• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

仕事ができないのには理由がある

コミュニケーション不全と言葉の鈍感さ

2009年6月26日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 初対面のその女性の仕草を見て、「この人は仕事ができない」と分かるのに3秒かからなかった。

 それは、私が控え室からホールに向かう時のことだった。
 番組の収録には、スタジオを出て公開での収録というのがある。その現場に行ってみないと状況が分からないことがしばしばあった。

 そんな時にケアをしてくれるためのスタッフとして女性はその日、私の担当だった。

 女性と挨拶を交わした直後、リハーサルのためにホールに移動との連絡が入った。

 それを聞いた私が控え室を出る時、女性はどうぞとばかりにドアに向かってうやうやしく手を差し伸べた。その仕草で私は彼女の仕事力が察知できた。

 手厳しいことを言うようだが、私はもう“聞いて”いるのだ。そしてドアに向かってすでに歩いている。そこに手を差し伸べる意味はない。それは一見、敬意を表す仕草にも映るが、実は、“何をしていいかわからないので、とりあえず相手をうながすフリをした”に過ぎない。

 手を差し伸べる仕草が効果を持つ場合は、相手がまだ次に取るべき行動を知らない時だ。その時に初めて、“うながす”という意味を持つのだ。

 同じようなことは多々ある。

 ショップで商品を見ている時、「ご覧くださいませ」とよく店員から声をかけられる。

 すでに手に取って見ているのに、だ。

 見ようかどうしようか、店の入り口で迷う客に対して「ご覧ください」が意味を持つ。

 私はこれまで、自分がすでに行動していることを、他人から再度うながされることに、いちいち反発を感じてきた。

 それは相手をまったく見ていない、コミュニケーション不全と言葉の鈍感さに他ならないからだ。

 本番まであと少しという時、私はトイレの場所をその女性に聞いた。すると女性は困った顔をして回りを見渡し、一般客用に表示されたトイレマークを見つけ、「向こうの方にありますね…」と答えた。

 通常、出演者と客は別のトイレを使うというのが、私の仕事での常識だ。

 客にしてみれば、これからステージで拍手で迎えるつもりの出演者に、トイレで会ってしまう心情を考えれば、当然の配慮でもある。

 女性は遠くに表示されたトイレを指さしたが、私が他の人に聞くと、こともなげに「関係者用トイレはここです」と、控え室の隣を指さしたのだった。

 その後、女性に「コーヒーありますか」と聞くと、困った顔をして首を振った。
 
 やがて本番になった。

 気合いを入れて、テンションを上げ、最高に神経を使う出番直前のその時、女性の携帯電話が鳴った。

「遙 洋子の「男の勘違い、女のすれ違い」」のバックナンバー

一覧

「仕事ができないのには理由がある」の著者

遙 洋子

遙 洋子(はるか・ようこ)

タレント・エッセイスト

関西を中心にタレント活動を行う。東京大学大学院の上野千鶴子ゼミでフェミニズム・社会学を学び、『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』を執筆。これを機に、女性の視点で社会を読み解く記事執筆、講演などを行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長