• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

加藤公一レオ(かとうこういちれお)

株式会社 売れるネット広告社 代表取締役社長

加藤公一レオ

1975年ブラジル・サンパウロ生まれ、アメリカ・ロサンゼルス育ち。
西南学院大学経済学部卒業後、三菱商事に入社。その後、Havas Worlwide Tokyo、アサツーディ・ケイ(ADK)にて、一貫してネットビジネスを軸としたダイレクトマーケティングに従事し、担当した全てのクライアント(広告主)のネット広告を大成功させる。
その実践経験とノウハウをもとに、ネット広告のレスポンスを確実にアップさせてしまうため、クライアント企業から『レスポンスの魔術師』との異名をとる。
1000社以上が導入している通販企業(広告主)向けツール(ASP)の『売れるネット広告つくーる』を監修。 『アドテック東京』『アドテック九州』『宣伝会議』『日経デジタルマーケティング』『通販新聞』など講演多数。
『九州インターネット広告協会』の初代会長も務めた。
著書に『単品通販“売れる”インターネット広告』(日本文芸社)。
やずやベストパートナー賞 受賞。
Webクリエーション・アウォード Web人貢献賞 受賞。
アドテック東京 2012 公式カンファレンス 人気スピーカー“1位”。
アドテック九州 2013 公式カンファレンス 人気スピーカー“1位”。

◇主な著書
単品通販“売れる”インターネット広告』(日本文芸社) 2007

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

【LEOから経営者のみなさまへ“役に立つ”お知らせ】

『売れるネット広告社』加藤公一レオの【無料セミナー】を行っています!

 http://www.ureru.co.jp/leoseminar

目覚めよ経営者! 戦うネットマーケッター「LEO」

Amazon Payの定期受注機能活用で成約率アップ!

2017年5月30日(火)

 「ブラウザやデバイスの機能か、あるいは第三者機関によるサービスなのか、EC(電子商取引)のユーザーが“ワンクリック”でどんな商品でも購入できるようになったらECの世界は変わる。これまでの何十倍の規模になる」

 2013年時点で、とある取材を受けたとき、私はこのように答えたことがある。この予測が今、定期受注機能を持つ「Amazon Pay」の台頭により、現実味を帯びてきた。EC市場の起爆剤となるイノベーションが始まろうとしているのだ!

ネット通販でネックだった個人情報の入力の手間が軽減されれば、EC市場の起爆剤となる。(©Burmakin Andrey-123RF)

アドテク20年来の技術革新を上回る画期的機能が続々と!

 私が2013年から示していたEC市場拡大の条件は2つあった。

 一つは、ブラウザがオートコンプリート機能をもつこと。一度ブラウザで申込フォームに自分の個人情報を入れれば、ECサイトに行ったとき、自動的に登録した情報をフォーム入力してくれる。これは、ブラウザだけでなく、テレビ、パソコン、スマートフォンなど、個人情報を持たせることができるデバイス側でも実現できる可能性がある。

 もう一つは、JADMA(日本通信販売協会)のような第三者機関が、通販会社が利用できる個人情報のデータベースを構築すること。ECサイトで商品を購入しようとするユーザーの情報が、このデータベースを基に申込フォームへ反映されることによって、ユーザーが“ワンクリック”で申込みが可能な仕組みができる。

 アドテク全盛期とも言えるこの20年間、ユーザーは色んなネット通販のサイトで個人情報を何度も入力してきたが、これがECサイトにとってネックだった。申込フォームの入力が完全に自動化されれば、EC市場の規模は爆発的に拡大すると考えていた。

 まさに今、これが実現されそうな流れが生まれている。そう、起爆剤となったのは2016年のEC業界のホットトピックスとなった定期受注機能を持つ「Amazon Pay」の台頭である。

定期受注機能を持つ「Amazon Pay」の普及が進む日本のEC業界

 総合オンラインストアAmazon.co.jp(以下、Amazon)が発表した「Amazon Pay」のリリースが、2016年のEC業界の話題をかっさらったのは記憶に新しい。ユーザーのAmazonアカウントに登録された配送先やクレジットカードの情報が販売事業者サイトでも利用可能であるため、ユーザーにとっては定期商品の購入に必要な個人情報を入力する手間が要らず、スピーディーに注文を完了できるようになった。これにより、カート離脱率(商品をカートに入れても購入までには至らないユーザーの割合)の改善につながると、販売事業者は大きな期待を寄せていた。

 Amazonが発表したこの新たなサービスは、ここ数年間の間で最もインパクトのあるEC業界のニュースと言える。Amazon以外の主要なECカートシステムは、Amazon Payとの連携に向けた取り組みに忙しい。例えばecbeingやFutureShop、EC-CUBEといった、業界屈指の主要ECカートシステムが名を連ねている。Amazonの発表によると、Amazon Payと連携したECカートシステムの実績数は、日本での提供開始後16か月で1000社以上となった。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員