• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

遙 洋子(はるか・ようこ)

タレント・エッセイスト

遙 洋子

大阪府出身。関西を中心にタレント活動を行う。東京大学大学院の上野千鶴子ゼミでフェミニズム・社会学を学び、その体験を綴った著書『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』を執筆。これを機に、女性の視点で社会を読み解く記事執筆、講演などを行う。

◇主な著書
主婦たちのオーレ!』(筑摩書房) 2008
女ともだち』(法研) 2008
東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』(ちくま文庫) 2004

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

遙なるコンシェルジュ「男の悩み 女の嘆き」

「おもてなし」の国は、いずこへ

2017年2月10日(金)

ご相談

部下に指示をしても、反応が鈍いなあと思う場面が増えているように感じています。指示した内容がうまく伝わっていなかったことが後から判明して、バタバタすることもしばしば。難しいことを指示しているわけではないのですが…。私の教え方、伝え方が悪いのでしょうか…。(40代男性)

遙から

 一流ホテルの一流レストランに予約の電話をした。

 「世界レベルの一流」と世間で認められているその店に電話したのは、ご恩のある先輩の祝宴で、幹事を仰せつかったからだ。

 日時や人数などを伝えたのち、もう1つ、頼みたいことがあった。コース料理の最後を飾るデザートの皿に、その方の名前をデコレートしてほしかったのだ。

 いわゆるメッセージ入りデザートプレートを用意してくれるサービスは今や珍しくないし、その店でも受け付けてくれると聞いていた。

漢数字の二です…

 以下、電話での会話。

 「デザートプレートに名前を書いてほしいのですが」
 「はい。承ります」
 「名前は、漢数字の二、漢数字の三、そして子供の子です。フミコと読みます」
 「かしこまりました。漢数字の二、美しいの美、子供の子、で、フミコですね」
 「いえ、もう一度言いますね。漢数字です。漢数字の二、漢数字の三、子供の子でフミコです」
 「はい。漢数字の二、美しいの美、子供の子、で…」
 「違います。もう一度、言います」

 そうしてようやく文字を理解してもらえたのだが、次の言葉は

 「では、プレートには、"二三子へ"でよろしいですね?」

 いえ、よろしくありません。

 「敬称をつけてください」

 なんせ、大先輩だ。

 「どういう敬称を?」
 「様だとちょっと他人行儀なので、"姉"でお願いします」
 「わかりました。では、さきほどの名前はカットして、"姉へ"というプレートということですね」

 いやいや…。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧