• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

広野 彩子(ひろの・あやこ)

日本経済新聞社Nikkei Asian Review編集部次長

広野 彩子

1993年早稲田大学政経学部卒業、朝日新聞記者を経て2001年1月から日経ビジネス記者。2005年、米プリンストン大学大学院修士課程修了。2006年から日経ビジネスオンライン開発、2007年から季刊誌開発に従事、2013年から日経ビジネス副編集長。日経ビジネスオンライン担当を主務に、本誌、経済学別冊の企画編集や入山章栄・早稲田大学ビジネススクール准教授著『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』などを担当。2016年4月から、現職。

◇主な著書
日経ビジネス 日本経済入門(編著)』(日経BP社) 2014
出口治明のビジネスに効く最強の読書 本当の教養が身につく108冊(編著)』(日経BP社) 2014
100歳、ずっと必要とされる人―現役100歳サラリーマンの幸せな生き方(共著)』(日経BP社) 2013

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 2015年11月、日経ビジネスオンラインの人気連載、入山章栄・早稲田大学ビジネススクール准教授の「MBAが知らない 最先端の経営学」が大幅に加筆・アップデートされ、『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』として発売されました。2カ月でたちまち5刷となり多くの皆様にご愛読いただいております。引き続きご支援よろしくお願い致します。

 フランスのトマ・ピケティ教授と東京大学の吉川洋教授による対談などを増補収録した「2015~2016年版 新しい経済の教科書」が好評発売中です。

 2014年11月下旬、日経ビジネス編集部初の試みとして、別冊とは違った本格的な経済の教科書を作りました。それが『日経ビジネス 日本経済入門』です。企画立ち上がりから発行まで半年もありませんでしたが編集部ほぼ全員で取り組みました。12月下旬に2刷が発行されます。ぜひご愛読ください!。

 2014年春、オンラインの連載で構成・編集を担当してきたライフネット生命保険出口治明会長による『出口治明のビジネスに効く最強の読書 本当の教養が身につく108冊』を発売しました。書籍オリジナルの推薦書もあります。ぜひお読みください!。

キーパーソンに聞く

英語を「マスター」なんてできません

2016年3月7日(月)

 今年も早3月。新年度に向けて、「来年こそは新しいことを始めたい」と密かに決意している読者もいるかもしれない。グローバル化が進み、小学校でも英語教育が導入されようとしている昨今、今こそ英語を身につけたいという人も多いだろう。記者からキャリアをスタートして日本GEの副社長も務め、NHKラジオで約30年間「実践ビジネス英語(旧:「やさしいビジネス英語」)」の講師を続けてきた杉田敏氏に、外国語を習得することの意義などについて聞いた。

(聞き手は広野彩子)

杉田さんは1987年にNHKラジオで夜の英語学習プログラム「やさしいビジネス英語」をスタートし、番組名こそ今は「実践ビジネス英語」と変わりましたが、既に30年近くになります。私も20代のころ大変お世話になりました。最初はどのようなきっかけで講師になったのですか。

杉田敏(すぎた・さとし)氏
NHKラジオ「実践ビジネス英語」講師
プラップジャパン会長。1987年からNHKラジオの「ビジネス英語」講師。1966年青山学院大学経済学部卒業後、「朝日イブニングニュース」の記者となる。72年にオハイオ州立大学で修士号(ジャーナリズム)を取得。「シンシナティ・ポスト」経済記者から73年、PR会社バーソン・マーステラの米ニューヨーク本社に入社、85年に日本ゼネラルエレクトリック(GE)に取締役副社長(人事・広報担当)として移籍。87年からバーソン・マーステラ(ジャパン)社長、電通バーソン・マーステラ取締役執行副社長を歴任。2015年から現職。上智大学講師(「企業広報論」)、文部科学省「英語指導方法改善の推進に関する懇談会」委員などを歴任。(写真は村田和聡、以下同)

杉田敏氏(以下、杉田):放送を始める数年前に、旺文社から『戦略的ビジネス英会話』という本を出版しました。NHKで、ビジネス英語の講座を考えている方がいて、当時はそうした本も少なかったので目に留まったのでしょうね、「6カ月間、ビジネス英語の講師をやってほしい」と声がかかりました。

 半年間だけで、1年の残りの半年は再放送とのお話でして。私は英字新聞の記者でしたので、スクリプトも翻訳も全部自分で書きました。タネ本に『戦略的ビジネス英会話』がありましたので、さほど大変ではなかったのです。

 半年ぐらいならできると思って始めたら好評をいただき、翌年も、まだ本のコンテンツで使わずにいたネタがあったので続けたら、またその翌年も…、ということになり、昨年、NHKの語学番組としては最長寿番組になりました。当初は「やさしいビジネス英語」という番組名でした。始めた時は、まさかこんなに長く続くとは思いませんでしたね。

途中で降板された時期もありましたが、また再び担当されたわけですね。学生時代、テキストのビニェット(会話)の内容が最先端の国際ビジネストレンドを紹介するもので、全然「やさしく」はありませんでしたが大変楽しく勉強できました。杉田さんご自身は帰国子女というわけでもないですが、どう英語を身に付けたのですか。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手