• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

フェルディナント・ヤマグチ(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

フェルディナント・ヤマグチ

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

◇主な著書
英語だけではダメなのよ。 結果を出す!NISSANのグローバル仕事術』(日経BP社) 2011

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

今年もトライアスロンのシーズンが始まる訳ですが、例年になくトレーニングの開始時期が遅延しております。これは恐らく東京マラソン以降の”燃えつき症候群”によるものと思われます。大したタイムも出していないのに困ったものです。景気づけと言っては何ですが、愛車の(トライアスロン用のバイクの事です)ハンドルバーを新しいものに交換しました。言うなれば”一人景気刺激策”です。

しかしハンドルを交換して以来、毎週スキーに行っているので、結局週末はトレーニングができていないのですね。アベノミクスみたいに上手くは行きません。え?アベノミクスは上手く行っているのか、ですって?どうなんでしょう。今のところは良いんじゃないでしょうか。いつまで続くかは分かりませんが……。

フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える

ツルッと行ってしまえば、四駆もクソも無い

2017年4月24日(月)

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 「経済界の文春砲」としてその名も高い日経ビジネスが、久々に特大スクープをカマして下さいました。「日本郵政、巨額損失処理へ」の記事であります。オンラインではサラッと表面しかなぜておりませんので、詳しくは本誌の方をお読み頂くとして、ともかくこれ本当に凄いスクープです。富士フイルムが直後に不可解な決算発表の延期を発表したのも、この記事を受けてのことに違いありません。海外で大きな投資をされている国際企業のみなさんは、上を下への大騒ぎでござんすよマジで。

 日本郵政と言えば西室泰三さん。西室さんは東芝の元社長。東京証券取引所の会長もやっておられた”名経営者”です。粉飾決算を起こした東芝のトップ経験者が、後に東証やら日本郵政・ゆうちょ銀行のアタマを張ってしまうのですから、世の中メチャクチャです。いやー、どんな展開になるのでしょうね。杉原記者の続報を待ちましょう。マジ楽しみです。

 で、激動の経済界を傍目に、週末はトライアスロンの大会で石垣島へ行って参りました。

こんなことをやっているからいつまだたっても速くならないのです。後の観客にも笑われております。

 この大会に出るのは、不幸な死亡事故が起きた2013年以来4年ぶりのことです。事故が起きたスイム会場は橋の向こうの砂浜に移され、バイクコースは従来と逆回りに、ランのコースも街中を2周回と大きく変更されておりました。

終わってみれば2時間42分のクソタイム。今度こそ本当に練習します。

 せっかく石垣島まで来たのですから、大会後は竹富島まで遊びに行ってきました。しかしまあインバウンド客の何と多いことよ。牛車に乗っているのなんてほとんどが外人さんです。

大会後は高速船でサッと渡れる竹富島へ。インバウンド客多し。

 で、夜は石垣に戻って素敵なテラスレストランの庭でグランピングと洒落込みました。いや、ここは本当に素晴らしかったな。「PUFFPUFF」というお店です。石垣島へ行かれた際は是非!

今回一緒にレースに参加した混成チームのみなさんと。たくさん飲んでたくさん食べました。

 そうそう。レストランの屋上で別グループがパーティーをやっていたので乱入したのですが、そこにはマガジンハウスの池田さんや、ペンギン食堂の辺銀社長がいらっしゃいました。ゴーゴー宮森氏はいつものゴーゴーシャツで(笑)。

庭で飲んで屋上で飲んで、今日は本当によく飲みました。もう当分お酒は見たくありません。ういー。

 さてさて、それではボチボチ本編へと参りましょう。
今週からお届けするのは、レクサスの稼ぎ頭、RXであります。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授