• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

坂田 亮太郎(さかた・りょうたろう)

日経ビジネス副編集長

坂田 亮太郎

1972年東京都生まれ。96年東京工業大学生命理工学部卒業、98年同大学大学院総合理工学研究科修了(バイオサイエンス専攻)。在学中に研究者に向いていないと自覚し、小さな頃から憧れていた記者になることを決意。98年に日経BP入社。まずは大学の専攻通りにバイオ専門誌「日経バイオテク」配属、2004年から「日経ビジネス」記者。製薬・化学・食品・素材・精密など製造業を中心に取材した。2009年3月より北京語言大学に社費留学し同年9月に北京支局長に就任。2013年から上海支局長。約5年間の中国赴任を終え、2014年4月より日経ビジネスに復帰。2015年4月より現職。

◇主な著書
徹底予測 中国ビジネス2013』(日経BP) 2012

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 月日が流れるのは早いもので、中国赴任を終えて5年ぶりに日本に戻りました。美味しい日本食が毎日食べられるようになって、苦労して減らした体重がリバウンド中。せっかく空気のキレイな日本に戻ったのですから、運動を再開しなければと思うこの頃です。

 気が付いてみたら身の回りにApple製品で溢れ返っている。「iPhone」に始まり「iPad」と「iPadmini」まで手に入れた。仕事で使うPCも「MacBook Air」に切り替え、ついに自宅には「iMac」の27インチモデルまで投入した。これでしばらく買う物はないだろう。テレビぐらいはお付き合いしたとしても、家までは出すまい。大丈夫…なはずだ。

「1分読了」

怪しすぎる、中国「水中ロボット」が日本に上陸

2017年5月17日(水)

「あ、怪しすぎるだろ!」

 今週月曜日(5月15日)の早朝。いつものようにベッドの中でメールをチェックしていた私は、見知らぬ会社から届いた添付ファイル付きのメールに一人で突っ込みを入れていた。

 毎日、山のように売り込みのメールがやって来る。通常であれば1秒でゴミ箱入りである。ましては先週末にサイバー攻撃が全世界を襲った直後だ。会社のシステム部からは注意を喚起するメールも届いており、なおさら慎重にならざる得ない月曜日である。

メールに添付されていた画像。「お魚さん、いくらなんでも、用心しなよ」と言いつつ、添付ファイルを開いてしまっていた自分の不用心に気が付く・・・

 しかし、スマホのゴミ箱ボタンを押せない自分がいた。だってメールの件名に『海底を探る水中ロボットPowerVision新製品発表会』なんて書かれた日には、気になって気になって、二度寝もできやしない。

 メールの文面を読みながら、ますます怪しく感じた。「釣り大国・日本にて革命を起こす!」「新製品潜水ドローン”PowerRay”とは?」・・・こういう大げさな表現を使うリリースの大半はハズレである。自信がないから、過激な言葉で客(=メディア)を呼び込もうとする。「全米大ヒット」と書かれた映画のほとんどが面白くないのと同じだ。PR会社には猛省を促したい。

 それでも、私は新製品発表会の会場に向かった。やっぱり「海底を探る水中ロボット」をこの目で見てみたかったのだ。心の中ではワクワクしているくせに、想定質問は厳しい内容ばかりが浮かんだ。

「4Kカメラ内蔵とか言ってもさ、そんな澄んだ海や川がどこにあるんですか?」
「水中で制御不能になったら、どう回収するんですか?」
「そもそもいくらなんですか?」
「PowerVisionって、何だ、中国のベンチャーかよ」・・・

 会場に着いたら、結構な人出で驚いた。ざっと見て70~80人ぐらいだろうか。やはり、私と同じで新しもの好きが多いのだろうか。名刺交換している人が異様に多いので、メディアより代理店とか関係者が多いと見た。

北京でハイテクベンチャーが集積する「海淀区」でパワービジョンを創業したウォーリー・ジャンCEO(最高経営責任者)。手に持つのが期待の水中ロボット「PowerRay」

 「PowerRay」はリモコンで操作する水中のロボットだ。4K UHDカメラを備え、12メガピクセルの写真が撮れる。動画にも対応していて、手元のスマホにリアルタイムに1080pのストリーミング映像を映せるという。詳しい仕様は(こちら)をご覧いただきたい。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

韓国がダメでも、日本なら技術を見る「目」が投資家にあるはずだ。

崔 元根 ダブル・スコープ社長