• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

横山 信弘(よこやま・のぶひろ)

アタックス・セールス・アソシエイツ代表取締役社長

横山 信弘

1969年名古屋市生まれ。90年にCSK、97年に日立製作所を経て、現在はアタックスの主席コンサルタントとして活躍中。営業目標予算の2倍の材料を仕込む、組織マネジメント「予材管理」が注目され、コンサルティングのみならず、セミナー講師としても人気を博す。年間100回以上実施するセミナーは常に満員で、5000名超の経営者/マネージャーを動員する。世の中の大半の会議はメリットよりもデメリットが大きいと断じ、2011年に「脱会議」を提唱。日経ビジネスオンラインにて同名のコラムを連載し、書籍『脱会議』を出版。「読むだけで言い訳が無くなる」と評判のメールマガジン「草創花伝」は口コミで広がり続けている。

◇主な著書
絶対達成する部下の育て方』(ダイヤモンド社) 2011
絶対達成マインドのつくり方』(ダイヤモンド社) 2012
課長塾 売れる課 営業目標を絶対達成する』(日経BP) 2013

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

営業部門や営業パーソンに向けて、「営業目標を絶対達成する」ためのコンサルティングを手がけています。最近ずっと考えているのは営業部門にとどまらず、マーケティング部門や営業企画部門、情報システム部門、さらには経営戦略まで含めた会社全体の改革が必要だということです。「売れる組織」をどう作るか、「マーケティングリーダーシップマネジメント(MLM)」「ターンオーバー戦略」といった言葉を作って研究を進めています。

横山信弘の絶対達成2分間バトル

「毎試合10点とる野球チーム経営」を目指せ!

2017年9月26日(火)

 経営にとって利益は重要ですが、利益にばかり焦点を合わせると、無駄な経費をカットするだけでチャレンジができない組織風土になってしまう危険があります。

 多少の無駄があっても、本業の儲けをしっかり大きくしていく発想も大事です。

 鷲沢社長と小鹿コンサルタントの会話を読んでください。

○鷲沢社長:「どうにもならんな」

●小鹿コンサルタント:「どうしたんですか、社長」

○鷲沢社長:「みんな守りに入っている。駄目だ。そんなことでは本当に駄目だ」

●小鹿コンサルタント:「もっと攻めろということですか」

○鷲沢社長:「君はコンサルタントだ。攻めるだけではなく守りも大事だと言うだろう」

●小鹿コンサルタント:「経営の安全性を考えたら、流動比率や当座比率を念頭に置いて指導しますね」

○鷲沢社長:「そんなものはどうでもいい!」

●小鹿コンサルタント:「え……」

○鷲沢社長:「ちょっと言い過ぎたか。どうでもいいとまでは思わんが、そういう比率にこだわっていると、縮こまった経営しかできなくなる」

●小鹿コンサルタント:「びっくりしました。銀行出身の社長がそんなことを言うとは思いませんでしたから」

○鷲沢社長:「しかし、経営が縮こまっていく、というのはその通りだろう」

●小鹿コンサルタント:「うーん……。そこまで言い切ることはできないのでは。確かに比率ばかり気にしていると縮こまりそうですが、それは机上の話で現実的にはそうならないことが多いですよ」

○鷲沢社長:「そうならないかもしれないが経営をしていて楽しくない。観るほうだってそうだろう」

●小鹿コンサルタント:「観るほうと言いますと」

○鷲沢社長:「たとえばボクシングだ。相手のパンチを巧みに避け、効率よく相手の顔面やボディに当てていく。精密機械のようなボクシングスタイルは勝つ確率が高まるだろうが、観ていて楽しくない」

●小鹿コンサルタント:「一発KOを狙うスタイルのほうが観客としては盛り上がりそうですね。しかし逆にKOをくらう危険もあるわけで、経営としてはどうかと」

○鷲沢社長:「攻めて攻めて、攻めまくれば、経営が不安定になるはずがない」

●小鹿コンサルタント:「うーん。理屈がよく分かりませんが、銀行出身の社長が言うと逆になんだか説得力がありますね」

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

グローバル市場でいい仕事をしたければ、まず「世界に通用する見識」を磨くことだ。

中谷 巌 「不識塾」塾長、一橋大学名誉教授