小田嶋 隆

小田嶋 隆

コラムニスト

小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明 能力が高すぎた福田事務次官の“悲劇”

  • 2018年04月20日(金)

 財務省の福田淳一事務次官のセクハラ疑惑は、やたらとツッコミどころが豊富なニュースで、それゆえ、この話題を伝えるメディアは、どこに焦点を当てて良いのやら混乱しているように見える。

 この不可解な偶発事故のために、本丸のいわゆるモリカケ問題への追及を、一時的にであれ手控えたものなのかと訝しみながら、それでも彼らは、このネタに全力でくらいついている。

 それほど、この事件は、扇情的かつ洗浄的ならびに戦場的で、つまるところ、やっぱり面白い。だからメディアは追いかけざるを得ない。

 私自身、ここまであらゆる方向からネタになる素材を前にすると、しばし考え込んでしまう。
 マタタビ輸送車両の自損事故現場に遭遇した猫みたいな気分だ。

 官僚としての自覚だとか責任だとかいったデカい主題のお話は、すでに無数の論者によって語り尽くされている。いまさらそんな場所に出かけていって、屋上屋を重ねようとは思わない。

 といって、細部の論点には踏み込みたくない。
 というのも、論点のいちいちが、あまりにもバカげているからだ。

 次の次官に昇格すると目されている矢野康治財務省大臣官房長による
 「中身がわからないことには処分に至らないのが世の常ですよ。それをこの方(被害者の女性)は、この報道が事実であれば、雑誌の中で『こんなことをされた、こんなことをされてとても不快だった』と、カギ括弧つきで書いておられますよ。であれば、その方が財務省でなく、弁護士さんに名乗り出て、名前を伏せて仰るということが、そんなに苦痛なことなのか、という思いでありました」
 という国会答弁にしても、
 麻生財務相の
 「福田に人権はないのか?」
 という記者への問いかけにしても、論外すぎて取り上げる気持ちになれない。
 論及するとキーボードが汚れる感じ、だ。

 あるいはこれほどまでに論外な論点での答弁は、まともな論者の気持ちをくじくという意味で防衛力の高い態度なのかもしれない。
 いずれにせよ、原稿のネタにしたい話ではない。

 とはいえ、まるっきり黙殺するのもそれはそれで面白くないので、簡単に言及しておく。

 セクハラの加害者として複数のメディアの女性記者から名指しにされている当の本人が、「胸触っていい?」「手縛っていい?」といった具体的な会話の録音データをネット上および地上波のテレビ放送を通じてさんざんリピート再生されている状況下で、自身の発言を否定しているだけでも驚きなのに、福田氏は、あろうことか、被害女性を名誉毀損で提訴する意向を匂わせた。

 さらに、財務省は財務省で、件の女性記者に対して自分たちが主導する事件の調査への協力を求めている。どういう神経が脳から脊髄を貫いていれば、これほどまでにいけ図々しい申し出を口に出すことができるものなのだろうか。

    著者プロフィール

    小田嶋 隆

    小田嶋 隆(おだじま・たかし)

    コラムニスト

    1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、小学校事務員見習い、ラジオ局ADなどを経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

    アクセスランキング