• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

御立 尚資(みたち・たかし)

ボストン コンサルティング グループ シニア・アドバイザー

御立 尚資

京都大学文学部卒。米ハーバード大学経営学修士(MBA with High Distinction)。
日本航空を経てボストン コンサルティング グループ(BCG)に入社。BCG日本代表、グローバル経営会議メンバー等を歴任。
国連WFP協会 理事、京都大学客員教授、複数の企業の社外取締役・NPOの理事も務めている。

■ボストン コンサルティング グループ ウェブページ

◇主な著書
使う力 知識とスキルを結果につなげる』(日本経済新聞出版社) 2013
変化の時代、変わる力 続・経営思考の「補助線」』(日本経済新聞出版社) 2011
戦略「脳」を鍛える』(東洋経済新報社) 2003

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

御立尚資の帰ってきた「経営レンズ箱」

“地味”だが重要な変化を見逃さない

2017年10月16日(月)

地味だが重要な変化が積み重なって、いつのまにか世界が変貌していることに気づくこともある。(写真:PIXTA)

 地味で、ゆっくりとした変化は、目に見えにくい。したがって、気をつけていないと、自分が常識だと思っていることが、過去は正しかったのだが、現在ではまったく事実に反する「大間違い」になっているかもしれない。そんなことを考えさせてくれるデータがあった。

 下に掲載した図1は、小学生や中学生のうち、むし歯がある生徒の割合の推移だ(文部科学省:平成28年度学校保健統計調査より)。たとえば、既にほとんどの歯が永久歯にはえかわっているであろう中学生の場合、1979年度(昭和54年)には、94.5%の生徒にむし歯があったのが、2016年度(平成28年)には37.5%に激減している。

出所: 文部科学省 平成28年度 学校保健統計調査

 この数字には、むし歯になり、治療を済ませた人たち(2016年度で21.0%)も含まれている。逆に言うと、まったくむし歯になっていない生徒(62.5%)と治療済の生徒(21.0%)を合計すれば、調査時点でむし歯の問題を抱えていない中学生が8割以上にもなる、ということだ。

ゆっくり、しかし着実に世の中は変わる

 恥ずかしながら、自分の小中学生時代を考えると、とてもあり得ない感じだ。毎年、歯科検診のたびに、大抵むし歯が発見されていた気がするし、そうでなくとも痛んだり詰め物がとれたりして、一年に一回以上は、歯医者に通っていた記憶がある。同級生も、外から見てもわかる程度に、どこかしら歯に詰め物をしていたのが大部分だった。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官