いても本当のことを話せない女性は多いと思います。ただ管理職やチームリーダーにとっては、各人のキャリアプランを考える上で、やはり結婚や出産については把握しておいた方がより良いアドバイスができるかもしれません。記事の中のブログの件、思わず笑ってしまいました。ブログはあくまでも一方通行の情報発信であり、築きたいと考えている信頼関係は双方向のコミュニケーションで深まるということを忘れてらっしゃるのですね。信頼関係を築くことは、仕事の精度や効率の向上にも関わりますから、前向きな関係を築けばそれだけ素晴しいチームになるのではないでしょうか。(2009/04/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長