• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

山根 一眞(やまね・かずま)

ノンフィクション作家/獨協大学経済学部特任教授

山根 一眞

1972年獨協大学外国語学部卒業。情報の仕事術、先端科学技術、地球環境問題、生物多様性、災害・防災などの分野で取材・執筆活動を継続。ベストセラー『小惑星探査機はやぶさの大冒険』は渡辺謙主演で映画化(東映)された。NHKの外部キャスターのほか、北九州市博覧祭、愛知万博、国民文化祭福井などでプロデューサーもつとめた。
東日本大震災後、大指復興アクションを立ち上げ、被災漁村(宮城県北上町)に夢の施設「大指十三浜こどもハウス」を竣工させた。
JAXA嘱託、宇宙科学研究所宇宙探査委員、理化学研究所相談役、計算科学研究機構(スパコン「京」)運営諮問委員、福井県文化顧問、日本生態系協会理事、KU-MA(子ども・宇宙・未来の会)理事。日本文藝家協会会員。

◇主な著書
小惑星探査機はやぶさの大冒険』(マガジンハウス) 2011年
メタルカラー烈伝 温暖化クライシス』(小学館) 2006
メタルカラー烈伝 鉄』(小学館) 2008

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 ノンフィクションの執筆に入ると、毎日見る夢に原稿にすべき文章が出てきます。脳の興奮状態が寝ても覚めても続くという感じです。ノンフィクション作品は、まず事実を取材や文献調査で徹底して集めながら、それらの断片をつなぎ合わせストーリーを描くのですが、調べれば調べるほど謎の暗黒部分が見えてきます。執筆を始めると、その暗黒部分に突然、光がさす物語が突然みえてきます。その時の感動や興奮は、生きていてよかったと思うほどすばらしいのです。

 ノンフィクションは徹底して「事実」を探し出さねばならないため取材や調査、執筆に時間がかかるのが悩みではありますが。

 こういう「事実」を徹底して探る仕事の方法、それら事実の断片をどう構成して「真実」を見出すのかは、ひとつの「技術」です。

 獨協大学では特任教授として年間、およそ60の講義を行っていますが、学生たちには取材で得た最新情報を自ら撮影した映像と写真で報告、同時にノンフィクションの「技術」も伝授しています。こういう取材・調査の方法、得た情報の整理と構成、それらからの真実や課題の発見、そしてレポートの作成は、企業人、社会人としても必須の技術です。しかし、こういう技術を学ぶ機会がないまま社会人となっている若い世代も多いという印象です。

 「日経ビジネスオンライン」では、「ポスト3.11日本の力」に加えて新コラム「山根一眞の『よろず反射鏡』も加わり2連載となりました。今後は、「ポスト3.11日本の力」では東日本大震災に関するテーマをコアに災害復興のありようや巨大災害の科学や技術を中心にとりあげ、「よろず反射鏡」はそれ以外の幅広いテーマを書き記していきます。どうぞ、よろしくお願いいたします。

山根一眞のポスト3・11 日本の力

東京震災、都心を囲む「火炎ドーナツ」に備えよ

2017年1月24日(火)

前回から読む)

2016年12月26日、新幹線ホームから日没後の「糸魚川駅北火災」の現場を望遠レンズで撮影。明るい場所はインフラ復旧工事現場だ。その向こうが日本海。(写真・山根一眞)

 糸魚川大火の焼け跡を前に記憶がまざまざと蘇ったのが、22年前の阪神・淡路大震災、神戸市長田区、菅原通りアーケードの焼け跡だった。

 1995年1月21日、地震発生から5日後に神戸入りした私は、焼け落ちたアーケードを歩き、突き当たりの神戸市立御蔵小学校の避難所で被災した方々と会った。
 その一人が、こう話した。

 「潰された家の下にオバちゃんがいて救助を求めていたので、駆けつけました。でも柱などがとりのぞけないところに火が迫って、助けて!助けて!という声を出しながら炎に包まれてしまい、助けられなかった……」

1995年1月17日、午前5時46分に発生した兵庫県南部地震では神戸市全市で175件、長田区だけでも27件の火災が発生、全市で81万9108平方m(約25万坪)、長田区だけでも52万3546平方m(約16万坪)が焼損。全市で全焼・半焼は7000棟超、長田区で4800棟以上にのぼった。(写真3点とも8ミリビデオ映像からのキャプチャ、撮影・山根一眞)

活断層地震と大火

 私は巨大地震による大火の怖さに衝撃を受け、人生の価値観が変わった。
 災害、防災を大きなテーマとするようになった。
 巨大災害の現場に駆けつけることを続け、専門家による研究成果を伝えるのが使命と自らに課してきたのは、この22年前の経験が原点なのである。

 ちなみに熊本地震では、活断層の専門家である東北大学災害科学総合研究所教授、遠田晋次さんの調査に同行したが、これが契機となって、先日、遠田さんによる『活断層地震はどこまで予測できるか 日本列島で今起きていること』が出版されたのはその一例だ。

『活断層地震はどこまで予測できるか』(講談社・ブルーバックス)は、糸魚川大火の2日前に発売された。(写真・山根一眞)

 遠田さんは、「兵庫県南部地に続き熊本地震と2度も巨大地震後の活断層を見たが、生涯に2度もこういう経験をしたのは活断層学者としては奇跡」と、語っていたが、やはり神戸・淡路島が原点のひとつなのだ。

 その阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)について私は、2015年1月に本コラムで以下の記事を書いた。

【私にとっての阪神・淡路大震災20年】
(1)20年前の震災を忘れない…「ビデオ30分」の悔恨とポン引きの声と
(2)忘れない…震災1年後の神戸の夜、悲しみの先に見た光を
(3)伝えたい…阪神高速28km、震災後20ヶ月「超高速復旧」の真実

 淡路島、そして神戸の地下を引き裂いた活断層による巨大地震では火災が多発したが、長田区の火災発生件数は神戸全市の約15%にすぎなかった。しかし、焼損床面積では64%と圧倒的に被害が大きかった。それは、糸魚川大火と同じように木造住宅の密集地だったからだとされる(長田区の死者は921人、全市の2割)。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧