• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

坂田 亮太郎(さかた・りょうたろう)

日経ビジネス副編集長

坂田 亮太郎

1972年東京都生まれ。96年東京工業大学生命理工学部卒業、98年同大学大学院総合理工学研究科修了(バイオサイエンス専攻)。在学中に研究者に向いていないと自覚し、小さな頃から憧れていた記者になることを決意。98年に日経BP入社。まずは大学の専攻通りにバイオ専門誌「日経バイオテク」配属、2004年から「日経ビジネス」記者。製薬・化学・食品・素材・精密など製造業を中心に取材した。2009年3月より北京語言大学に社費留学し同年9月に北京支局長に就任。2013年から上海支局長。約5年間の中国赴任を終え、2014年4月より日経ビジネスに復帰。2015年4月より現職。

◇主な著書
徹底予測 中国ビジネス2013』(日経BP) 2012

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 月日が流れるのは早いもので、中国赴任を終えて5年ぶりに日本に戻りました。美味しい日本食が毎日食べられるようになって、苦労して減らした体重がリバウンド中。せっかく空気のキレイな日本に戻ったのですから、運動を再開しなければと思うこの頃です。

 気が付いてみたら身の回りにApple製品で溢れ返っている。「iPhone」に始まり「iPad」と「iPadmini」まで手に入れた。仕事で使うPCも「MacBook Air」に切り替え、ついに自宅には「iMac」の27インチモデルまで投入した。これでしばらく買う物はないだろう。テレビぐらいはお付き合いしたとしても、家までは出すまい。大丈夫…なはずだ。

トレンド・ボックス

震度6強でも一輪挿しが倒れない免震装置

2017年10月19日(木)

震度7が連続して襲った熊本地震でも、免震装置を導入した建物の被害は軽微にとどまった。振り子の原理を利用した鉄の免震装置が登場し、従来の免震ゴムも改良品が相次ぐ。初期費用の高さが課題だが、家財などの損傷を防ぐ効果が評価されれば市場拡大の余地は大きい。

(日経ビジネス2017年8月21日号より転載)

(写真=読売新聞/アフロ)

 観測史上初めて、震度7の地震が連続して発生した2016年の熊本地震。前震(4月14日)と本震(16日)だけでなく余震も続いた結果、全壊8369棟・半壊3万2478棟・一部破損14万6382棟と甚大な被害をもたらした(住宅被害のみ、16年末までの消防庁集計分)。

 だが、免震装置を備えた建物では被害は軽微にとどまった。その一つ、熊本市西区の11階建て賃貸マンション「エスタシオーネス」は前震で震度6弱、本震で6強の揺れに見舞われた。ところが室内で家具などの転倒はなく、ガラステーブルの上に置いてあった一輪挿しさえも倒れなかった。

 「人と建物の安全を守るのに免震構造が有効だと実証された」。施主であるオフィス尚(熊本県熊本市)の亀浦正行社長は語る。建築士でもある亀浦社長は以前から自社物件で免震装置の導入を検討してきたが、コストが課題だった。エスタシオーネスは周囲の物件より割高だったため空室が8つあったが、「地震後は満室になった」と亀浦社長は手応えを感じている。

 1981年に改正された建築基準法では、震度5強程度の中規模地震動で建物がほとんど損傷しないことと、震度6強〜7に達する大規模地震動で倒壊・崩壊する恐れがないことを「耐震基準」とした。そのため81年以降は、頑丈な柱や梁などを使って建物自体が地震に耐え得る強度で建てられている。

 95年の阪神大震災で「耐震構造」の有用性は確認された。だが、大きな地震の後では居住に適さなかったり、資産価値がなくなったりする建物も出てきた。また、転倒した家具の下敷きになって多くの人が亡くなったことを受け、建物をできるだけ揺らさない技術が脚光を浴びるようになった。

 そこでまず、振動エネルギーを吸収するダンパーを使った「制震構造」の建物が台頭。さらに2000年代後半からは建物と地盤の間に積層ゴムを挿入し、建物自体の揺れを軽減する「免震構造」の建物も増えてきた。

 免震構造を採用すると地震の揺れを通常の耐震構造と比べて3分の1から5分の1に低減できる。実際、11年の東日本大震災や熊本地震でも室内の被害を大幅に減らせることが実証された。

 免震構造はマンションだけでなく、オフィスビルや商業施設などでも採用されるようになってきた。また、病院や公共施設など災害時に重要性が増す建築物でもニーズが高まっている。

揺れを吸収して災害を減らす
●耐震性を高めた建物の構造
太い柱や梁を使って地震の振動エネルギーに耐えるのが「耐震構造」で、制震ダンパーを追加して揺れをより抑えるのが「制震構造」だ。これに対し「免震構造」は建物の基礎部(地下)にゴムなどを設置して、振動エネルギーを建物に伝えにくくしている

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長