• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

山中 浩之(やまなか・ひろゆき)

日経ビジネス副編集長

山中 浩之

日経ビジネス、日経クリック、日経パソコン編集を経て、2006年2月から日経ビジネスオンライン副編集長、編集委員。2年ほど紙の雑誌に異動になり、2012年3月に復帰。以後、NBOの隙間と隅っこでこげぱんのように生きようと決意。現在の担当は「ア・ピース・オブ・警句」(小田嶋隆さん)、「勝つために見る映画」(押井守さん×野田真外さん)、「トリイカ!」(とり・みきさん)、「再来一杯中国茶」(中島恵さん)、「絶賛!オンライン堂書店」などなど。あ、「量産型の逆襲」も。記事は「面白くって、ためになり、(ちょっと)くだらない」“オタク”ものを狙います。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 中学生の息子が「WRC(ワールド・ラリー・チャンピオンシップ)」のゲームに夢中で「シトロエンが」「ローブが」「荷重移動は」とか言い出しました。この期を逃すなと、ミニカー、雑誌、ビデオ、いにしえのマンガ『ガッデム』(新谷かおる)などを買い与えています。BS JAPANでWRC全戦中継とかやってくれないものかしら。ゲームには懐かしのグループBカー(プジョー205、ルノー5ターボ)も出てくるので、「そのクルマは…」と蘊蓄を垂れるために、80年代の輸入車試乗記事をまとめた本まで買ってしまいました。

 載っているクルマを21世紀になって乗っている自分が怖い。よく言う話ですが「欲しいクルマがない」んですよね。190E(写真)なんか、いま乗ると小さくて品のいいスタイルで最高なんですが。デビュー当時「コベンツ」とかいって小馬鹿にしてごめんなさい。「N」が売れるわけがよく分かります。ま、ともかく鉄道少年まっしぐらだった息子が、ゲームをきっかけにクルマに興味を示してくれて嬉しい限りです。え?もちろんゲームパッドじゃなくて、(私の小遣いで買った)ハンドルで遊ばせておりますよ。そろそろコンプするからWRC2013を買ってやるか、それともいよいよグラツーをやらせようかなあ。(2013/4)

(Yが)キーパーソンに聞く

「データ復旧業界の規模を“半減”させたい」

2017年5月2日(火)

 パソコンのデータ、そしてテレビ録画の保存に、大容量のハードディスク(以下HDD)は欠かせない。それゆえ、壊れたときのダメージも大きくなる一方だ。

 昨年の10月、手持ちの外付けHDDが壊れ、修理に出したところ「ぼったくり」的な対応にあったお話と、その裏事情を、業界の方にお聞きして記事にした。(「HDDの復旧、どうしてこんなに高いの?」「HDD修理、ここにダマされるな!」)

 勉強不足へのご叱正からさらなる裏事情のご説明まで、多くの反響をいただいたのだが、その中に意外なものがあった。某大手周辺機器メーカーの部長さんが、「お話を聞きたい」とわざわざ弊社を尋ねてきたのだ。「この状況をなんとかしないといけない、と思いまして」とのことで、ならばと色々情報交換をさせていただいた。

 このとき、部長さんは「具体的なお話ができるようになりましたら、真っ先にご説明します」と約束して下さったのだが、今回、それが実現した。前回の記事と合わせてお読み頂ければ幸いです。

斉木邦明・バッファロー社長(以下斉木):よろしくお願いします。

和田学・バッファロー データストレージソリューション事業部長(以下和田):お久しぶりです。やっとお話できます。

よろしくお願いいたします。和田さん、ご無沙汰しておりました。

和田:お待たせしました。この5月1日から、当社でご購入頂いたHDD、ソリッドステートドライブ(SSD)などの、保証期間内かつ軽度の論理障害ならば、ユーザー登録をしていただければ無償でデータ復旧を行うサービスを開始しました。無償期間が終わった後も、障害の程度によって一律固定料金を設定していますので、安心してご利用いただけると思います。

 ユーザーの方がいちばん困っているのは、修理金額が、例えば1万円、2万円「から」になっていることです。上限が書いていない。それを見てHDDを預けると、20万、30万といった見積もりが来たりする。HDDを人質に取って不安につけ込むようなやり口は、もちろんバッファローとしてはあってはなりません。「これは論理障害です、何時間後に治ります。金額は3万円です」と、決まった金額を、人が動いた分だけいただこう、と。

バッファローが開始したデータ復旧サービスの価格表
バッファローのサイト(こちら) より転載

これは、今年の5月1日以降の購入者が対象ですか。

和田:いえ、購入されて、ユーザー登録している方は遡って対象になります。今現在登録していただければ、2016年の5月以降に買われた方はこのサービスをお使いになれます。

軽度、中度、重度というのはどういう区分ですか。

和田:Yさんの記事でも触れられていたとおり、HDDのトラブルにはハードウェアは問題が無く、システムにトラブルの原因がある「論理障害」と、ハード側のトラブルである「物理障害」がありまして、それぞれに軽度、中度、重度を設定しています。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長