• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

林 總(はやし・あつむ)

公認会計士/税理士/経営コンサルタント/大学教授

林 總

昭和26年生まれ。外資系会計事務所、監査法人勤務を経て開業。国内外でビジネスコンサル、管理会計システム導入コンサルのほか、講演、執筆、実務家向けセミナー、大学で実践管理会計の講義を行っている。また管理会計の草の根活動として、団達也会を主宰。

◇主な著書
正しい家計管理』(WAVE出版) 2014
成果が出ないのは、あなたが昔の「燃費の悪いアメ車」な働き方をしているからだ』(KADOKAWA/中経出版) 2014
ドラッカーと会計の話をしよう 』(中経出版) 2010

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

「日経ビジネスベーシック」から

液晶暗転の姿、利益の推移にくっきり

2016年4月14日(木)


 この記事は、「日経ビジネス」Digital版で4月19日からスタートする新コンテンツ「日経ビジネスベーシック」からの転載です。詳しくは こちら

<筆者からのメッセージ>

ビジネスには「英語力」より「会計力」

 新聞の紙面には、連日のように企業業績に関する記事が載っています。売上高や利益が増減したといった内容です。ところが、なぜそうなったのかは、単発的な記事を読んだだけではなかなか理解できません。

 だからといって、過去の記事をひっくり返して読み返すには時間がかかり過ぎます。そして何より、会社の業績をつかむには会計の知識が不可欠なのです。企業社会では英語教育に注目が集まっていますが、ビジネスには英語力より決算書を読める「会計力」の方がずっと価値があります。

 会計力とは、決算書を突破口にして企業の実態を素早くつかみ、将来の姿をイメージできる能力です。

ビジネスと会計のメガネで企業を見る習慣を

 「会計の勉強をしたこともないのに、そんなすごいことができるのだろうか」と不安に思う方は多いでしょう。もとより、勉強さえすれば会計力が自然と身につくものでもありません。大切なことは、「ビジネスのメガネ」と「会計のメガネ」を通して企業を見る習慣を身につけることです。

 ビジネスと会計の両方を同時に学ぶのに最適なテキストがあります。それが「日経会社情報(以下、会社情報)」です。この連載は、新聞に取り上げられた“旬な会社”について、会社情報を突破口にして、楽しみながらビジネスと会計を学べる構成になっています。ぜひ読み続けてください。

(林總=明治大学専門職大学院会計専門職研究科特任教授、公認会計士、税理士)

鴻海、買収契約調印 シャープ再建最短2年

(日本経済新聞2016/4/3)

 第1回では、経営不振に陥ったことをきっかけに、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業から買収提案を受け、同社の傘下に入ることになったシャープを取り上げます。

 鴻海は電子機器の受託製造サービス(EMS)で世界最大手の企業です。簡単に言えば、スマートフォンや薄型テレビを販売するメーカーから加工組み立て作業を引き受ける外注工場です。外注といっても、その規模はけた外れです。従業員数は約130万人、売上高は約15兆円にも上り、売上高の半分以上が米アップルからの受託生産で占められています。つまり、鴻海はiPhoneの爆発的ヒットによって大躍進を遂げたのです。

 一方のシャープは、大手電機8社(日立製作所、パナソニック、東芝、三菱電機、ソニー、シャープ、NEC、富士通)のなかでは小ぶりながら、時代の流れをしっかりと読み取り、常にきらりと光る個性を持った製品を世に送り出し続けてきました。それは、シャープペンシルから始まり、ブラウン管式テレビ、ターンテーブル方式電子レンジ、太陽電池、世界初の電子式卓上計算機、ファクシミリ、電子辞書、電子レンジ、複合機、液晶テレビ、半導体といった時代の先端をいく製品でした。

【業績】に見える苦悩の痕跡

 すったもんだの末、鴻海に吸収されることになった後味の悪さは、どこからくるのでしょうか。おそらく、こういうことではないかと思います。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏