• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

拍手を信じない、舞台のカリスマ

演劇人 野田秀樹 〈NODA・MAP〉主宰

  • 酒井 香代

バックナンバー

2009年2月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 一つの世界で、頂点を極めることは難しい。

 劇作家であり、演出家であり、自らも俳優を務める野田秀樹は、演劇の世界で、30年以上トップを走り続けている。

 1980年代を席巻した劇団〈夢の遊民社〉を覚えているだろうか。76年に東京大学演劇研究会を母体として結成された〈夢の遊民社〉を主宰したのが野田秀樹だ。〈夢の遊民社〉は、「小劇場演劇第3世代」の代表として、常に注目を浴びる舞台を発表し、観客動員数でもトップを走っていた。

30年以上、トップを走り続ける

 いわゆる「新劇」と呼ばれる大手の既存劇団のリアリズム演劇のアンチテーゼとして自由な演劇や舞台芸術が目指されるようになったのが、60年代。故・寺山修司などがその先駆けで、「第1世代」と呼ばれ、彼らの実験的で前衛的な舞台は、国際的にも評価が高かった。学生運動なども沈静化した70年代には、つかこうへいなどが活躍。観客動員数も大幅に増え、若い世代を中心に支持を得たのが、「第2世代」である。

 それに続いた第3世代の中でも、〈夢の遊民社〉は、常に時代の寵児だった。

 「野獣降臨(のけものきたりて)」で、岸田戯曲賞受賞(83年)。86年、劇団結成10周年記念の「白夜の女騎士(ワルキューレ)」「彗星の使者(ジークフリート)」「宇宙(ワルハラ)蒸発」の書き下ろし3部作一挙上演では、国立代々木競技場第一体育館に1日で2万6400人もの観客を集め、日本演劇界初の快挙と報じられた。

 85年の科学万博つくば博での上演や、企業との提携や協賛を集めた大規模公演など、公演のプロデュースシステムでも、それまでの小劇場演劇の常識を覆し続けた〈夢の遊民社〉は、92年の解散までに、総ステージ数1205回をこなし、総観客数は81万2790人に上るという。

 93年、俳優たちが所属する劇団というシステムを脱し、プロデュース公演を行う企画製作会社〈NODA・MAP〉を設立した野田は、ここでも次々と斬新な舞台を送り出し、いくつもの賞を受賞し、数多くの観客を集めている。

 2007年に上演された「THE BEE」では、紀伊國屋演劇賞、毎日芸術賞、朝日舞台芸術賞、読売演劇大賞と日本演劇の主だった賞を軒並みに受賞し、読売演劇大賞では大賞のほか、最優秀作品賞、最優秀演出家賞、最優秀男優賞までも一挙に受賞した。

 頂点を極めることは難しい。いわんやそれを続けることは。

 30年以上にわたりトップを走り続ける野田秀樹の秘密は何だろう。

本当にいいと思って見てくれているのか?

 演劇人・野田秀樹を振り返るならば、1992年の〈夢の遊民社〉解散へと立ち戻らざるを得ない。

 観客動員数も落ちてはいない。人気絶頂とも言える時期の劇団解散には、当時、誰もが驚いた。

コメント0

「世界ブランドの日本人を追え クエスト 探求者たち」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授