• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

企業が腐る時ってそんなもんだ

2009年12月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最近引っ越しが続く。年末を慌ただしく過ごしている中、この秋から冬への短期間で2度の引っ越しを体験することで、引っ越し業の事情が見えてきた。

 まず新築マンションの場合、一斉に居住者の引っ越しが重なるため、一業者が一手に請け負うことが多い。その場合もちろん大手業者だ。引っ越し業の営業スタッフほど個人の腕がモノを言うものはないといつも感じてきたが、今回もそうだった。

 「うちに任せてくださいますと当日なにかありましても融通がつけやすいんです。なんせ混み合う引っ越しですので。ぜひ」と懸命に私に訴えるのだった。

 この“懸命”というのに私は弱い。私も昔、アルバイトで営業をしたことがあるが、どれほど頼んでもなかなか商品は売れるものでもない。それをクスッと笑って買ってくださるお客様がどれほど嬉しかったことか。その“クスッ”の意味とは、「別にいらないけど、君がそこまで頼むから買ってあげる」というクスッなのだった。

 「じゃあ、お願いします」と頼むと、その営業はさらに喋った。

 「エアコンいりませんか? うちエアコンも売っているんです」

 なぜ引っ越し屋がエアコンを売ることになったのかの事情を営業はまた懸命に喋った。

 「ノルマがあるんですか?」
 「はい」

 彼はエアコンを買ってもらうために、配管パイプを隠す化粧カバーをサービスすると訴えた。

 「いずれ買うものだけど、私が後に大型電気店でその商品の値段を見たときに、騙されたと思わずに済む価格なら購入します」

 「安くします。化粧カバーもつけます」と彼はまた言った。

 私はエアコン2台と引っ越しをその業者に頼むことにした。

 しかし引っ越し当日、私は現場で順番を待つはめになった。「融通とは他人に融通をつけることなのですか」と聞くと、やれ予約係のミスだとか管理人のミスだとか大きい組織ゆえに責任は曖昧になった。

 やがてエアコンを取り付ける電気工事スタッフが来て言った。

 「パイプのカバーは1本だけサービスと発注書に書かれています」

 エアコン2台だと、ベランダ側に2本、部屋側に2本の合計4本が必要だった。

 「たった1本のサービスでじゃあとばかりにエアコンを2台購入すると思いますか?」

 怒る私にスタッフは「そりゃそうですよね」と納得し、パイプをつけてくれることになった。いぶかしんだ私は大型電気店に行き、エアコンの値段を見て思った。

 「騙された」

「遙 洋子の「男の勘違い、女のすれ違い」」のバックナンバー

一覧

「企業が腐る時ってそんなもんだ」の著者

遙 洋子

遙 洋子(はるか・ようこ)

タレント・エッセイスト

関西を中心にタレント活動を行う。東京大学大学院の上野千鶴子ゼミでフェミニズム・社会学を学び、『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』を執筆。これを機に、女性の視点で社会を読み解く記事執筆、講演などを行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

グローバル市場でいい仕事をしたければ、まず「世界に通用する見識」を磨くことだ。

中谷 巌 「不識塾」塾長、一橋大学名誉教授