• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

宇賀神 宰司(うがじん・さいじ)

日経ビジネス記者

宇賀神 宰司

1993年慶応義塾大学商学部卒業。同年、日経BP社に入社し、パソコン専門誌「日経MAC」「日経クリック」「日経WinPC」の編集を担当する。2002年~2004年、米ニューヨークに留学。帰国後、中小企業のためのIT化情報サイト「SMB+IT」、「日経ベンチャー(現・日経トップリーダー)」の編集を経て、2007年から現職。流通、中小ベンチャー、マネジメント、IT(情報技術)を担当する。2011年、約4カ月にわたりケニアの首都ナイロビに滞在。趣味はサーフィン、スノーボードとサンバ楽器演奏。

◇主な著書
課長のための新経営術』(日経BP) 2012
新しい経済の教科書2012 』(日経BP) 2012
徹底予測2013』(日経BP) 2012

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 先日、中東のある航空会社を利用しました。この会社は各種のエアラインランキングで常に上位に位置しています。「どんなにすごいサービスが受けられるのだろう」と楽しみにしていました。エコノミークラスとビジネスクラス、両方に搭乗。その感想ですが、まずエコノミークラスについては評価が難しい。「特に悪くはないけれど、さほどでもない」というのが正直な気持ちです。

 使用している機体やシート、映画や音楽などエンターテインメント設備、機内食など細かく専門的に分析すれば差が出るのかもしれませんが、特別な違いは感じません。

 次にビジネスクラス。こちらは普段、利用する機会も少ないのですが、搭乗後のシャンパンサービスや各種のこだわりの機内食、有名ブランドのアメニティー、客室乗務員の気遣いなどとても満足のいくものでした。乗り継ぎで利用したラウンジも広く、まるで一流ホテルのレストランのよう。仮眠用のフラットなシートもありゆったりくつろげる設備を備えていました。

 しかし、ここでアクシデントが起きました。機体交換のため、乗り継ぎ便が遅れるというのです。「遅れる」と発表した後、スタッフからの情報は錯綜しました。離陸時間の見通しは「知らない」「2時間後に決まる」「2時間後になる」という具合。結局、ずるずると4時間近く遅れましたが、謝罪の言葉はない。すばらしい機内サービスもラウンジも台無しです。

 ランキングには現れづらいですが、不測の事態への対応力があってこそ、真に上質なサービスと言えるかもしれません。

記者の眼

星野リゾート、大阪のディープな下町に新ホテル

2017年5月15日(月)

 星野リゾートは都市型ホテルの運営を本格的に開始する。今年10月を目途に新たなホテルブランドを立ち上げ、全国に展開していく方針だ。今年3月には大阪市浪速区の1万4000平方メートルの広大な土地を大阪市から取得。ホテルは再生案件が中心の同社としては珍しく自社でいちからホテルを建設、開発して2022年の開業を目指す。

 星野リゾートと言えば高級旅館「星のや」や温泉旅館「界(かい)」を全国のリゾート地で運営することで知られる。社名の通りリゾートのイメージが強い。だが、そうした従来のリゾートホテルとは全く異なるホテルを都市部で開業していく。同社にとって4番目のブランドになる。

 都市部にあるホテルと言えば、出張客に特化したビジネスホテルや滞在型の客室に加え結婚式場や宴会場を備えたシティホテルがある。一見、畑違いにも見える、こうした都市型ホテル事業に同社が参入するに至ったのは、2005年に手がけた松本市の浅間温泉にある温泉旅館の再生事業に起因する。

 星野佳路代表は「かつては多くの観光客が浅間温泉に宿泊して、松本市内や長野県内の観光地を周遊観光していた。しかし、実際には松本市内のビジネスホテルに観光客を取られていることが分かった。調べてみると価格が安いこと、観光地への利便性がよいこと、周辺の飲食店を好きに選んで食事ができることなどが理由だった」と話す。

 「本来、出張者向けに宿泊に特化したビジネスホテルを、実は多くの観光客が利用している。それならば、観光に特化した新たなタイプの都市型のホテルには大きな市場があるのではないか」と星野代表は着想した。やや矛盾した表現だが、言うなれば「観光客に特化したビジネスホテル」だ。

 同社が目指す都市型観光ホテルとシティホテルとの違いについては「シティホテルは宿泊施設以外に結婚式場、宴会場や会議室、複数の飲食店やモールなど地域の人が利用する施設を持った複合施設になっている。こうした複数の機能を追わない観光だけに特化したのが都市型観光ホテルだ」(星野代表)と説明する。

大阪の「ディープ」な下町にあえてホテルを建てる

 では、星野リゾートが考える都市型観光ホテルとは具体的にはどのようなものか。まず、大阪市で開業を予定しているホテルの立地をみてみよう。

 場所はJR新今宮駅前。通天閣がある商業地、新世界から徒歩で数分程度の南側に位置する。駅を挟んで近接するのは西成区のあいりん地区。日雇い労働者向けの簡易宿所が集まる下町だ。

 実際に建設予定地の周囲を巡ってみた。壁には落書きがあり、周囲にはゴミや路上生活者が残したと思われるテントや着古した服が散乱し、ところどころ悪臭が漂う。地元の人に話を聞くと「駅前なのに広大な更地があって、夜間は暗くて物騒だ」と言う。

「都市型観光で新たなホテルブランドを立ち上げる」と話す星野佳路代表 (写真:菅野勝男、以下同)

 この土地は大阪市が1977年と83年の2回に渡って取得したが、再開発には長年、苦慮している。

 かつては鋳物工場や化粧品工業があったが、大阪市が取得してからは用途が定まらず資材置き場など暫定的な利用にとどまっていた。6年前からは更地のままだ。

 一時は観光バスの駐車場にする計画も持ち上がったが、周辺道路の整備が難しいことなどから頓挫した。

 なぜ、星野リゾートはあえてこの土地を選んだのか。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面倒くさいことを愚直に続ける努力こそが、 他社との差別化につながる。

羽鳥 由宇介 IDOM社長