• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ビジネスマンだって、東大で勉強してみたい!

「学問の入口フェア2010 LIVE 東大人気講義」応援企画(前編)

2010年5月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 いや、別に東大でなくてもいいのですが、試験で良い点を取るためでなく、「勉強」してみたい私、そして皆さんのために、「日経ビジネス アソシエ」から、こっそり出稼ぎ中の編集者Yです。お元気ですか?

 年明けに東京大学の加藤陽子先生に「歴史を見る目のつくりかた~教えてください、加藤先生!」へのご登場をお願いしたことで、東京大学出版会の方とご縁ができました。そこの編集の方とマンガの趣味があったことをきっかけに(本当です。ちなみにその漫画はこちら)、いろいろなコラボをやっていきたいね、と話が進みました。今回はその第一弾、マンガ好きの方の後輩さんが仕掛けている、まさしく初回にふさわしい「学問の入口」フェアは、なんやかやと多忙な、私たち会社員にぴったりのように思えます。ぜひご注目を。(編集Y)

 「学問の入口」は、学問の面白さを伝えようという趣旨の人気フェアだそうですが、今回は「LIVE 東大人気講義」というキャッチがついてますね。

それは「熱血」にして「純情」な勉強会

澤畑 3・4・5月は、入学者と、「新しく学問を始めよう」という方がいらっしゃいますので、毎年「学問の入口」フェアを開催しています。特に今回は、東大の教科書や講義録を集めたのですが、こちらの新刊(『高校生のための東大授業ライブ 熱血編』と『高校生のための東大授業ライブ 純情編』)が刊行されたので、フェアをそれにあわせたというところですね。

★「学問の入口」フェア開催書店さんの一覧はこちらから。

 「熱血」と「純情」って、タイトルがいいですね。

澤畑 『熱血編』と『純情編』は、文系/理系みたいな形で区別しているわけではないんです。『熱血編』は、地球規模の話や世界史などを扱っていて、そういう大きなものに向かっていくイメージです。

 マクロですね。

澤畑 ええ、マクロなものに向かっていくアクティブな感じで。『純情編』が扱っているのは、文学やミクロな世界とか。

 内側に入っていくような。

澤畑 しみじみというか。

 しみじみですね(笑)。

澤畑 そういったイメージで『熱血編』『純情編』と名づけている次第なんです。当初は編集サイドの愛称だったらしいのですが、それが実際に書名になったと聞いています。

澤畑 これらは教科書・参考書ではなく、高校生を対象に行われた東大の授業をベースにしたものです。

 「地球温暖化問題とはどんな問題か」「『星の王子さま』と外国語の世界」「モバイル・メディアと意味のエコロジー」「韓国の社会と教育制度」……いや、すごいですね。これをいまどきの高校生は東京大学の現役の先生から、授業として受けられるんですか。うらやましい!

澤畑 毎週金曜日に東大が「高校生のための金曜特別講座」という講座を開いているんです。参加者は高校生が中心ですけれども、どなたでも参加できるので、熱心に通ってくださる社会人の方も多いです。

 なんと、社会人も参加できるんですか。17時30分開講というのがちょっと厳しいけれど、これはいいですね。リンク先からぜひ講義予定を見ていただきたいのですが、哲学、文学、歴史、地理から生物、物理、数学などなど、すごいバラエティ。

澤畑 大学生ならばシラバスを通して、大学でどんな授業があるのかわかりますけど、そうでなければなかなか知る機会がない。でも東大に限りませんが、大学の授業はとても面白いものが多いんですよ。

 今回のフェアは、書籍を通してそれをお伝えしよう、ということなんでしょうね。

授業中に村上春樹がマジでやってくる

『翻訳教室』

澤畑 そうなんです。実際に東大で授業をされている/されていた先生方の書籍を通して、その内容や雰囲気をお伝えすることができたら、というのがこの企画の狙いです。たとえば新書館の『翻訳教室』がいい例で、これは、東大の授業をベースにして、柴田元幸先生と学生のやりとりを本にしたものです。そして、授業の最中にいきなり村上春樹さんが登場したりして。

 うわぁ(笑)。

澤畑 まあ、それはちょっとレアなケースでしょうが、そういった、東大の授業の面白さを体感できるような本を広く集めよう、というのがフェアのコンセプトです。

 個人としてうれしいのは、東京大学出版会に限らず、いろいろな出版社の本がリストに並んでいることですね。

澤畑 そうですね。東大出版会の本はもちろんですが、いずれも東大の授業にゆかりのある、東大の授業を体感できる本をセレクトしたつもりです。

 繰り返しになりますけれど、大学の授業って本当になんでもやってますよね。今回出てくる本のタイトルを斜め読みしても、心理学、近現代史に、安全保障に、美術に、『赤毛のアン』、科学、建築、論理に、翻訳、政治、経済学に、構造デザイン、遺伝子、天文学と、いやはや、本当に幅広いです(笑)。

澤畑 わたし自身も、選書の過程で初めて「これは面白そうだな」と思って読んだ本が何冊もあります。いろいろ興味の幅が広がって、選書をしてよかったなって思います。

「とっつきがよくて、読みやすくて、面白い」10冊を

 わかりました。じゃあ、日経ビジネスオンラインの学びたがっている読者さんに、面白さを伝えるように頑張りましょう。

 …で、今回は、東大のシラバスを読み込んでセレクトされた澤畑さんご自身に、なかなか時間が取れないビジネスパーソンのために「とっつきがよくて、読みやすくて、面白い」本を10冊、選んでいただきました。

澤畑 個人的な好き嫌いはもちろんあるでしょうが、以下は、わたし自身が実際に読んできた本ばかりですので、ある程度の自信を持っておすすめできます。

 で、まず取り出された本は……

コメント0

「EXPRESS X」のバックナンバー

一覧

「ビジネスマンだって、東大で勉強してみたい!」の著者

山中 浩之

山中 浩之(やまなか・ひろゆき)

日経ビジネス副編集長

ビジネス誌、パソコン誌などを経て2012年3月から現職。仕事のモットーは「面白くって、ためになり、(ちょっと)くだらない」“オタク”記事を書くことと、記事のタイトルを捻ること。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長