• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

商品と営業の共犯関係

2009年2月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最近、不思議な出来事が起きた。

 私の事務所に「本屋に行ったけど本が置いてない」という私の読者のクレームが続いた。そこで出版社に問い合わせると「確かに置いてます」という。

 あれれと思ったが、しばらく様子を見ることにした。ところがそのクレームはポツポツと各地から途絶えることもなかった。そこで再度出版社に問い合せることにした。

 やはり「置いている」という出版社に、その根拠となるデータを送ってもらった。すると確かに入荷・在庫・返品とすべてに明確な数値のデータがあったのだ。

 しかし、それならそれで次の疑問が沸く。ではいったいなぜ読者は「ない」というのか、だ。

 それが限られた人物なら、そういう文句好きの人、という片付け方もできるが、各地の各人物となると、それはどう認識すべきなのか。

 その手がかりとして、読者のクレームの中に「本がないので本屋に文句を言ったら奥から出してきた」というのがあった。つまり、入荷しながらも店頭に並べていない可能性がチラとのぞいたわけだ。

 もしそれが事実なら、書き手にとってこんな恐ろしいことはない。店頭に並ぶことなく一定の期間が過ぎれば返品されてしまうのだから。

 私は正確さを誇るデータが、実際、現実を反映しているのかどうかを確かめに、一件一件本屋に出向くことにした。

 行き先は大型書店に限定した。小さな店なら本がなくても読者は怒らないだろうと予測した。インターネットで買える人ばかりではない。近所の本屋になくて、都心の大型書店に足を運んでまでも入手できなかった時に、人は怒るのではないか、ということだ。

 私は関西最大級を誇る大型書店に足を運んだ。
 ・・・・・私の本はなかった。

 奮起して次は、関西の老舗を誇る大型書店に行った。
 ・・・・やはりなかった。

 そんなばかなと、隣町の繁華街にある大型書店に行った。
 ・・・・1冊だけあった。

「遙 洋子の「男の勘違い、女のすれ違い」」のバックナンバー

一覧

「商品と営業の共犯関係」の著者

遙 洋子

遙 洋子(はるか・ようこ)

タレント・エッセイスト

関西を中心にタレント活動を行う。東京大学大学院の上野千鶴子ゼミでフェミニズム・社会学を学び、『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』を執筆。これを機に、女性の視点で社会を読み解く記事執筆、講演などを行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

韓国がダメでも、日本なら技術を見る「目」が投資家にあるはずだ。

崔 元根 ダブル・スコープ社長