• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

草食系男子の本音

「はた迷惑で勝手な現代女性」に募る不満

2009年5月15日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最近、草食系男子がメディアで取り沙汰されている。従来の肉食系と対極にある姿として、総称されているらしい。がむしゃらに女性に対して押しの姿勢ではなく、そこには草原にたたずむ山羊のようなイメージがある。だが、果たしてそうだろうか。

 草食系というのは、肉食系から進化した新しい男性像だと私は思っていた。それもけっこうなことじゃないか、と、肯定的だった。だが、実際に“草食系”と位置づけられることを容認する男性たちに出会い、会話などをしてみると、私のイメージとは似て非なる生き物であることに気づかされる。

 ある男性は、「なぜデートで男だからといって女性に奢らなきゃいけないのですか」と言う。中には「女性に100円だって奢るのは嫌」と言う男性もいる。

 この瞬間、ハテと私は思う。しかし、まだ彼らの本音は見えない。

 やがて「女性に積極的になれと言うけれど、すぐセクハラだと訴えるじゃないか」とか「男女平等だと言うけれど、女はすぐ仕事辞めるじゃないか」とかいう言葉が、若い男性から飛ぶ。

 これが老齢の管理職からの声なら珍しくはないし、理解もできる。女性に対し、従来の慣れ親しんだコミュニケーションスキルがまかり通らなくなった戸惑いや、女性の昇進と離職に振りまわされてきた怒りなど、男性管理職の苦悩が想像できる。

 だが彼らの苦悩はあくまで職場の中であって、一歩家に帰ると、従来のコミュニケーションがまかり通る女房がおり、女の権利をしのごの言わず、家事にいそしむ後ろ姿に胸をなで下ろしもしよう。

 彼らにとっての戸惑いはあくまで現代の女性であって、旧来の女性には安心を得ることができる。

 だが、草食系たちは違う。

「遙 洋子の「男の勘違い、女のすれ違い」」のバックナンバー

一覧

「草食系男子の本音」の著者

遙 洋子

遙 洋子(はるか・ようこ)

タレント・エッセイスト

関西を中心にタレント活動を行う。東京大学大学院の上野千鶴子ゼミでフェミニズム・社会学を学び、『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』を執筆。これを機に、女性の視点で社会を読み解く記事執筆、講演などを行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員