• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.,保健学)、気象予報士

河合 薫

1988年、千葉大学教育学部を卒業後、全日本空輸に入社。気象予報士としてテレビ朝日系「ニュースステーション」などに出演。2004年、東京大学大学院医学系研究科修士課程修了、2007年博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。長岡技術科学大学非常勤講師、東京大学講師、早稲田大学非常勤講師などを務める。医療・健康に関する様々な学会に所属。

◇主な著書
上司と部下の「最終決戦」』(日経BP) 2012
なんかうまくいかない人間関係の悩みがなくなる本』(日本実業出版) 2011
<他人力>を使えない上司はいらない! 』(PHP) 2009

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 「やりたい!っと思ったことは全部やる」「会いたい!っと思ったら会いに行く!」。これからはそうやって生きようと決めたのは、今年の初め。「十分好き勝手に生きてるでしょ?」と友人からはあきれられましたが、私なりに我慢したり、難しいなぁーっとためらっていたこともあったのであります。そこで今年は着々と『やりたいことリスト』消化中です。リストは、文化、社会、自然、人、暮らしの5分野に分かれていまして、先日は自然分野の「しまなみ海道自転車走破」を達成いたしました!

 朝一で松山に飛び、今治で自転車をレンタルしてスタート。渦潮に感動し、坂道をヘトヘトになりながら立ち漕ぎで乗り越え、下りは時速100キロ(かなり盛ってます)のジェットコースター。行き交う人たちは「こんにちは」とみーんな笑顔。サンセットビーチで夕陽を見て、生口島の旅館に宿泊。タコ、タコ、タコ、鯛、鯛、鯛の魚だらけの夕食に大満足。翌日も自転車漕ぎ漕ぎ、最後はフェリーで尾道へ。尾道ラーメンとお好み焼きで〆。広島空港から最終便で羽田へゴー。瀬戸内海の美しい島々と、温かい島の人たちと、おいしい食事に大満足ではありましたが、足はヘロヘロで、回復には3日ほどかかりました。 でって、遊びばかりではありません! 社会的活動もスタートさせます。次回はそちらもお話しできる状況になっていると思いますので、どうぞお楽しみに!

河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学

ジジイ問題に“大ジジイ”が答える?!

2017年10月17日(火)

『他人をバカにしたがる男たち』が好評のうちに五刷を迎えた河合薫さん。河合さんが「どうしてもお会いしたい」と駄々をこねていたのが、オリックスの宮内義彦シニア・チェアマンだ。「他人をバカにしたがる“ジジイ”は既得権益にあぐらをかく人々に、私は下から目線で噛みついているんだけど、宮内さんは経営者目線で斬り込んできた方。だから、ぜひ意見を伺ってみたい」とのこと。「ばっさり切られても、それはそれで記事にして下さいね」と河合さんに念押ししてからお願いしたら、なんと、OKをいただいてしまいました…。
宮内義彦(みやうち・よしひこ)氏。
オリックス シニア・チェアマン。1960年8月日綿實業株式会社(現 双日株式会社)入社。64年4月オリエント・リース株式会社(現 オリックス株式会社)入社。70年3月取締役、80年12月代表取締役社長・グループCEO 、2000年4月代表取締役会長・グループCEO 、03年6月取締役兼代表執行役会長・グループCEO、14年6月シニア・チェアマン(現任)。著書に『私の経営論』『私の中小企業論』(日経BP社)ほか。(写真:大槻 純一、以下同)

河合 薫(以下河合):本日はお忙しいところありがとうございます。「宮内さんと対談したい!」と担当編集者にダメもとで言ってみたら、即オッケーがきて……正直驚いています。

宮内 義彦 オリックス シニア・チェアマン(以下宮内):ええ、どうも。恐れ入ります。いやね、私も「なんで私なのかなぁ?」と思いましてね。でも、なにか面白そうなのでお会いしようと(笑)。

河合:はい、なにか緊張気味でいや~な汗が出てるんですけど。ちょっと失礼な質問もあるかもしれませんけど……お勉強させていただきます。

宮内:こちらが、試験を受けているようですけれどね(笑)。

河合:す、すみませんというか、ありがとうございます。

 実は、2年ぐらい前に宮内さんが田原総一朗さんと対談している記事を拝見させていただきまして。こちらのコラムでも取り上げさせていただいたんです。(「経営者をクビにできる社会に?!」 “大物”の正社員解雇論の深意)。

 その中で特に私が興味を持ったのは、宮内さんの組織内にある「既得権益」についてのお話でした。

 今回、私が上梓した『他人をバカにしたがる男たち』のメインテーマは、その「既得権益」をリソース(対処資源)としている人たちなんです。一言でいうと、既得権益を振り回すような「ああはなりたくないなぁ」と思う人にならないためにはどうしたらいいのか? について、他人をバカにしたがる人=本書で言う“ジジイ”を反面教師に綴っています。

 しかしながら、それらは組織を下から(部下目線)、横から(同僚目線)、つまりは私の専門性の立場から捉えた内容です。宮内さんには是非とも組織を上から見おろす視点で、拙著での“ジジイ”、既得権益にしがみつく人についてのご意見をいただきたい、と考えております。

宮内:ジジイ問題に、“大ジジイ”が答える、という筋立てですか(笑)。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官