• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

門司 総一郎(もんじ・そういちろう)

大和住銀投信投資顧問/経済調査部部長

門司 総一郎

1985年東京大学法学部卒業 同年大和証券入社、1988年大和投資顧問(現大和住銀投信投資顧問)に転籍し、アジア株ファンドマネージャー、チーフストラテジスト、投資戦略部長などを経て2014年より現職。
2014年より同社ホームページに政治・経済・市場などに関する「市場のここに注目」を掲載中。


※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

先日将棋の大会に出場しましたが、2戦2敗の不甲斐ない成績でした。2局とも序盤で不利になったまま押し切られており、内容的にも完敗です。今回に限らず最近は序盤で不利になるケースが増えた気がします。 これはITの普及による部分が大きいと思います。昔(大昔)はアマがプロの棋譜に接するのは新聞や雑誌、NHK杯ぐらいでした。そのためプロの最新の戦型がアマに広まるまで時間がかかりました。

しかし今はネットでプロの将棋をかなりリアルタイムで見ることができます。そのためプロ間での最新の戦型をアマでも学ぶことができることになり、これがアマの序盤戦術の向上につながったと思います。ところがITスペックの低い私はこうしたトレンドについていけず、知らない戦型をぶつけられて序盤で不利に陥ることが増えたわけです。「単にお前が弱いだけ」といわれればその通りですが・・。

遅ればせながら今年に入って日本将棋連盟のモバイルに加入しました。確かにこれは便利なもので、特に今まで新聞や雑誌で見れなかった伸び盛りの若手同士の対戦などは見ていて飽きません。時間がある時は自宅でスマホを見ながら棋譜を並べていますが、これで何とか次の大会で雪辱を果たしたいと考えています。

政治と市場の“正しい”見方

「失われた20年」が終わったと考える理由

2017年4月7日(金)

 今年に入ってからの日本株は、さえない動きを続けています。他市場が上昇しているにもかかわらず横ばいのまま。投資家たちはフラストレーションを貯めつつあるようです。

 しかし、長い目で見れば、日本の経済や株式市場の見通しはむしろ明るさを増しています。バブル崩壊後から続く経済や株式市場の停滞は「失われた20年」と呼ばれます。筆者は、この失われた20年は既に終了し、日本株は持続的な成長局面に入ったと考えています。今回はそう考える理由を説明します。

失われた20年の原因は3つの構造問題

 失われた20年が生じた原因について定説はありませんが、筆者はa.不良債権と金融システム不安、b.経済・企業の競争力低下、c.政治の機能不全、の3つと考えています。ただし、この3つが失われた20年の全期間を通じて影響したわけではありません。前半(1990年-2003年)は不良債権問題が、後半(2007年~?)は残りの2つが原因となりました。

日本の実質GDP成長率(四半期、前年同期比)
出所:内閣府ホームページより大和住銀投信投資顧問作成
東証株価指数の推移(月次)
出所:ブルームバーグより大和住銀投信投資顧問作成

不良債権問題は小泉内閣で解決

 1990年にバブルが崩壊し、失われた20年が始まりました。その後、1995~96年や99~2000年のように景気や株式市場が回復した時期もありましたが、いずれも一時的なものにとどまりました。これは、これらの回復が金融緩和や財政出動などによるもので、構造問題は手つかずだったことが理由です。当時の構造問題は不良債権と金融システム不安でした。

 不良債権問題に本格的に手を付けたのが、小泉純一郎首相(当時)です。当時、慶応大学教授だった竹中平蔵氏を金融担当大臣に抜擢。2002年には金融再生プログラムを作成して問題解決に乗り出しました。

 小泉・竹中コンビの努力の甲斐あって不良債権問題は決着、経済や株式市場は03~07年の初めにかけて回復を続けます。多くの人は「失われた10年は終わった」と思いました。

 しかし実際はそうではなかったことが間もなく明らかになります。リーマン・ショックをきっかけに景気も株式市場も停滞局面に逆戻りしてしまったからです。「失われた10年」は「失われた20年」になりました。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授