• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【時代のリーダー】豊田 章一郎・トヨタ自動車会長

難局打開へプリンス正念場 背中に日本、期待の指導力

  • 日経ビジネス

バックナンバー

2009年4月8日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

先行きが見通しにくい2009年。困難な時代には新しいリーダー像が生まれるはずだ。これまでも企業経営や政治に新しい時代を切り開いたリーダーがいた。そんな時代のリーダーを日経ビジネスが描いた当時の記事で振り返る。
(注)記事中の役職、略歴は掲載当時のものです。

* * *

1993年4月5日号より

シェア拡大のみを追い求めたトヨタに「競争と協調」という新しい理念を吹き込んだ。
構造的な難問に直面する自動車業界も、その行動と発言に大きな期待を寄せる。
「トヨタのプリンス」から業界の重鎮へ、自己流の指導力を発揮する日が待たれる。

=文中敬称略(川嶋 諭)

 「まじめで地味な男」。豊田章一郎は自分の性格をただ一言、こう評する。要点だけを簡潔に話す語り口からは、理詰めで相手を圧倒するような威圧感は感じない。まして1メートル60センチほどの小柄な体だけに、記者が多数集まる新車発表のパーティーの席では、彼の姿が人波に隠れてしまい、豊田の発言に耳を寄せる集団に気付かなければ、どこにいるのか分からない場合もある。

豊田 章一郎(とよだ・しょういちろう)氏
1925年愛知県生まれ、68歳。47年名古屋大学工学部機械工学科卒、52年トヨタ自動車工業入社、取締役。61年常務、67年専務、72年副社長。81年トヨタ自動車販売社長。82年トヨタ自動車社長、92年会長に就任。

 豊田のスケジュール表は、30分単位で予定がビッシリ詰まっている。売上高、経常利益ともに日本ナンバーワンの企業トップとして、必然的にスケジュールが埋まることはもちろんだが、それより豊田のエネルギッシュな行動力が、たとえ30分といえども無駄な時間を許さないと言った方が正確かもしれない。

 課長クラスの会長秘書は、国内出張などに出掛けた際、スケジュールに空白があると、すぐ呼びつけられる。「この地域の販売店を見学できないのか。相手に迷惑がかからないように注意して、すぐにアポイントを取りなさい」。それは海外でも同じ。一寸の間を惜しんで、できるだけ自分の目で見、人に会おうとする。

 豊田より二つ年上で、生産技術担当の元トヨタ自動車副社長だった日野自動車工業会長の楠兼敬は言う。「章一郎さんは健康で、精力の塊みたいなところがある。動くことを全然苦にしない人だ。普通は出張先などで多少時間が空けば、体を休めながら知識の整理をしたり、思索に費やすものだが、彼は時間さえあれば外に飛び出していく」。

 今から6年前。トヨタが初の米国現地生産子会社(トヨタ・モーター・マニュファクチャリング=TMM)の工場を建設するに当たり、用地選定で決め手となったのは豊田のこうした行動力だった。当時、多くの州や町から誘致の依頼があり、一つの州だけでも候補地は数カ所に及んだ。豊田は少しでも時間があれば、日本から飛んでいって自分の目で確かめた。

 スケジュールの一例はこうだ。成田を昼にたって、ニューヨークに当日の昼に着く。すぐに専用機に乗り換えて2~3時間で現地へ。再びヘリコプターに乗り換え、数カ所の候補地を視察。次の日は早朝に現地をたち、ニューヨーク経由ですぐ成田へ向かう。成田着は午後3時過ぎ。そのまま日本自動車工業会の会合が開かれている群馬県伊香保温泉へ。夜の懇親会にも出席した。

コメント0

「日経ビジネスが描いた日本経済の40年」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師