• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「無理矢理働かせたくないから、国が生活を保障します」→あなたは納得できますか?

普通の人のための経済学:姉歯暁×飯田泰之【中】

2009年11月4日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前編から読む)

 今回、駒澤大学経済学部の設立60周年を記念して、東京大学名誉教授の宇沢弘文氏が「経済学と人間の心」をテーマに講演を行います。また、NBOの皆さんにはおなじみ「シノドス」の芹沢一也さん、荻上チキさん、飯田泰之さん(駒澤大学経済学部准教授)が、関西学院大学助教の鈴木謙介さんと「不思議の国ニッポンの経済・文化・社会」と題してシンポジウムを開きます(11月14日、入場無料、詳しくはこちら)。

 ジョセフ・E・スティグリッツの師としても知られ、数理的な面から経済理論の研究によって世界的な権威となりながら、公害などの社会問題の解決を目指し、一転、公共経済学へ進まれた宇沢氏。連載「経済学っぽく行こう!」でもご存じの通り、「知」の公共化を旗印に掲げてきたシノドス。目的ではなく道具としての「経済学」を語る、興味深いイベントになりそうです。仕掛け人の、姉歯暁(あねは あき)・駒澤大学経済学部教授、そして飯田泰之さんに「普通の(あまり経済学を知らない)人」を代表するかたちで、お話をうかがいに行きました。(Y)

姉歯 暁(あねは あき)
駒澤大学経済学部教授

東京都世田谷区生まれ。國學院大學大学院博士後期課程満期退学。長野大学、駒沢大学非常勤講師、文部省特別研究員、県立新潟女子短期大学生活科学科講師・助教授、イギリス・Essex大学社会学部客員研究員、大妻女子大学社会情報学部助教授を経て2007年より現職。専門は経済学(信用論・消費経済論)。著書は『コルチェスター日記-イギリスのひと、暮らし、福祉』(野島出版)『現代サービス論』(創風社)『現代の労働・生活と統計』(北大図書出版社)他。翻訳書は『グローバリゼーションとはなにか』(こぶし書房)、『クレジット・クランチ』(昭和堂)が2009年12月ごろ出版予定。「なお、例の姉歯元一級建築士とは、ルーツをたどれば重なるでしょうが、親戚関係でもなく面識もないので、あしからず」。

飯田泰之(いいだ やすゆき)
駒澤大学准教授

1975年東京生まれ。東京大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。現在,内閣府経済社会総合研究所、財務省財務総合研究所客員研究員を兼務。専門はマクロ経済学・経済政策。主な著作は『経済学思考の技術 ― 論理・経済理論・データを使って考える』(ダイヤモンド社)など。近著は『脱貧困の経済学-日本はまだ変えられる』(雨宮処凛氏と共著、自由国民社)

Y かつてリスク感から遠ざけられた冷凍餃子が、不況を背景に年収400万円未満の世帯で消費が上がりだした。一方で、たとえば地方で手に入るレベルの品質・安心感を持つトマトを東京で買おうとしたら、高級スーパーで一山560円とか600円になってしまう。これが「経済効率」の姿なのか? という疑問は、私を含めて普通の人にも分かりやすいものです。一方で「でも、そういうものだろう」という気持ちもやはり残ります。

 姉歯先生がおっしゃりたいのは、経済性とか、効率という部分の考え方、評価軸を、少し変えなきゃいけない、ということなんでしょうか。それとも。

「求めきれないもの」と自覚しよう

姉歯 効率を求める、ということ自体は間違いではないんですけれども、「結局、効率というのは求め切れないものなんだ」と自覚しようよ、というんでしょうかね。

 私は、「市場」というのは実際には三重ぐらいになっていると思っているんです。一番コアのところはいわゆる「市場」のイメージ通りの、経済効率が働くところなんですね。でも、その周辺部は、ウオーラーステインではないですけれども、カバーできない、残る部分が出てくる。その残る部分をあるときは必要な量だけ市場が吸収し、あるときは放出している。

 例えば私の研究テーマの一つの「地産地消」で言えば、地産地消が非常に多くなってきたのは、市場を通してだけの商品では買い手側が「どうもよく分からない」と思い始めたせいじゃないかと。

Y 何がでしょう。

姉歯 作る側の顔が見えない中で生まれてくるものへの不安ですね。それこそ情報の非対称性が個人の生活レベルで自覚されてきた結果でしょう。そこにとどめを刺すのがいわゆる中国産の冷凍餃子や、BSE、O157、あらゆるものが結局どこで何がどう作られているか分からないという、市場の効率性の中で生まれてきた当然の結果です。

 それを全面否定したいわけではない。ですけれど、そこからはみ出たところで、今までほそぼそと生きていた、地元で作ったものを地元で消費するというところが、いま注目されてきた。それが「地産地消」だと思うんですね。

Y コア市場と周辺市場は、二律背反ではないわけですね。

姉歯 もちろん、コアにある市場のほうが常に力は大きいわけで、コア側のプレーヤーが「自分たちもその地産地消に参入すれば儲かる」と思った途端に、周辺市場はある程度までコアの部分に吸収されるわけです、つまり市場の中に。例えばスーパーの中に地産地消のコーナーを設けるとか。そこで客寄せをして、ほかのものも買わせるというふうにするわけですよね。そんなコーナーが必要なくなったらまた放出する。

 だからそれを無理やり統合する必要は全然ないのではありますけれども、周辺部、つまり経済効率が今ひとつ働かないところというところにみんなが注目しているということは、やっぱりそこの原理をある程度取り入れないと、もう市場そのものもやっていけないようになるかもしれないという危機感を市場自体ももっているのではないかということです。

 ただし、それも先ほど申し上げたように、所得が落ち込んでいって、質だの何だのというところに構っていられない状態になれば、もう一番効率性の高い安いものをどんどんほかの国から入れるというところに行き着かざるを得ないわけで。じゃあ、それが幸せかというと、違うわけですよね。

効率が悪くなると、より効率が志向される皮肉

Y なるほど。姉歯先生のいう「経済成長の限界」と、飯田先生が常々主張する「経済成長の必要性」は、こうして言葉にすると正反対にも見えますが、「経済がある程度うまく回っていないと、『経済成長の限界』自体が越えられない」という点では、つながっているように思えますね。飯田さん、いかがですか。

飯田 僕が割って入っちゃっていいんですか(笑)。それはおっしゃる通りで、ある程度経済がうまくいっていると、その周辺部、「効率性で語れない部分もあっていい」というふうに思えるんですよ。でも、ぎりぎりになってしまうと、やっぱり「最後のところでは効率」ってなってしまう。

Y 効率では乗り越えられない状況になると、逆に効率が求められてしまうわけですね。

飯田 例えばバブル絶頂期のことを思い出せばわかりやすいかな。どんどん経済成長してどんどん所得が上がってという社会と聞くと、いまの学生とかは、なんだかずいぶんシビアな世の中と思ってしまいがちです。でも、そうじゃないんですよね。好況下ではみんなけっこうゆるくやれる。そして、何かよく分からないけれども、面白そうなものが出てくる。

 だからある程度の経済的な余裕があると、効率を気にしなくてよくなる。本当に苦しければ効率しかないんですよね。食べ物で言えば、どんなにおいしくなくて、安全に不安があったとしても、死ぬよりはいい、となる。

姉歯 そうなんですよ。年収400万円未満の世帯では、冷凍ギョーザの購入額がどんどん上がっている一方で、400万円を超えると今度は購買額が落ち込んだままです。ここでいう400万円未満とそれ以上の階層の境界線というのは「生きていくためにはもうそんなことはどうでもいい、そこまで構っていられない」ことなんだろうと。

 じゃあ、どうするか。そういう年収400万円未満の世帯を生み出したきっかけは何だったのかというと、やっぱり経済効率の考え方に誤りがあるんだと思う。

コメント8

「EXPRESS X」のバックナンバー

一覧

「「無理矢理働かせたくないから、国が生活を保障します」→あなたは納得できますか?」の著者

山中 浩之

山中 浩之(やまなか・ひろゆき)

日経ビジネス副編集長

ビジネス誌、パソコン誌などを経て2012年3月から現職。仕事のモットーは「面白くって、ためになり、(ちょっと)くだらない」“オタク”記事を書くことと、記事のタイトルを捻ること。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員