• ビジネス
  • xTECH
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.,保健学)、気象予報士

河合 薫

1988年、千葉大学教育学部を卒業後、全日本空輸に入社。気象予報士としてテレビ朝日系「ニュースステーション」などに出演。2004年、東京大学大学院医学系研究科修士課程修了、2007年博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。長岡技術科学大学非常勤講師、東京大学講師、早稲田大学非常勤講師などを務める。医療・健康に関する様々な学会に所属。

◇主な著書
上司と部下の「最終決戦」』(日経BP) 2012
なんかうまくいかない人間関係の悩みがなくなる本』(日本実業出版) 2011
<他人力>を使えない上司はいらない! 』(PHP) 2009

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 「やりたい!っと思ったことは全部やる」「会いたい!っと思ったら会いに行く!」。これからはそうやって生きようと決めたのは、今年の初め。「十分好き勝手に生きてるでしょ?」と友人からはあきれられましたが、私なりに我慢したり、難しいなぁーっとためらっていたこともあったのであります。そこで今年は着々と『やりたいことリスト』消化中です。リストは、文化、社会、自然、人、暮らしの5分野に分かれていまして、先日は自然分野の「しまなみ海道自転車走破」を達成いたしました!

 朝一で松山に飛び、今治で自転車をレンタルしてスタート。渦潮に感動し、坂道をヘトヘトになりながら立ち漕ぎで乗り越え、下りは時速100キロ(かなり盛ってます)のジェットコースター。行き交う人たちは「こんにちは」とみーんな笑顔。サンセットビーチで夕陽を見て、生口島の旅館に宿泊。タコ、タコ、タコ、鯛、鯛、鯛の魚だらけの夕食に大満足。翌日も自転車漕ぎ漕ぎ、最後はフェリーで尾道へ。尾道ラーメンとお好み焼きで〆。広島空港から最終便で羽田へゴー。瀬戸内海の美しい島々と、温かい島の人たちと、おいしい食事に大満足ではありましたが、足はヘロヘロで、回復には3日ほどかかりました。 でって、遊びばかりではありません! 社会的活動もスタートさせます。次回はそちらもお話しできる状況になっていると思いますので、どうぞお楽しみに!

河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学

不登校の息子に殺されると怯える妻と夫の距離感

2018年2月20日(火)

 「私…本当に恐かったんです。息子に殺されるんじゃないかって……。だって、包丁を持って振り回すんです。今はやっとこうやって話せるようになりましたけど、私は夫が最終的に協力してくれたので……、まだ恵まれている方なんだと思います」

 それまで元気に学校に通っていた中学一年生の息子が、ある日突然、学校に行かなくなったのは3年前のこと。ごくごく普通の家庭で起きたショッキングな“事件”である。

 家で荒れる息子。当然、母親は仕事に行くことなどできない。某大手企業に勤める夫が帰るのは毎晩22時過ぎ。夫は「なぜ、学校に行かないのか理解できない。甘えているだけじゃないのか」と、息子にも母親にも心を寄せることができず、一時期家庭は、崩壊寸前になった。

 これまでにもビジネスパーソンにインタビューする中で、
「子どものことなんですけど、話を聞いてもらってもいいでしょうか?」
 と恐る恐る我が子の不登校を告白する“父親”や、
「ちょっとプライベートなことで相談に乗ってもらいたい」
 と突然連絡をくれる仕事関係の“父親”たちから、不登校の子どもに苦悩する状況を聞いたことはあった。

 だが今回。“母親”たちから話を聞き、改めて不登校問題の深刻さを痛感した。

 2011年、米国務省のヒラリー・クリントン長官の補佐役として同省政策企画本部長を務めていたアン・マリー・スローターさんが、『Why Women Still Can’t Have It All(女性はなぜ、すべてを手に入れることができないのか?)』という少々刺激的なタイトルの論考を発表し話題となったことがある(参考コラム)。

 スローターさんの14歳の息子は様々なトラブルを起こし、重要な会議の途中で学校から呼び出されるなど「息子が自分を必要としている場面」に何回も遭遇した。そこで彼女は「母の代わりはほかにはいない」と仕事を辞す。自分がやりたかった仕事、やりがいのある仕事、最後までやり遂げたかった仕事ではあったが、「母」であることを選んだのだ。

 スローターさんは「そういった選択をしなければならないアメリカ社会はおかしい」と断言し、社会を変えるべき、と警告した。

 このケースでは「女性と仕事」「母親と子ども」というテクストで語られたけど、「男性と仕事」「父親と子ども」でも同じだ。

 そこで今回のテーマは「不登校のリアル」。「もうウチの子ども大きくなちゃったし…」とか「ワタシは子どもいないし…」などと他人事ではなく、ぜひ一緒に考えてほしいと思います。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

技能実習制度と日本の人手不足を解消することは切り離して考える時期に来ている。

斉藤 善久 神戸大学大学院 国際協力研究科准教授