• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

酒井 康治(さかい・こうじ)

日本経済新聞社 電子編集本部電子報道部

酒井 康治

1989年早稲田大学商学部卒業、同年4月日経BP社入社、にっけいでざいん編集に配属。日経ストアデザイン、日経マルチメディア、日経ネットブレーン、開発室、2001年9月日経ネットビジネス副編集長、ビズライフセンター開発、2007年1月デジタルARENA編集長、同10月日経トレンディネット副編集長、デジタル事業局開発、2010年7月日経ビジネスオンライン・プロデューサーを経て、2013年1月日経ビジネス副編集長。同年8月、デジタル編集センター兼日本経済新聞社電子編集本部電子報道部。直販誌、市販誌、Web媒体、B2B、B2C、編集、広告と相次ぐ異動による幅広い分野の経験が財産。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 気候が暖かくなると、愛猫(メス4歳)が私を起こしにくる時間が早くなります。最近は朝4時過ぎに、枕元にやって来て、頬をツンツンしてきます。うれしい半面、今年から編集業務に復帰して以降、就寝時刻が遅くなる一方です。体力的に相手をするのが厳しくなってきました。しかし、無視すると、どうもストレスがたまるみたいです(もちろん猫が)。

 昨年末、睡眠の誘惑に勝てず、扉を閉め切って猫が部屋に入って来られないようにしました。それを何度か繰り返していると、猫の首の後ろあたりに丸いクレーターのような跡が。そう、円形脱毛症です(おそらく)。部屋から閉め出したのが原因かどうかは分からないのですが、家族の間では私が悪いということになっています(そうかなあ…)。

 毛が抜けるほど心から愛されているのか、それともエサをくれる都合のいいヤツと見下されているのか、どちらにしても、私をこれほどまで頼りにしてくれるのは猫だけです。ちなみに、“人間”の家族との関係が悪いわけではありません。むしろいい方だと、思い込んでいます。

 ・・・・・・とここま書いておきながら、こんなのが「最近のトピックス」でいいのかと少し不安になってきました。ほかにもあと2匹、暮らしております。機会があれば次回のトピックスで。

キーパーソンに聞く

日経ビジネスでトップが語った「仕事をやる気になる10の名言」(2013年上半期)

2013年7月26日(金)

 名言――短いながら人の心を動かす、時には人生さえも変えてしまうほどの力を持った文字、言葉の組み合わせ。『名言力 人生を変えるためのすごい言葉』(ソフトバンク新書)の著者で、アプリ「5ミニッツ!」に載っている経済人や話題の人の言葉を選び続ける男、それがフリーライターの大山くまお氏だ。普段から「日経ビジネス」を隅々まで読み込んでいる大山氏に、今年の上半期、同誌に掲載されたすべての記事の中から、経営トップが語った言葉を中心に、仕事をやる気になるような珠玉の名言を、10本、選んでもらった。

(聞き手は酒井康治)

暗いムードを引きずりながら始まった2013年

大山さんは普段から日経ビジネスを読破され、そこから名言のピックアップを長年続けていらっしゃいますよね。

大山くまお(おおやま・くまお)氏
フリーライター・編集。1972年名古屋市生まれ。古今東西の名言を集めた初の単著『名言力 人生を変えるためのすごい言葉』(ソフトバンク新書)が11刷のロングセラーを記録。以降『平成の名言200 勇気がもらえるあの人の言葉』(宝島SUGOI文庫)など名言本の執筆、監修なども行う。その他の著書に『中日ドラゴンズあるある』(TOブックス)、共著に『バンド臨終図巻』(河出書房新社)、『クレヨンしんちゃん大全』(双葉社)、『アニメーション監督 出崎統の世界』(河出書房新社)。ライター、インタビュアーとして「日経エンタテインメント!」「サイゾー」「キャストサイズ」「cakes」「リスアニ!」などに多数寄稿。

大山くまお(以下、大山):毎号くまなく読みまして、これはいいなと思った経済人の方々の言葉を抜き出しています。今回、改めて上半期に心に残った言葉を並べますと、世相がよく表れているなと思います。

具体的にどのようにですか。

大山:昨年末に首相が代わり、安倍内閣が始まりましたが、年明けの日経ビジネスは野田政権時代の沈滞したムードを引きずっています。ものすごく“暗い”。新政権になろうが、お先真っ暗といった感じです。

 とにかく今年最初(2013年1月7日号)の特集のタイトルが「幸せな資本主義」ですからね。「資本主義が岐路に立っている。リーマンショックから4年余り。世界経済は今もその傷が癒えない」――これですよ。新年早々、俺たち大丈夫か、というわけです。この時はアベノミクスに対する期待感、高揚感みたいなものは、全く読み取れません。そうした中、印象に残った言葉がこれです。

【2013上半期:日経ビジネス名言その1】

食えりゃあええんだ。それ以上を求めるな。
倒産しなければいい。

矢野博丈 大創産業社長
日経ビジネス2013年1月7日号

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

実は事業継承の覚悟って、そんな大それたものではないんですよ。

高田 明 ジャパネットたかた 創業者