「日経ビジネスが描いた日本経済の40年」

【時代のリーダー】桜田 慧・モスフードサービス会長

ハンバーガーを日本化、「心と科学」の二等地商法

  • 日経ビジネス

>>バックナンバー

2009年3月13日(金)

1/4ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック
  • Facebookでシェアする 0

印刷ページ

先行きが見通しにくい2009年。困難な時代には新しいリーダー像が生まれるはずだ。これまでも企業経営や政治に新しい時代を切り開いたリーダーがいた。そんな時代のリーダーを日経ビジネスが描いた当時の記事で振り返る。
(注)記事中の役職、略歴は掲載当時のものです。

* * *

1991年8月26日号より

「桜田教」と評される独特のカリスマ経営で、一大ハンバーガーチェーンを築いた。
米国発のファーストフード事業を巧みに「日本化」したことが成功の最大の原動力だ。
創業から19年たった今、会長の立場で多業態化、国際化の戦略を練る。

=文中敬称略(村上 広樹)

桜田 慧氏

桜田 慧(さくらだ・さとし)氏
1937年岩手県生まれ、54歳。60年日本大学経済学部卒、同年日興証券に入社。65年日興証券を退社。皮革問屋、ヒサゴヤ勤務を経て、72年渡辺和男、吉野祥(故人)とモスフードサービスを創業。18年間社長を務めた後、90年会長に就任。

 桜田慧は実にキザな男である。

 「お客様に心から奉仕すれば、お金は自然に入ってくる。追いかけて無理につかみ取ろうとしてはいけない。モスバーガーチェーンの最大のフィロソフィーは感謝の気持ち。共有すべき唯一の価値観は愛だ」

 軽くウエーブがかかった見事な白髪。眼鏡の奥の目を輝かせて、客への愛、ともに働く者への愛をよどみなく語る。「フィロソフィー」「シェイクハンド」「ハッピー」−−。それらしい横文字のキーワードを交えた話ぶりは、いやみではあるが、聞く者を陶酔させる不思議な力がある。

 桜田は自らが信じる飲食業の理想を語り、その信奉者を増やすことで事業を拡大してきた。他人の資金や労働力を活用できるフランチャイズチェーン(FC)システムのメリットを桜田ほど有効に生かしきった経営者は珍しい。

 今年3月末時点のモスバーガーチェーンの店舗数は1015店。うちモスフードサービス(以下、モスフード)の直営店は50店にすぎない。全体の95%に当たる965店は、桜田の理念に共鳴してチェーンに参加したFC加盟店(フランチャイジー)だ。

FCオーナーも心酔する「桜田教」
挫折繰り返し、同志愛が源

 桜田のカリスマ性を背景にしたFC本部(フランチャイザー)とフランチャイジーの同志的結合。桜田の実践してきた経営がしばしば「モス教」「桜田教」と評されるゆえんである。

 モスバーガーチェーンの1991年3月期の総売上高は790億円でハンバーガー業界2位。フランチャイジーに食材を供給するフランチャイザー、モスフード本体の業績も、売上高404億円、経常利益50億円の規模に達している。

 「お店全体が善意に満ちあふれ、だれに接しても、親切で優しく明るくほがらかで、キビキビした行動、清潔な店と人柄…」。朝、開店を前にしたモスバーガーの店の奥からは、ひときわ元気な声が聞こえてくる。桜田が示した「モス・ポリシー」なる行動規範を店長、店員が全員で唱和する声だ。桜田の経営理念に心酔して店を開いた者にとって、このモス・ポリシーは商売の大切な「教典」と位置づけられる。

ここから先は「日経ビジネスオンライン」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。ご登録のうえ、「ログイン」状態にしてご利用ください。登録(無料)やログインの方法は次ページをご覧ください。



関連記事

コメント

参考度
お薦め度
投票結果

コメントを書く

コメント[0件]

記事を探す

読みましたか〜読者注目の記事