• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

勝間で生きられず、香山にもすがれない

2010年2月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 大阪東京間を行ったり来たりしていると、地方と都会を実感する。けっこう都会の大阪でそんな感じだから、もっと地方と東京を行き来している方の格差感はいかばかりだろう。

 「皆が皆、東京に出てくるのではなく、地方をもっと見直そう」的スローガンはもう何年も前からある。地方の活性化を思えば賛成するし、私自身もまた、出身の大阪で働いてきた。

 だが、最近少し地方都市のよくない所が気になりだした。

 地方でも生きられる。それは、私のようにぼちぼちずっと仕事を続けていれば、それなりに生きられた。なんせ出身である。実家に頻繁に帰れるし旧知の仲間もいる。隅々まで知り尽くした土地では、ぼちぼち生きられたらけっこう精神的には豊かで充実した日々を過ごすことができる。

 仮に仕事ばかりの人生で遠くに住む親の介護や妻にまかせきりの育児など、人生の味わいの堪能できなさを思うと、ワークライフバランスとは、“ぼちぼち働く”なのではないかと思うほど、いろんな側面を生活にもたらしてくれる。だが、その“ぼちぼち”が、たかが“ぼちぼち”のくせに、そんな“ぼちぼち”ごときが、難しい時代になったと感じる。

 “ぼちぼち”でも争奪戦になっているのを感じるからだ。回りを見渡すと、既得権だらけで主な市場は牛耳られている。もう何十年も同じ顔ぶれがその席を占め、それ以外のニッチなエリアでの過当競争だけが激しさを増しているのを肌で感じている。

 細々とでもいい。“ぼちぼち”働くことが難しくなった。

 地方都市の悲しさを思う。地方ならではの密着型の慣習と因習、慣れ合いと付き合いと情け、今までは地方色の味だったそれが、健全な市場をよどませ、そこにあぶれた人たちと、毎年増える新人たちとの仕事の奪い合いを生む。それを尻目に、なんとしてでもその既得権を守りたい者同士は繋がりを強固にし、また、それを可能にするのが“地方的であるということ”なのだ。

 それまではクールにスマートに働きたい人は都会へ、地元密着型が好きな人は地方へ、だったが、“ぼちぼち”的労働を救い上げる密着型ではなく、他を排除する密着型に変化するほど、厳しい経済になったということか。

 「東京にいてくれないと仕事がしにくいんです」

 ある出版社の編集者から言われた。

 「なぜ? 執筆家というのは、日本のどこにいてもできる職業でしょ?」

 「それがプレッシャーなんです…」

 「プレッシャー??」

 話を聞くと、地方から東京に来ている間に会談をすると、それが雑談でも「仕事に繋げなきゃ」というプレッシャーになる。その理由は「だって滅多に会えないから」だという。

 それが頻繁にいつでも会える距離にいれば、お茶の雑談は雑談として成立し、そういう解放された自由な時間と空間の中から、真にやりたい仕事のヒントが芽生える、という。

 私は単にフラフラと東京大阪間を行き来している実感だが、会うほうは「わざわざ大阪から来た」がいつも念頭から消えないのだそうだ。

 私は反発してみた。

 「でも、山崎豊子さんも、高村薫さんも、小松左京さんも、みなさん大阪で仕事しているじゃない」

 編集者は言いにくそうに言った。

「遙 洋子の「男の勘違い、女のすれ違い」」のバックナンバー

一覧

「勝間で生きられず、香山にもすがれない」の著者

遙 洋子

遙 洋子(はるか・ようこ)

タレント・エッセイスト

関西を中心にタレント活動を行う。東京大学大学院の上野千鶴子ゼミでフェミニズム・社会学を学び、『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』を執筆。これを機に、女性の視点で社会を読み解く記事執筆、講演などを行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

韓国がダメでも、日本なら技術を見る「目」が投資家にあるはずだ。

崔 元根 ダブル・スコープ社長