• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

吉野 次郎(よしの・じろう)

日本経済新聞社記者

吉野 次郎

1990年に創立した慶応義塾大学湘南藤沢キャンパス(環境情報学部)の1期生。1996年、日経BPに入社し、日経コミュニケーションや日経ニューメディア編集部で通信業界や放送業界を取材。2007年から日経ビジネス編集部で電機業界や自動車業界、企業の不祥事を担当。2015年4月から日本経済新聞社電子編集部に出向中。産業、経済事件を中心に取材・執筆する。

◇主な著書
テレビはなぜインターネットが嫌いなのか』(日経BP) 2006
なぜ2人のトップは自死を選んだのか JR北海道、腐食の系譜』(日経BP) 2014
2020狂騒の東京オリンピック 稼げなければ、メダルは穫れない』(日経BP) 2015

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 拙著『2020狂騒の東京オリンピック 稼げなければ、メダルは穫れない』を発売しました。東京五輪を控えた、日本スポーツ界のルポルタージュです。明治初期に英国から日本に伝わった「スポーツによる金もうけを不浄」とする価値観が、市場の成長を阻んでいます。スポーツ市場の日米格差は20対1まで開きました。プロ野球界、高校野球界、サッカー界、柔道界、永田町などを広くを取材し、19世紀のアマチュアリズムにしがみつく旧勢力と、古い価値観に囚われない新勢力のせめぎ合いを描きます。古い観念から脱し、スポーツの経済的対価を最大化することそ、最強のアスリート支援です。

青島健太「スポーツ社会学」

大谷選手のベース掃きと羽生選手のゴミ拾い

2018年4月28日(土)

羽生結弦選手の祝賀パレードに集まったファンと米大リーグ、大谷翔平選手の共通点とは(写真:坂本 清/アフロ)

 活躍を続けるロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手(23歳)。スポーツライターという仕事柄、主にピッチングや打撃について、技術的な側面から彼のプレーを考えることが多いのだが、米大リーグでのデビュー以来、彼の所作で気になっていることがある。

 それはプレーとはまったく関係のないことだが、いずれ米国のメディアもその「些細な行動」を取り上げるのではないかと思っている。いや、もしかするとそんなことにはまったく頓着せずに、ずっとスルーされたままになるのかもしれないが…。

 本当に些細なことだ。彼がバッターボックスに入ると、ホームプレート上にある土や泥を必ず自分で拾って(あるいはそれを手で掃いて)、ホームベースをきれいにしてからピッチャーに向かっていくのだ。

 日本の主審は、新しいバッターが打席に来るたびに、小さなハケでベースを掃くが、米国の審判がベースを掃くところをあまり見ない。もちろん、ホームインしたランナーのスパイクについた土がホームベースに大きく残っている時には、日米を問わずこれをきれいにするのも審判の仕事だが、米国の審判の方が、きっと大らかなのだろう。細かい土が残っていることなど気にしない?

 大谷選手が打席に入ってこれを見つけると、必ず自分でベース上をきれいにしているのだ。私の見るところ、1試合に1回2回はやっている印象だ。

 これは、打席に行っても大谷選手がつねに周囲に目を配り、いつでも冷静にプレーしている証拠でもあるのだが、一方で私は、この行動に日本人の繊細さときれい好きがよく表れていると思い、ある種の共感をもって大谷選手のこの「清掃活動」を眺めている。

 次の話題は、大谷選手の故郷でもある東北での出来事だ。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

アパレル業界のトップには60~70代の方が多く、新しいデジタルマーケティングに全く付いていけていません。

石川 康晴 ストライプインターナショナル社長兼CEO