• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

吉川 忠行(よしかわ・ただゆき)

航空経済紙「Aviation Wire」編集長

吉川 忠行

1972年東京生まれ。音楽制作ソフトの輸入代理店に7年間勤務後、2002年法政大学人間環境学部に編入学。都市計画や地域経済を学び、2004年同大学卒。同年ライブドア入社。同業初の独自取材部門「ニュースセンター」立ち上げに参画。経済・政治・社会分野を取材し、ライブドア事件も内側から報じる。退職後は仏AFP通信社等で取材を続け、2012年2月航空経済紙「Aviation Wire」創刊。
テクノロジーが前面に出がちな航空産業も人が支えていることを伝えたいと考え、取材を続けている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 先日、取材の合間に新千歳空港へ立ち寄りました。普段は空港に降り立って早々に取材を始め、足早に東京へ戻ることばかりなのですが、この日は少々時間があったのでレストラン街で食事することに。ジンギスカンを食べたのですが、少々濃いめの味付けが徐々にやみつきになる旨さ。やはり旅は旨い料理とセットでないと盛り上がりません。
 東京へ早く帰ることしか考えていなかった最近の自分。おいしいジンギスカンが、旅のあるべきを思い出させてくれました。

吉川忠行の天空万華鏡

愛犬と一緒に乗れる「ワンワンフライト」

2017年2月16日(木)

 里帰りや休暇で空の旅に出る際、連れて行けない家族の一員であるペットに後ろ髪を引かれる人も多いのではないだろうか。

 ペットを飼っている人であれば、住居を選ぶ際に動物対応かが大きな判断基準となる。だが日本の航空会社の場合、座席でもペットと一緒に過ごせるケースはまずない。国内航空会社の場合、ペットは貨物室に預けられることになる。「貨物」という言葉に抵抗を抱く人もいれば、普段とは異なる環境にペットを置き、飼い主と離れることに不安を抱く人もいるはずだ。

 だが実は、10年ほど前にかのぼると、国内の航空会社が運航する国際線では、ペットと一緒に搭乗できるサービスがあった。全日本空輸(ANA)では、2005年7月31日まで実施していたという。一方、国内線は搭乗時間が短いことなどもあり、国内の航空会社がこうしたサービスを提供したことはない。

 国際線でサービスが終了したのは、ペットのにおいや鳴き声に対して苦情を言う乗客が増えたため。動物に対する好き嫌いや、苦手かどうかの個人差が大きいことが、影響しているようだ。

 こうした中、飼い主とペットが一緒に乗れるフライトを、ANAが2016年5月に実施した。さらに今年に入ると、日本航空(JAL)も1月に、同様のフライトを飛ばした。

「ワンワンフライト in 北海道」で無事に釧路空港に到着し、記念撮影をするイヌ(写真:太田 潔、ほかも同じ)
「JALワンワンJET」でワンちゃん用搭乗券をくわえるイヌ

 10年ほど前、クレームに押されつつ終了したサービスは、今回どのように実施されたのだろうか。

 国内大手2社が展開した「ワンワンフライト」の実態に迫った。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧