• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

渡辺 実(わたなべ・みのる)

防災・危機管理ジャーナリスト/株式会社まちづくり計画研究所 代表取締役所長/技術士/防災士

渡辺 実

1974年工学院大学工学部建築学科卒業。公益社団法人日本都市計画学会、一般財団法人都市防災研究所等を経て、1989年に株式会社まちづくり計画研究所設立、代表取締役就任。
国内外の自然災害被災地、大規模事故現場へ足を運び、被災者、被害者の立場にたって問題や課題をジャーナリスティックに指摘。現場体験をベースに、災害報道の検証や防災対策についても国民サイドにたった辛口の提言を続けている。
2007年より、NPO法人日本災害情報サポートネットワーク理事長としても活動。

◇主な著書
巨大震災その時どうする?生き残りマニュアル』(日本経済新聞出版社) 2013
都市住民のための防災読本』(新潮社) 2011
大地震に備える 自分と大切な人を守る方法』(中経出版) 2011

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

三遊亭鳳楽独演会(第243回)で春の代表的な人情噺「ひなつば」と「百年目」を聴いてきました。「百年目」は江戸時代から多くの名人に磨かれた大ネタ。鳳楽師匠は大師である三遊亭円生から引き継がれ、技量と体力も必要とされる難しい噺。円生の香りを見事に伝える鳳楽師匠の一席でした。ところで「百年目」とは、「おしまいの時」という意味も。3月18日に公表された南海トラフ巨大地震被害想定経済的被害が国家予算の2倍以上の最悪220兆円。まさに「百年目、この世の終わり」かも。

 東日本大震災の被災地では、先の3月11日三回忌をむかえました。2年前のこの日、巨大な津波に襲われ、この世の終わりと思った被災者も多くいました。すでに日本列島は巨大地震の再来周期に入り、いつどこで地震が起きても不思議ではない時代を我々は生きています。防災は地震が来る前にしかできません。来てからでは遅いのです。ぶら防こと「渡辺実のぶらり防災・危機管理」は、ビジネスパーソンへ向けて今の日本列島の地震環境と備えの必要性を伝えています。「百年目」が明日かもしれません。

渡辺実のぶらり防災・危機管理

リアルな被災体験を提供も鬼は納得せず

2017年8月18日(金)

そなエリア東京スタッフリーダーの澤善裕氏(右)と“防災の鬼”こと渡辺実氏

夏休み企画として防災体験学習施設『そなエリア東京』にやってきた“防災の鬼”渡辺実氏(前編の様子はこちら)。施設内には今後想定される首都直下地震によって破壊された街を再現したジオラマを使ったシミュレーション施設『東京直下72h TOUR』がある。リアルなジオラマは度重なる災害体験をもとに作られており、兵庫県にある「人と防災未来センター」(神戸市)と共に地震国・日本ならではの世界でも類を見ない施設である。後編はその東京直下72h TOUR体験からご覧いただく。

 『東京直下72h TOUR』はそなエリア東京の目玉施設だ。一人ひとりに貸し出されるタブレットを手に、スタッフに従いながら被災地の疑似体験をする。事前の予約は不要(30人以上の団体は要予約)で、料金もかからないから安心だ。

スタッフの説明に耳を傾ける渡辺氏

 配られたタブレットを操りながらガイドの解説に耳を傾ける渡辺実氏。ツアーの最中、タブレットには各ポイントで72時間を生き延びるためのクイズが出題され、最終的に生き残りの可能性が点数として表示される。

 大きくカテゴライズすれば体験アトラクションなのだが、遊びの要素はあまりない。災害に真摯に向き合った体験施設といえる。

 東京都下のとある駅ビル。季節は12月。時間は午後6時前後。体験者は10階のシネマステーションで映画を鑑賞し、帰宅するという設定だ。

エレベーターでの閉じ込めをしばし体験

 エレベーターに乗り込み、1階のボタンを押す。「ようこそ、このエレベーターは1階までまいります」のアナウンス。その直後、首都直下の大地震が発生する。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長