• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

佐伯 真也(さえき・しんや)

日経ビジネス記者

佐伯 真也

家電メーカーで技術者として約4年間勤務した後、2007年6月に日経BP社に入社。専門誌・日経エレクトロニクスで、デジタル家電やディスプレーなどの最新技術動向を中心に記事を執筆。13年1月から日経ビジネス編集部で家電や電子部品業界を担当。15年4月から日本経済新聞社証券部へ出向し、ITや鉄道、紙パルプ業界を取材。17年4月に日経ビジネス編集部に復帰し、重電を中心に電機業界全体を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 最近、仕事で使うノートパソコンを買い換えました。厚さが約16mm、重さが約1Kgのいわゆる「Ultrabook」と呼ばれる製品。HDD(ハードディスク駆動装置)ではなく半導体メモリーを用いたSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)が記憶装置として使われているので、動作も軽快。仕事では、5年以上前に発売された機種を無理しながら使っていたため、業務効率は雲泥の差といえるほど高まりました。

 一つだけ慣れない点を挙げるとするなら、OS(基本ソフト)が米マイクロソフトの「ウィンドウズ8」であること。これまでの「7」から一新されたUI(ユーザーインタフェース)は確かに格好良い。スマートフォンのような直感的なタッチ操作を基本とするUIは、業務以外での用途では快適です。

 一方で、業務用として使うと、昔ながらのUIに慣れした筆者にとっては戸惑うこともしばしば。慣れの問題だと指摘されればその通りですが、同じような経験をしている読者の方も多いのではないでしょうか。

 もっとも、UIを一新したマイクロソフトにとって、過去の成功体験をある程度捨てるのは折り込み済みでしょう。同社が今後、業務用パソコンの分野で、どのように7から8への移行を進めていくのか、注目しています。

企業研究

低価格・短納期、「プリント基板」のネット通販

2017年8月7日(月)

1枚から注文できるプリント基板のネット通販サービスを手掛けるピーバンドットコム。低価格・短納期・高品質が特徴。開発者紹介サービスにも乗り出す。

(日経ビジネス2017年5月29日号より転載)

1枚から注文可能
サイト上のメニューから基板の数 量や外形寸法、材質などをユーザ ーが選択していくだけで発注できる(写真=加藤 康)

 重さ100kgを切る超小型の人工衛星を開発・運用する、東京大学発ベンチャーのアクセルスペース。2013年に民間初の気象衛星打ち上げに成功し、22年までに50基の打ち上げを計画中だ。

 宇宙空間で使用するため、超小型衛星に搭載される部品には高い信頼性が求められる。そんな最先端技術の「粋」を集めた超小型衛星の開発時に、アクセルスペースが利用する“あるウェブサイト”がある。ピーバンドットコムが運営する「P板.com」だ。

ユーザーの要望にフル対応

 P板.comは、半導体や電子部品で電気回路を作成する際に部品同士をつなぐ(配線する)役割を担うプリント基板のネット通販サイト。プリント基板そのものの設計や、基板上への部品の組み立てなども依頼できる。

 特徴は、数量や納期、価格、品質といった「ユーザーのどんな要望にも応じられる点だ」(田坂正樹社長)。基板1枚から発注可能で、納期は最短で1日。価格も「仕様によっては大手メーカーの3分の1程度」(後藤康進COO=最高執行責任者)という。品質面では試作品から、人工衛星のような高い信頼性が求められる基板まで対応する。

 03年4月にサービスを開始。累計の取引社数は約1万9000社で、ユーザー登録数は4万5000を超えた。顧客には中小企業やベンチャー企業に加えて、日産自動車など大企業の技術者も含まれる。17年3月には東証マザーズへの上場を果たした。

 アクセルスペースの永島隆CTO(最高技術責任者)は「衛星1基に使われる基板は数十枚。大手だと納期が1カ月以上になることもあり価格も高い。P板.comは我々に合ったサービスだ」と同サイトを選ぶ理由を話す。

「誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣」と田坂社長は話す(写真=加藤 康)

 誰でも電子機器を開発できるようにした“黒子”のような存在であるピーバンドットコム。特徴的なサービスを実現できた理由は2つある。

 一つが独自開発した受発注システムだ。同社のサイトではメニューからプリント基板の数量や素材、外形寸法、特殊加工などの条件を選んでいくだけで見積もりが表示される。後は設計データを送るだけで発注できる。「プリント基板大手のように営業担当者とのやり取りが不要となり、時間の短縮とコスト削減につながる」(後藤COO)

 もう一つが外部の製造工場の活用だ。実はピーバンドットコムは製造工場を持たない。日本と韓国、台湾、中国など約10カ所の製造工場と提携しており、ユーザーの要望と工場の稼働状況に応じて工場を使い分けている。

 製造委託方法にも工夫を凝らす。プリント基板は文字通り、印刷版を使って配線を形成する。同社のユーザーは20枚程度の小ロットが中心で、大型の印刷版には空きスペースが生まれてしまう。そこで同社は複数のユーザーからの発注依頼を取りまとめて1枚の印刷版を作ることで生産時の費用も抑えたという。

売上高は20億円に迫る
●ピーバンドットコムの業績推移

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手