• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

遙 洋子(はるか・ようこ)

タレント・エッセイスト

遙 洋子

大阪府出身。関西を中心にタレント活動を行う。東京大学大学院の上野千鶴子ゼミでフェミニズム・社会学を学び、その体験を綴った著書『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』を執筆。これを機に、女性の視点で社会を読み解く記事執筆、講演などを行う。

◇主な著書
主婦たちのオーレ!』(筑摩書房) 2008
女ともだち』(法研) 2008
東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』(ちくま文庫) 2004

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

遙なるコンシェルジュ「男の悩み 女の嘆き」

お母さん、あなたの息子さんは輝いていました

2017年9月22日(金)

ご相談

突然の異動に茫然としています。長らく担当した分野で人並み以上の実績を上げてきた自信はありますが、いきなり畑違いの部署への異動宣告を受けました。若い頃の異動は「新しい仕事の経験も糧になる」と気持ちも新たに受け入れてきましたが、50代を目前にして、今の会社で新たな仕事を粛々とこなしていくか、愛着ある分野で新たな道を探すか、正直迷っています。(40代男性)

遙から

 昔、番組をご一緒し、私に熱く指導してくれた元ディレクターが亡くなった。享年60歳。

 残念なことに、50代後半の彼は坂を転がり落ちるようだった。飲酒運転で警察沙汰、異動、病気、離婚、そして他界。

 そもそもなぜこれほどコンプライアンスが重要視される時代に、飲酒運転などしたのか、本人に問うたことがある。

 「眠れなくて」が彼の答えだった。

初めての弔辞

 急に最期を迎えたのではない。それまでに5年くらいかけて眠れないほどのなんらかの苦悩を抱え、そこで七転八倒しているうちに仕事も家庭も、自らの命も失われるに至った。そんな流れに、どこかで杭を打てなかったのだろうかと悔やまれてならない。

 手ごたえのある現場から異動になった彼は、その人一倍の熱さを持っていく場を失い、困惑したに違いない。その情熱の大きさゆえに苦悩も大きくなり、自らへの重荷を増やしていったのかもしれない。異動後にひょうひょうと「そーゆーもん」とばかりに有給休暇で海外旅行を楽しむ、切り替えのうまいタイプの人は、以後もひょうひょうと年を重ねているけれど、彼はそういうタイプではなかった。

 そんなことを思いながら、葬儀会場に向かった。

 

 小規模の家族葬だ。

 受付で葬儀のスタッフから声をかけられた。

 「今回の葬儀はお坊さんが入りません。最後に弔辞をお願いできますか」

 タレントという職業柄、人前で話すのは苦ではないが、考えてみると弔辞を読むのは初めてだ。会場で突然に託されたので、読む原稿はない。さてどうしようかと考えつつの参列となった。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師