• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

長尾 賢(ながお・さとる)

ハドソン研究所研究員

長尾 賢

2001年、学習院大学法学部政治学科卒業。同修士号も取得。自衛隊、外務省勤務の後、学習院大学大学院においてインドの軍事戦略を研究し、博士号を取得。インドの軍事戦略に関する博士論文としては日本で最初のものになる。2007年、防衛省「安全保障に関する懸賞論文」優秀賞受賞。学習院大学東洋文化研究所PD共同研究員、海洋政策研究財団研究員、アメリカの戦略国際問題研究所(CSIS)客員研究員、東京財団研究員、学習院大学講師(安全保障論)、青山学院大学講師(国際機構論)、駒澤大学講師(東アジア政治論、南アジア政治論)などを経て、現在上記現職。専門は安全保障、インド。

◇主な著書
検証 インドの軍事戦略―緊迫する周辺国とのパワーバランス』(ミネルヴァ書房)』(ミネルヴァ書房) 2015
平成18年度 安全保障に関する懸賞論文 優秀賞』(防衛省) 2007
“India's Military Modernization and the Changing US-China Power Balance” Asia Pacific Bulletin, No .192 』(East West Center, US) 2012

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 最近、『検証 インドの軍事戦略』という本を出しました。インドが将来どのような大国になるのか。その時、強力な軍事力をどのように使うのだろうか。インドの軍事戦略について検証した本です。

 なぜこのような研究をしたのか。それは日本の安全保障にとって、インドの重要性が増しつつあるからです。アメリカ軍に比べ、中国軍の近代化の速度はかなり速い。かつてはアメリカの影響力が強かった地域に中国が進出し始めています。その結果、アメリカの同盟国である日本と中国の間でも軍事的緊張が高まりつつあります。中国軍の急速な近代化に対抗し得る防衛力がどこかにないのか。日米は、インド軍の近代化に注目し、インドとの連携を強めようとしているわけです。

 しかしインドは信用できるのか。軍事力を近代化したインドは、今の中国のように、周辺の小国に対して軍事的圧力を強めるのではないか。日本がインドを支援することは正しいのか、疑問が生じます。そこで私はインドの軍事戦略の研究をし、6年かけて博士号を取得し、その後の研究も含め10年かけて書籍として販売するにいたったわけです。

 本研究の結論は、インドはすでに大国としてのあるべき抑制された軍事力の運用法を身につけており、責任ある大国になる可能性が高いというものです。2014年、インドはバングラデシュとの海上国境問題を国際的な枠組みである常設仲裁裁判所にゆだね、バングラデシュ有利の判決を受け入れました。これこそ大国のあるべき寛容な姿。私の研究は間違っていなかったと思っています。

日印「同盟」時代

中国軍艦が尖閣に入ったら台湾に親善訪問しよう

2018年4月9日(月)

台湾の蔡英文総統。中国は同政権の孤立化を図っている(写真:AFP/アフロ)

 今年1月、中国の潜水艦が尖閣諸島周辺の接続水域に侵入した。海上保安庁では対応不可能な相手だ。中国は以前よりも強い態度に出ている。いずれ尖閣諸島の日本の領海に中国の潜水艦が入るだろう。どうしたらいいだろうか。

 色々な案があると思うが、まず頭に浮かぶのは侵入した中国の軍艦を力ずくで追い出すことや、沈めてしまうことだ。しかし、そうした対応は死傷者を出すかもしれないし、もっとエスカレートして戦争になることが懸念されるから、かなり覚悟のいる決断になる。 もちろん本当に領土を取られてしまいそうな時は戦わなくてはならないが、戦う前にもっといいアイデアはないか。

 そこで次なるアイデアが、中国の軍艦が尖閣諸島の領海に侵入した時に、日本も中国の「領海」に侵入する方法である。例えば、南シナ海で米国が行う「航行の自由作戦」に参加するのは一案だ。中国が建設を進める人工島から12海里の「領海」を航行するのである。しかし、もっと近くでできる別の案もある。台湾だ。日本の艦艇を台湾に親善訪問させてみるのはどうだろうか。

 親善訪問は平和的で友好的な手段だ。台湾の許可を取って訪問し、一緒にスポーツをしたり音楽を聴いたり、友好的な交流イベントを行うのである。でも単に友好的なだけではなく政治的な手段になる。中国は台湾の領有権を主張している。今の台湾の蔡英文政権は、中国の言うことを聞かないから、中国は蔡英文政権の孤立化を図っている。だから、日本の艦艇が親善訪問したら、中国はすごく不愉快だろう。中国の軍艦が日本の領海に入るのも、日本にとっては不愉快だから、ちょうどいい。

 なぜこの話が「日印『同盟』時代」なのかというと、このアイデアはインドがよく使うやり方を適応したものだからだ。一般的には「比例的な報復(proportional response)」とよばれる方法で、1発殴られたら1発だけ返す、という方法である。一時期流行った「倍返し」とは対局の概念だ。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私自身もブラックベリーとともに育った人間。そんな会社がそのまま消滅するのを見たくなかった。

ジョン・チェン カナダ・ブラックベリーCEO