• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【時代のリーダー】立石 義雄・オムロン社長

重圧はね返し自分を磨く 理想の企業へ熱い語りかけ

  • 日経ビジネス

バックナンバー

2009年4月6日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

先行きが見通しにくい2009年。困難な時代には新しいリーダー像が生まれるはずだ。これまでも企業経営や政治に新しい時代を切り開いたリーダーがいた。そんな時代のリーダーを日経ビジネスが描いた当時の記事で振り返る。
(注)記事中の役職、略歴は掲載当時のものです。

* * *

1993年3月15日号より

「創業社長の息子」としての重圧をバネに、必死の努力で自分を磨いた。権限委譲、社員の動機づけなど、その間の苦い体験をもとにして、ユニークな経営を確立した。企業の経営効率と社員の自己実現という相克する課題に挑み、理想の企業像を追い求める。

=文中敬称略(中川 貴雄)

立石 義雄(たていし・よしお)氏
1939年、立石電機(現オムロン)創業者である立石一真氏の3男として大阪に生まれる。53歳。62年同志社大学経済学部卒。63年立石電機入社。73年取締役、76年常務、83年専務制御機器事業本部長、87年から現職。

 肉付きのいい体つき、おおらかさを感じさせる語り口と相まって、相手はいつの間にか包み込まれるような安心感を抱く。もともとそんな雰囲気を持つ立石義雄だが、不況のただ中にあっても相変わらず泰然としている。

 オムロンも、今期の予想経常利益70億円はピークに比べて4分の1と、経営環境が厳しいことに変わりはないのだが、慌ても騒ぎもしない。実際には素早くリストラに着手している。研究開発領域の絞り込み、定期採用の抑制などを決めたのは当然としても、経費削減でも目ざましい成果を上げている。

 昨年6月に「収益構造委員会」を設置すると同時に、立石自身が全社員に呼びかけ、予算比で30億円減が目標のところを、50億円を削減した。やるべきことをやっているという思いが、立石にふだんと変わらない態度を取らせているのだろう。

 立石は言う。「追い風が逆風に変わった今、経営者にとっては自分を磨くいいチャンスかもしれない。最近、不況下での舵(かじ)取りをむしろ楽しんでいるのではないかと言われることもある」。不謹慎とも取れる言葉だが、立石は、オムロンという企業を不況を乗り越える体質に転換すると同時に、この逆境こそ経営者としての自分を一回り大きな存在に磨き上げるチャンスだと本気で思っている。

新規事業の立ち上げに燃えたが
上司の“配慮”から自由にやれず

 創業者の息子というプレッシャーをバネに、自己の能力、人間性を懸命に高めてきたのが立石の半生だった。オムロンの前身である立石電機を創業した立石一真の三男として1939年に生まれた。50年に母が39歳の若さで亡くなり、男4人、女2人の兄弟は、創業後間もない立石電機の経営に没頭する一真の姿を見ながら助け合って育った。現会長で長兄の孝雄、現副会長で次兄の信雄に続いて、立石電機に入社した。

 若いころはそれほど目立ったところはなかった。小学校時代からの友人である今西信裕(今与社長)は立石について、今でこそ「気配りとリーダーシップのある男」と評価するが、「昔は目立つ方ではなく人についていく方だった」と言う。

 同志社大学からのつきあいという佐々木俊男(佐々木コーディネーション社長)も、「昔から人当たりは良かったが、時間にルーズなのだけは参った」と苦笑しながら語る。待ち合わせに1時間遅れても悪びれずニコニコして現れるので不思議と憎めなかったというが、いずれにしても、どこにでもいるのんきで人づきあいのいい青年だったようだ。

 3年間米国法人に勤務した後、金融端末、POS(販売時点情報管理)端末、自動改札システムなどを開発・製造するEFTS事業部に配属された。工場向け制御機器を中核としてきた立石電機にとっての新規事業で、ここから立石の長い修業が始まった。

コメント0

「日経ビジネスが描いた日本経済の40年」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の社会に足りないのは起業家精神です。

デイビッド・ルーベンシュタイン 米カーライル・グループ共同創業者兼共同最高経営責任者