• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

渡辺 実(わたなべ・みのる)

防災・危機管理ジャーナリスト/株式会社まちづくり計画研究所 代表取締役所長/技術士/防災士

渡辺 実

1974年工学院大学工学部建築学科卒業。公益社団法人日本都市計画学会、一般財団法人都市防災研究所等を経て、1989年に株式会社まちづくり計画研究所設立、代表取締役就任。
国内外の自然災害被災地、大規模事故現場へ足を運び、被災者、被害者の立場にたって問題や課題をジャーナリスティックに指摘。現場体験をベースに、災害報道の検証や防災対策についても国民サイドにたった辛口の提言を続けている。
2007年より、NPO法人日本災害情報サポートネットワーク理事長としても活動。

◇主な著書
巨大震災その時どうする?生き残りマニュアル』(日本経済新聞出版社) 2013
都市住民のための防災読本』(新潮社) 2011
大地震に備える 自分と大切な人を守る方法』(中経出版) 2011

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

三遊亭鳳楽独演会(第243回)で春の代表的な人情噺「ひなつば」と「百年目」を聴いてきました。「百年目」は江戸時代から多くの名人に磨かれた大ネタ。鳳楽師匠は大師である三遊亭円生から引き継がれ、技量と体力も必要とされる難しい噺。円生の香りを見事に伝える鳳楽師匠の一席でした。ところで「百年目」とは、「おしまいの時」という意味も。3月18日に公表された南海トラフ巨大地震被害想定経済的被害が国家予算の2倍以上の最悪220兆円。まさに「百年目、この世の終わり」かも。

 東日本大震災の被災地では、先の3月11日三回忌をむかえました。2年前のこの日、巨大な津波に襲われ、この世の終わりと思った被災者も多くいました。すでに日本列島は巨大地震の再来周期に入り、いつどこで地震が起きても不思議ではない時代を我々は生きています。防災は地震が来る前にしかできません。来てからでは遅いのです。ぶら防こと「渡辺実のぶらり防災・危機管理」は、ビジネスパーソンへ向けて今の日本列島の地震環境と備えの必要性を伝えています。「百年目」が明日かもしれません。

渡辺実のぶらり防災・危機管理

アウトランダーがあれば災害時も1週間は安心!

2017年6月16日(金)

“防災の鬼”で車好き。今回の企画のために生まれてきたような渡辺実氏。昨日公開した前編では三菱自動車のプラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」の自動車としての能力について語った。ここからはこの車を使った「V2H(Vehicle to Home)」の実力を見ていく。「PHEVによるV2H」という文字面だけではイメージが湧かない。実際はいったどんな世界なのだろうか、関東三菱自動車販売の次世代店舗「電動 DRIVE STATION」にて渡辺氏が完全リポート。

実際に停電から家庭を救ったアウトランダーPHEVの写真

 まずは写真をご覧いただきたい。

「これは一昨年、岐阜の高山市が大雪に見舞われたときに撮影されたものです。雪の重みで電線が切れたのか、かなり広い範囲で停電になりました。そのときにアウトランダーPHEVのオーナーさんが車から電気を家の中に取り込んで、1週間を過ごしたのですが、これが第1日目の様子です。オーナーさんご本人から提供いただきました」(三菱自動車国内営業本部国内企画部部長付の小野勉氏)

「私たち専門家は、被災物資の備蓄は1週間分が基本だと指導します。これは1995年の阪神・淡路大震災から変わりました。なぜかというと、このときに電力会社の復旧能力から逆算されたのです。阪神・淡路大震災以前は備蓄は3日分って言われていた。ところが一度あれだけ大きな災害が起こると、電気の復旧に1週間はかかるということがわかった。だから内閣府も含めて電気の復旧には1週間かかると考えたほうがいいとの結論になったわけ。東京都の被害想定でも電力復旧には6日間としています。そうしたところから現在では被災物資の備蓄は1週間分が基本になったわけなんです」(渡辺氏)

 熊本地震の際、電力が完全に復旧したのは発災から5日後だった。こうしたところからも渡辺氏の指摘が正しいことがわかる。

「被災後の生活を支えるのはやっぱり電力。でも電気は備蓄ができない。もし自家用車で電気の備蓄や発電することが実現できれば、停電になっても恐くないわけですよ。あとは家がちゃんと住める状態なら、避難所などに行かなくても生活できる。もっと極限で考えると熊本地震では余震が恐くて、車中避難が多かったですね。車中避難する場合でもこの車の中で100ボルトの電気が使えますから炊飯器でご飯を炊いたり、電気毛布で暖を取ったり、それこそパソコンで情報の収集・発信も可能になったり、車中避難も全然怖くない。これを可能した車がアウトランダーPHEVなんです。岐阜の体験談がなによりこれを証明している。私が防災・危機管理ジャーナリストとしてこの車に興味を持つのはそうした能力があるからなんです」(渡辺氏)

 写真左はアウトランダーPHEVから家の中にコードを引き入れ、電気スタンドを使っている様子。写真右は同じようにお風呂場の明かりを灯した様子だ。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏