• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【時代のリーダー】井上 雅博・ヤフー社長

経営を解く“ゲームの達人”

  • 日経ビジネス

バックナンバー

2009年6月29日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

先行きが見通しにくい2009年。困難な時代には新しいリーダー像が生まれるはずだ。これまでも企業経営や政治に新しい時代を切り開いたリーダーがいた。そんな時代のリーダーを日経ビジネスが描いた当時の記事で振り返る。
(注)記事中の役職、略歴は掲載当時のものです。

* * *

2003年12月1日号より

SFとおもちゃを愛し、「経営はゲーム」と言い切る技術系オタク。
孫正義の陰に隠れながらも、ヤフーを東証1部企業に育て上げた。
理詰めで攻め、すべてのネットサービスでナンバーワンを目指す。

=文中敬称略(大竹 剛)

井上 雅博(いのうえ・まさひろ)氏
1957年2月東京生まれ、46歳。東京理科大学理学部数学科ではコンピュータープログラムの作成に没頭し、79年にソード電算機システムに入社。87年にソフトバンク総合研究所に転職。92年にソフトバンクに移り、94年から同社社長の孫正義の側近として米IT関連企業の買収に携わる。96年に出資先の米ヤフーの日本法人の社長に就任。97年に店頭公開、2003年10月に東証1部上場を果たす。(写真:陶山勉)

 10月28日、めったに着ないスーツに身を包み、いくぶん緊張した面持ちで井上雅博は、東京証券取引所の情報発信センター「東証アローズ」(東京都中央区)に向かった。ヤフーの社長に就任して7年が過ぎ、ついに東証1部に株式の上場を果たしたのだ。

 上場セレモニーでは詰めかけた報道陣を前に、照れくさそうに記念の盾を受け取り、立ち会い開始の鐘を鳴らした。米ヤフー創業者のジェリー・ヤンもお祝いに駆けつけ、2人は耳打ちしては笑い合い、お互いに喜びをかみしめていた。

 ヤフーが運営する日本最大のウェブサイト「Yahoo! Japan」には、1カ月に約3600万人が訪れる。2003年度の売上高は710億~730億円を見込む。検索サービスを核に、ニュースなどの情報提供からオークションまで、幅広いサービスを手がける。ADSL(非対称デジタル加入者線)を使ったブロードバンドサービス「Yahoo! BB」では、300万人以上にプロバイダーサービスを提供する。現在の時価総額は2兆4691億円(11月20日終値)。セブン-イレブン・ジャパンに次いで16位で、親会社であるソフトバンクの1兆2769億円の倍の規模だ。

 ヤフーを育て上げた井上の功績は、ソフトバンク社長の孫正義の派手な経営の陰に隠れ見えにくい。「米ヤフーに出資したのは孫の先見性の賜物で、既に米国に成功モデルがあるからうまくいった」と皮肉る人もいる。最近では、孫がYahoo! BBというブランドを声高に叫び、赤字覚悟でブロードバンド事業に邁進すればするほど、井上の姿はかすみがちだ。あるヤフー社員は、「入社面接でヤフーの社長は誰かを問うと、孫社長と答える人もいるほどだ」と苦笑いする。

 確かに、井上は自ら好んで目立つタイプではない。ヤフー創業時には、「自分が社長になるよりも孫さんがなった方がマスコミが騒ぐ」と、初めの数カ月は取締役としてヤフーに関わったほどだ。そうした孫に対する一歩引いた振る舞いのせいか、ネットベンチャーの社長としては、ヤフーを追撃する立場にある楽天の会長兼社長、三木谷浩史の方が有名になった。

コメント0

「日経ビジネスが描いた日本経済の40年」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏