• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

鵜飼 秀徳(うかい・ひでのり)

日経おとなのOFF副編集長、浄土宗僧侶

鵜飼 秀徳

1974(昭和49)年6月、京都市右京区生まれ。成城大学文芸学部卒業後、報知新聞社に入社。事件、政治担当記者を経て2005年、日経BP社に中途入社。「日経ビジネス」記者などを歴任。2016年4月より「日経おとなのOFF」副編集長。事件、政治、経済、宗教、文化など幅広い取材分野の経験を生かし、企画型の記事を多数執筆。近年は北方領土問題に関心を持ち、3度現地に入り取材を実施している。 一方、浄土宗僧侶の顔も持つ。1994年より浄土宗少僧都養成講座(全3期)に入行。1996年に浄土宗伝宗伝戒道場(加行)を成満する。京都市右京区嵯峨にある正覚寺副住職。

◇主な著書
寺院消滅――失われる「地方」と「宗教」』(日経BP) 2015
無葬社会――彷徨う遺体 変わる仏教』(日経BP) 2016

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 海外に取材に出ることも多いですが、その中でもロシアは印象深い国の1つです。日本にとって、近くて、遠い国ロシア。それを身にしみて感じたのは、2012年と2013年に2度、「ビザなし交流団」の一員として北方領土(択捉島・色丹島)を訪れた時のことです。現地は手つかずの美しい風土が残る一方で、近年インフラ整備が進んでいます。また、韓国企業が現地に進出し、土木工事に携わっている現状も見てきました。ところが、日本はロシアとの間に領土問題を抱えており、現地に入ることすら許されていません。  その北方領土問題ですが、一進一退を繰り返しています。日露間で領土問題を解決し、平和条約が締結されれば、日本経済にも大きなインパクトを与えることは間違いないでしょう。

 2013年2月には旧ソ連(現ウクライナ)のチェルノブイリ原発に入りました。放射能を封じ込めている「石棺」は崩壊寸前。私が訪れた翌日には大崩落があり、ヒヤリとしました。事故処理は、今後、100年以上続く見通し。汚染された町では、甲状腺ガンをはじめとする健康被害が報告されています。「福島」もチェルノブイリのケースに照らし合わせれば、今後様々な問題が起きることが想定されます。一方で法整備や移住問題などチェルノブイリに学ぶべき事も少なくありません。

  様々な面で今後、ロシアや旧ソ連諸国への注目度が上がっていくと予想します。

無葬社会――彷徨う遺体 変わる仏教

ビルに骨壺で納めるか散骨か。お墓はどこに行く

2017年3月30日(木)

かつてない多死社会を迎えている日本で、葬送はどう変わっていくのか。先月14日、東京・増上寺で行われたシンポジウムの第2回レポート。変わる葬送に関して語った前回に続き、今回はそれぞれの立場から、お墓について語った。
左から、名和清隆さん(淨念寺副住職、浄土宗総合研究所研究員、亜細亜大学・淑徳大学講師)、鵜飼秀徳(京都・正覚寺副住職、日経おとなのOFF副編集長)、養老孟司さん(東京大学名誉教授)、吉水岳彦さん(ひとさじの会事務局長、光照院副住職)。写真は大高和康。

骨が溶けないパリは、地下のカタコンベに累々と眠る骨がある

司会:養老先生は近著で『骸骨考』をお出しになりまして、その中で世界中のさまざまなお墓をめぐって紹介をしていますね。

養老:医学などの近代科学はヨーロッパが発祥地ですが、実際に行くと全く違うんですね。私はそれを『骸骨考』という本にしたのですが、身体の扱い方なんて、日本では考えられないようなことをする。装飾がすべて人骨で作られている、ローマの骸骨寺とか、ポルトガルで見た納骨堂も、お骨を納めるのではなく現物を置いて飾りにしていました。

 近代になりますと、基本的には個人主義ですから一人一人のお墓です。例えばウィーンの墓地なんか公共墓地になっていて、費用を払って何年契約という形で借りる。亡くなって契約年数が切れますと、新たに募集します。契約を続けることもできるし、遺族が誰もいなければ次の方に切り替える。そうでないとおそらく墓地だらけになっちゃいますので。

司会:契約制の年会費ということですか。日本ではどうでしょう。

鵜飼:お寺さんでさまざまだと思いますけれども、一般的に寺の収入の仕組みとして、年会費を払ってもらってお墓を維持しています。家が絶えて何年かたつと、お寺さんは処分できることになっているのですが、なかなか整理は難しいですね。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧