• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【時代のリーダー】中山 隼雄・セガ・エンタープライゼス社長

スカウトされ急成長果たす 普通の感覚で「遊び」リード

  • 日経ビジネス

バックナンバー

2009年3月26日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

先行きが見通しにくい2009年。困難な時代には新しいリーダー像が生まれるはずだ。これまでも企業経営や政治に新しい時代を切り開いたリーダーがいた。そんな時代のリーダーを日経ビジネスが描いた当時の記事で振り返る。
(注)記事中の役職、略歴は掲載当時のものです。

* * *

1992年10月19日号より

新産業として台頭してきたアミューズメント企業を引っ張る。スカウトされて入社してからわずか13年。低迷していたセガを世界が注目する成長企業にした。この市場は技術革新で巨大化する可能性がある。ライバルも多く、目を離せない日々が続く。

=文中敬称略(長谷川 直樹)

中山 隼雄(なかやま・はやお)氏
1932年東京生まれ、60歳。59年千葉大学文理学部中退。ジュークボックスの輸入会社V&V入社。68年エスコ貿易を設立し社長に。79年セガ・エンタープライゼスに副社長として入社。83年社長に就任。92年、中山隼雄科学技術文化財団を設立し、理事長に。

 9月下旬、来日中の米ゼネラル・エレクトリック(GE)会長のジョン・F・ウェルチと中山隼雄は極秘裏に会談した。GEとセガ・エンタープライゼスはコンピューターグラフィックス(CG)分野で提携関係を結んだばかり。この提携をより強化するための方策を探るためだ。

 ウェルチが日本滞在中に訪れたのは東芝など大企業が主体。その中で、セガのような売上高2000億円程度の企業のトップに自ら望んで会談を申し入れたのは極めて異例。アミューズメント業界が、産業界で重要な位置を占めるようになったことの象徴と言える。

 つい5年前まで、セガは売上高400億円程度の中堅企業に過ぎなかった。しかし、1992年3月期は2133億円、今期は3050億円を見込むほどの急成長ぶり。97年度には目標6000億円を掲げているが、「1期前倒しで達成できそう」(中村俊一常務)という。

 家庭用テレビゲーム機の国内市場では任天堂の「ファミコン」に惨敗したものの、欧米市場で互角の勝負に持ち込んだ。また、ゲームセンターなどアミューズメント施設の人気が高まり、施設運営や業務用ゲーム機器の売り上げが急増。91年度の売上高営業利益率は16.5%と高収益を上げている。

 家電メーカーやコンピューターメーカーなどが、将来の有望商品とみて開発にしのぎを削る「マルチメディア」。21世紀にはマルチメディア端末が家庭に1台普及するとの見方があるが、何を起爆剤に普及が進むかといえば、なじみやすいゲーム、エンターテインメントの世界とみる関係者は多い。このため、このノウハウを持つ企業へのアプローチが増えている。

 実際にセガは日本アイ・ビー・エムや日本ビクターなどと提携し、IBM互換パソコンやCD‐ROM(コンパクトディスクを使った読み出し専用メモリー)ゲーム機を相次いで出した。「うちは家電とアミューズメントの接点といういいポジションにいる。時流に乗っているというか、ゴルフならフェアウエーの真ん中にいることは間違いない」。中山の率直な感想だ。

ジュークボックス輸入会社から独立
36歳でゲーム機の問屋興す

 遊びは悪という価値観が古くなるとともに、アミューズメント業界は、「新産業」としての地位を築きつつある。“旧産業”から見れば、セガのような遊びビジネスで高収益を上げる企業は、えたいの知れない企業に映るだろう。それを引っ張る中山も「ゲームを自分でやることもないし、面白いとも思わない」という年齢相応の感覚の持ち主。ただ、中山なくしては今のセガがなかったことは確かだ。

コメント0

「日経ビジネスが描いた日本経済の40年」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック