• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

門司 総一郎(もんじ・そういちろう)

大和住銀投信投資顧問/経済調査部部長

門司 総一郎

1985年東京大学法学部卒業 同年大和証券入社、1988年大和投資顧問(現大和住銀投信投資顧問)に転籍し、アジア株ファンドマネージャー、チーフストラテジスト、投資戦略部長などを経て2014年より現職。
2014年より同社ホームページに政治・経済・市場などに関する「市場のここに注目」を掲載中。


※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

先日将棋の大会に出場しましたが、2戦2敗の不甲斐ない成績でした。2局とも序盤で不利になったまま押し切られており、内容的にも完敗です。今回に限らず最近は序盤で不利になるケースが増えた気がします。 これはITの普及による部分が大きいと思います。昔(大昔)はアマがプロの棋譜に接するのは新聞や雑誌、NHK杯ぐらいでした。そのためプロの最新の戦型がアマに広まるまで時間がかかりました。

しかし今はネットでプロの将棋をかなりリアルタイムで見ることができます。そのためプロ間での最新の戦型をアマでも学ぶことができることになり、これがアマの序盤戦術の向上につながったと思います。ところがITスペックの低い私はこうしたトレンドについていけず、知らない戦型をぶつけられて序盤で不利に陥ることが増えたわけです。「単にお前が弱いだけ」といわれればその通りですが・・。

遅ればせながら今年に入って日本将棋連盟のモバイルに加入しました。確かにこれは便利なもので、特に今まで新聞や雑誌で見れなかった伸び盛りの若手同士の対戦などは見ていて飽きません。時間がある時は自宅でスマホを見ながら棋譜を並べていますが、これで何とか次の大会で雪辱を果たしたいと考えています。

政治と市場の“正しい”見方

首脳会談乗り切った安倍首相自体が株の買い材料

2017年2月16日(木)

 安倍晋三首相とドナルド・トランプ大統領による初の日米首脳会談が2月10日に行われました。結果は日本側から見て想定外の出来。安倍氏には100点満点、いや200点の評価が与えられてもおかしくないと考えています。今回は日米首脳会談を振り返ります。首脳会談及び共同声明のポイントは以下の通りです。

  • 核・通常戦力による日本防衛への米国の関与は揺るぎない
  • 沖縄県・尖閣諸島に米国の対日防衛義務を定めた日米安全保障条約5条が適用される
  • 南シナ海などでの力による現状変更の試みに反対
  • 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)問題は名護市辺野古移設が唯一の解決策
  • 麻生副首相とペンス副大統領らによる分野横断的な経済対話の枠組みを創設
  • 自由で公正な貿易ルールに基づく2国間と地域の経済関係の強化へ議論

出所:日経新聞、2月12日

 日本側の対応を高く評価する理由は3つあります。1)事前に懸念されていた通商や安全保障に関する米国からの要求がまったくなかった、2)通商や安全保障において米国がアジア・太平洋地域に引き続きコミットすることを確認した、3)安倍氏とトランプ氏の個人的信頼の強さを世界に見せつけた、の3つです。

 多くの人が今回の首脳会談のなりゆきについて事前に抱いていた不安は、米国が抱える貿易赤字の犯人として日本が被告席に座らされ、米国が検察兼裁判官として判決を下す、あるいは罰則を決めるというイメージでした。

 予想される“罰則”として挙がっていたのは、安全保障においては数値目標を設定した上での防衛費の増額(名目GDPの2%など)や駐日米軍の費用負担増額、経済では日米2国間での自由貿易協定(FTA)交渉や円安是正などでした。

懸念された“罰則”はなかった

 しかし実際にはこうした案件が首脳会談の俎上に載ることはありませんでした。経済については新たに「日米対話」を設けることになりましたが、これはFTAとは異なります。日本は麻生太郎副首相、米国はマイク・ペンス副大統領をトップとしてエネルギーなど個別の分野で広く日米の協力を図るものです。

 ペンス氏はトヨタ、ホンダなどの工場があるインディアナ州を地元とする親日派です。彼がトップである以上、この日米対話が日本に大きく不利なものになることを懸念する必要はないと思われます。

 為替は両国の財務相の間で継続的に協議することになりました。財務長官に指名されているスティーブン・ムニューチン氏はゴールドマンサックス出身で金融市場には精通しています。

 同氏は為替について、基本的には「強いドルは国益」との立場です。トランプ氏と食い違いがないようにするため、「ドルは高すぎる」と発言することもありますが…。ムニューチン氏が担当なので、日本に円安是正圧力がかかる可能性は小さそうです。

 安全保障では、尖閣諸島が日米安保条約の対象となることを確認。名指しはしていませんが中国の海洋進出への牽制なども盛り込みました。北朝鮮に対しては日米が共同で対処すると宣言。さらにトランプ氏から「米軍駐留を受け入れてくれていることに感謝している」の一言を引き出しました。安全保障関係については「満額回答」とする報道もあります。

 安全保障に関しては、先日訪日したジェームズ・マティス国防長官の意向が働いていると考えられます。彼に限らず軍出身者には、中国による海洋進出への警戒感が強く、他方、日米同盟への評価が高いという傾向が一般的にあります。マティス氏が日本の肩を持ってくれて、こうした厚遇になったと思われます。

 このように経済、安全保障の両方において、恐れていた要求は1つもありませんでした。これだけでも今回の首脳会談は日本から見て100点満点です。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧