• ビジネス
  • xTECH
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

渡辺 実(わたなべ・みのる)

防災・危機管理ジャーナリスト/株式会社まちづくり計画研究所 代表取締役所長/技術士/防災士

渡辺 実

1974年工学院大学工学部建築学科卒業。公益社団法人日本都市計画学会、一般財団法人都市防災研究所等を経て、1989年に株式会社まちづくり計画研究所設立、代表取締役就任。
国内外の自然災害被災地、大規模事故現場へ足を運び、被災者、被害者の立場にたって問題や課題をジャーナリスティックに指摘。現場体験をベースに、災害報道の検証や防災対策についても国民サイドにたった辛口の提言を続けている。
2007年より、NPO法人日本災害情報サポートネットワーク理事長としても活動。

◇主な著書
巨大震災その時どうする?生き残りマニュアル』(日本経済新聞出版社) 2013
都市住民のための防災読本』(新潮社) 2011
大地震に備える 自分と大切な人を守る方法』(中経出版) 2011

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

三遊亭鳳楽独演会(第243回)で春の代表的な人情噺「ひなつば」と「百年目」を聴いてきました。「百年目」は江戸時代から多くの名人に磨かれた大ネタ。鳳楽師匠は大師である三遊亭円生から引き継がれ、技量と体力も必要とされる難しい噺。円生の香りを見事に伝える鳳楽師匠の一席でした。ところで「百年目」とは、「おしまいの時」という意味も。3月18日に公表された南海トラフ巨大地震被害想定経済的被害が国家予算の2倍以上の最悪220兆円。まさに「百年目、この世の終わり」かも。

 東日本大震災の被災地では、先の3月11日三回忌をむかえました。2年前のこの日、巨大な津波に襲われ、この世の終わりと思った被災者も多くいました。すでに日本列島は巨大地震の再来周期に入り、いつどこで地震が起きても不思議ではない時代を我々は生きています。防災は地震が来る前にしかできません。来てからでは遅いのです。ぶら防こと「渡辺実のぶらり防災・危機管理」は、ビジネスパーソンへ向けて今の日本列島の地震環境と備えの必要性を伝えています。「百年目」が明日かもしれません。

渡辺実のぶらり防災・危機管理

台風直撃!最前線での救助活動の苦闘を振り返る

2018年1月16日(火)

『渡辺実のぶらり防災・危機管理』の連載が2012年9月10日に始まってはや5年。ついに記念すべき100回を迎えることができた。前編に続いて今回も東京消防庁が誇るエアハイパーレスキューの活動について”防災の鬼”渡辺実氏が突っ込む。2017年10月に日本列島を襲った台風21号。発災当時、エアハイパーレスキューはどのように活動したのか。多摩川での救出劇を例にお伝えする。

大型のヘリコプター「ひばり」のコックピットでご満悦の“防災の鬼”。着ているのは東京消防庁のジャンパー

 10月16日に発生した台風第21号は、21日から22日にかけて日本列島の南を北上し、各地に甚大な被害をもたらした。

 「関東直撃の22日、勤務サイクルでいうと非番だったのですが招集がかかりました。この規模の台風であれば当然の招集です。経験的に分かっていたので心の準備をしていました」と語るのは東京消防庁 航空消防救助機動部隊 機動救助隊長 田端誠一郎氏だ。

 各地で起こる大雨や風による被害が刻々と入電する。隊員たちは22日から翌23日にかけて自宅には戻らず本部(東京ヘリポート)に詰めた。

「台風の場合、空からの救助は、台風が過ぎ去ったあとが本番です。雨や風が吹き荒れている場所にヘリコプターで近づくことは実は難しい」(田端氏)

「でも、実際に飛ぶことはできるわけですよね」(渡辺氏)

「条件が整えば飛ぶことはできます、ただ救出する場合にはホバリングといって機体を空中停止させることが必要です。台風直下では強風等による厳しい気象条件によりこれを確保できません。そうした状況ではヘリコプターでの救出は困難を極めます」(田端氏)

 22日の直撃から一夜明け、23日の朝。仮眠をとっただけの田端隊長は、大手町の東京消防庁総合指令室から入電する情報に目を凝らした。

「台風一過が我々の出番です。気持ちの準備を万全にして出場指令を待ちました。過去の経験から『台風一過は水難救助活動がある』ということが分かっていたからです」(田端氏)

 そこで入電したのがニュースにもなった多摩川の中洲に取り残された要救助者の存在だった。

フル装備の田端氏。手に持っているのはサーバイバースリング。これで救助者を吊り上げる

「大手町の総合指令室が水難救助の通報を『覚知』したのが午前7時過ぎです。多摩川の中洲に取り残された人がいる。当初の情報では救助を求める方が3人いらっしゃるということでした」(田端氏)

 すぐに東京ヘリポート内で待機している「中型機『かもめ』で出場せよ」の「特命」が下った。

「かもめにはどういうメンバーが乗り込んだのですか」(渡辺氏)

「操縦士が2人、ホイストマンと呼ばれる整備士が1人。整備士はヘリコプターからワイヤーを吊り下げるウィンチを操作します。さらに救助した方に高度な救急処置を行う救急救命士が1人。そして救助の私の計5人です。中型機であればこれが基本的な人員ですね」(田端氏)

 ちなみにかもめの定員は14人だ。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

技能実習制度と日本の人手不足を解消することは切り離して考える時期に来ている。

斉藤 善久 神戸大学大学院 国際協力研究科准教授