• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

武田 安恵(たけだ・やすえ)

日経ビジネス記者

武田 安恵

2006年東京大学大学院学際情報学府修了。専門はジャーナリズム、メディア論。日経ホーム出版(2008年に日経BPと合併)に入社。日経マネー編集部にて個人向けの投資やマネープランに関する情報を提供する。2011年4月より現職。マクロ経済、金融、マーケット担当を経て現在は百貨店、ホテル、レジャー業界なども担当する。特技は空手(松涛館流2段)。

◇主な著書
私のマネー黄金哲学』(日経BP出版センター) 2010

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 家事と育児、仕事の両立に行き詰った時に読み返す本があります。柏木博著『家事の政治学』(青土社)初めて読んだのは学生時代ですが、読むたびに新鮮な発見がある本です。内容を簡単に紹介すると、生活者にとっては究極ともいえる「家事の省力化」という課題に近代以降の人々はどう取り組んできたのかを歴史社会学的な視点から追った本です。しかし結局のところ、家事を「生活の営み」とみなすのか「労働」として考えるのか。この問題に行き着くのではないでしょうか。

 家事は、近代以降に生まれた概念ともいえます。資本主義が発達した近代以降、人々は労働者として外で働いて賃金を得て、その賃金で生活に必要なものを購入するようになりました。労働そして消費が対となって資本主義システムが機能するわけです。しかし、このシステムに組み込まれなくなったのが「家事」です。近代以前の自給自足の生活では、食糧を得て料理する、裁縫、住まいのメンテナンスなどといったことは「生きるための労働」でした。それが近代以降の賃金労働は必ずしも生きるための労働ではなくなったため、生活維持に必要な一連の作業が「家事労働」という形で発生するのです。

 問題は「誰がやるか」ということです。我が家は共働きですが、どうしても負荷は私にかかってきます。このやるせなさを解消するために時々私は『家事の政治学』を読み、考えるのです。家事とはなんぞや・・・。

 

ニュースを斬る

星野リゾート、都心の日本旅館は世界への試金石

2016年7月21日(木)

 温泉旅館やリゾートホテルの運営を手掛ける星野リゾート(長野県軽井沢町)は、7月20日、東京・大手町に日本旅館「星のや東京」を開業した。

 周囲のオフィスビルとは少々異質な、黒くそびえ立つ18階建てのビル。一棟がまるごと旅館で、1階の玄関でスタッフが出迎え、宿泊客は靴を脱いで館内に入る。客室は全84室、露天風呂付きの大浴場には温泉を引いた。1泊1室7万8000円(消費税およびサービス料10%込み、食事別)からとなっている。

7月20日に東京・大手町に開業した「星のや東京」。黒い外観が特徴だ。 1階の自動ドアの先にある玄関で、靴を脱ぐ。高い天井と竹などの素材を使った下駄箱に圧倒される(写真:陶山勉、以下同)

 星野リゾートはこれまで、「星のや」「界」「リゾナーレ」といった3つのブランドを中心に展開し、現在運営するのはこの星のや東京で35施設となる。従来、立地はいずれも観光地で、都心での開業は初だ。

 大手町を含む丸の内周辺は海外旅行者に人気の観光エリアでもあり、また、周囲には、高い知名度を誇る海外資本のホテルも多くある。星野佳路代表は、「運営会社として自立していくためには、世界の競合と戦わなくてはいけない。まずは東京のど真ん中で、ホテルではなく『日本旅館』で勝負する」と意気込みを語る。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授