• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

宇賀神 宰司(うがじん・さいじ)

日経ビジネス記者

宇賀神 宰司

1993年慶応義塾大学商学部卒業。同年、日経BP社に入社し、パソコン専門誌「日経MAC」「日経クリック」「日経WinPC」の編集を担当する。2002年~2004年、米ニューヨークに留学。帰国後、中小企業のためのIT化情報サイト「SMB+IT」、「日経ベンチャー(現・日経トップリーダー)」の編集を経て、2007年から現職。流通、中小ベンチャー、マネジメント、IT(情報技術)を担当する。2011年、約4カ月にわたりケニアの首都ナイロビに滞在。趣味はサーフィン、スノーボードとサンバ楽器演奏。

◇主な著書
課長のための新経営術』(日経BP) 2012
新しい経済の教科書2012 』(日経BP) 2012
徹底予測2013』(日経BP) 2012

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 先日、中東のある航空会社を利用しました。この会社は各種のエアラインランキングで常に上位に位置しています。「どんなにすごいサービスが受けられるのだろう」と楽しみにしていました。エコノミークラスとビジネスクラス、両方に搭乗。その感想ですが、まずエコノミークラスについては評価が難しい。「特に悪くはないけれど、さほどでもない」というのが正直な気持ちです。

 使用している機体やシート、映画や音楽などエンターテインメント設備、機内食など細かく専門的に分析すれば差が出るのかもしれませんが、特別な違いは感じません。

 次にビジネスクラス。こちらは普段、利用する機会も少ないのですが、搭乗後のシャンパンサービスや各種のこだわりの機内食、有名ブランドのアメニティー、客室乗務員の気遣いなどとても満足のいくものでした。乗り継ぎで利用したラウンジも広く、まるで一流ホテルのレストランのよう。仮眠用のフラットなシートもありゆったりくつろげる設備を備えていました。

 しかし、ここでアクシデントが起きました。機体交換のため、乗り継ぎ便が遅れるというのです。「遅れる」と発表した後、スタッフからの情報は錯綜しました。離陸時間の見通しは「知らない」「2時間後に決まる」「2時間後になる」という具合。結局、ずるずると4時間近く遅れましたが、謝罪の言葉はない。すばらしい機内サービスもラウンジも台無しです。

 ランキングには現れづらいですが、不測の事態への対応力があってこそ、真に上質なサービスと言えるかもしれません。

NBO世論調査 [質問編]

[調査]猛暑到来で財布の紐は緩んだか?

2017年8月1日(火)

 消費動向に変調の兆しが見られます。7月21日、日本百貨店協会が発表した6月の全国百貨店売上高は、既存店ベースで前年同月比1.4%増と2カ月ぶりにプラスに転じました。円安株高で富裕層の高額消費や訪日外国人の消費意欲が向上しているとみられています。ほかに6月のプレミアムフライデーがセール初日と重なった店舗が多かったことも集客につながったと分析しています。

 総務省の家計調査によれば、2人以上の世帯の実質消費支出は、5月まで15カ月連続で前年同月比マイナスでしたが、6月の速報値ではプラスに転じました。

 一方、日本フランチャイズチェーン協会が7月20日に発表した6月の全国のコンビニエンスストアの販売動向では、既存店売上高は前年同月比0.1%減と4カ月ぶりのマイナスとなりました。既存店の客数は0.5%減と16カ月のマイナスで推移しています。

 全国消費者物価指数は、価格変動の大きい生鮮食品を除く総合指数(コアCPI)で6月は0.2%と3カ月連続で前年同月比プラスで推移しているものの、日本銀行が打ち出している物価目標2%には程遠く、日本銀行は目標到達時期を「19年度ごろ」に先送りしました。

 政治では森友学園問題、加計学園問題、そして陸上自衛隊の日報問題による稲田朋美防衛相の辞任など問題が相次ぐ中、各マスコミの調査による安倍内閣の支持率は急減し、日本経済への影響も懸念され始めています。

 はたして、消費者の「財布の紐」の緩み具合は、どの程度なのでしょうか。日経ビジネスでは、消費変調の実態を探るために、アンケート調査を実施します。回答にかかる時間は数分です。皆様のご意見をお待ちしております。

≫アンケートに回答する≪

(アンケート回答サイトが開きます)

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長