• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.,保健学)、気象予報士

河合 薫

1988年、千葉大学教育学部を卒業後、全日本空輸に入社。気象予報士としてテレビ朝日系「ニュースステーション」などに出演。2004年、東京大学大学院医学系研究科修士課程修了、2007年博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。長岡技術科学大学非常勤講師、東京大学講師、早稲田大学非常勤講師などを務める。医療・健康に関する様々な学会に所属。

◇主な著書
上司と部下の「最終決戦」』(日経BP) 2012
なんかうまくいかない人間関係の悩みがなくなる本』(日本実業出版) 2011
<他人力>を使えない上司はいらない! 』(PHP) 2009

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 「やりたい!っと思ったことは全部やる」「会いたい!っと思ったら会いに行く!」。これからはそうやって生きようと決めたのは、今年の初め。「十分好き勝手に生きてるでしょ?」と友人からはあきれられましたが、私なりに我慢したり、難しいなぁーっとためらっていたこともあったのであります。そこで今年は着々と『やりたいことリスト』消化中です。リストは、文化、社会、自然、人、暮らしの5分野に分かれていまして、先日は自然分野の「しまなみ海道自転車走破」を達成いたしました!

 朝一で松山に飛び、今治で自転車をレンタルしてスタート。渦潮に感動し、坂道をヘトヘトになりながら立ち漕ぎで乗り越え、下りは時速100キロ(かなり盛ってます)のジェットコースター。行き交う人たちは「こんにちは」とみーんな笑顔。サンセットビーチで夕陽を見て、生口島の旅館に宿泊。タコ、タコ、タコ、鯛、鯛、鯛の魚だらけの夕食に大満足。翌日も自転車漕ぎ漕ぎ、最後はフェリーで尾道へ。尾道ラーメンとお好み焼きで〆。広島空港から最終便で羽田へゴー。瀬戸内海の美しい島々と、温かい島の人たちと、おいしい食事に大満足ではありましたが、足はヘロヘロで、回復には3日ほどかかりました。 でって、遊びばかりではありません! 社会的活動もスタートさせます。次回はそちらもお話しできる状況になっていると思いますので、どうぞお楽しみに!

河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学

まさか俺が…追い出し部屋行きは“運”かもね?

2017年4月25日(火)

 先週、週刊現代の「三越伊勢丹『恐怖の追い出し部屋』でいま起きていること」という記事がネット(「現代ビジネス」)で公開された。

 三越伊勢丹といえば、大西洋前社長が「解任」されたばかり。個人的には大西さんが社長に就任してからの三越伊勢丹は、いい意味で「ちょっと変わったなぁ」と感じていたのでショックだった。

 2014年4月に公開された「伊勢丹タンタン」は見てるだけで楽しかったし、営業時間の短縮、2月・8月の定休日、新年3日初売りなど、「社員が元気じゃなきゃ、いいサービスはできない」という考え方には至極共感していたのだ。

 その大西体制が崩壊した直後の「社内一掃セール」(記事から引用してます)。

 私自身、記事の冒頭を読み始めたときは「マジ?? 恐っ!」と思わず呟いてしまったし、ネットの反応も「ひどい」「不買運動だ!」「買い物が楽しくなくなるよ」などなど否定的なものがほとんどだった。

 でも、記事を読み進めて行くうちに、以前、インタビューしたある会社(三越伊勢丹ではありません)の、役員の方が言っていたことを思い出した。

 「追い出し部屋に行かされるのは、出来の悪い社員とは限らない。そのときの上司との関係や仕事への考え方の違いがきっかけになることもある。なんていうのかなぁ。要は、“運”みたいことがあってね。そうね、運なんですよね」と。

 というわけで、今回は「追い出し部屋に行かされるのは、“運”しだいかもね?」というテーマで、アレコレ考えてみようと思う。

あなたはどう見る、「追い出し部屋」

 まずは記事に書かれていた、「追い出し部屋」に関する内容のみ簡単に紹介する(以下、私の視点で要約させていただきます。元記事はこちら→「三越伊勢丹『恐怖の追い出し部屋』でいま起きていること」)。

 4月1日に、人事部付の「サポートチーム」という新部署ができ、部長クラスから30代まで、総勢50人以上に異動の辞令が下りた。異動と共に降格された人が多く、部長は管理職をはずされ100万円近く年収が減る人もいるのだという。

 新部署はビルのワンフロアで、

・20~30脚の椅子、PC4台、キャビネットが設置、
・部屋は私物置き場と、連絡の場としてのみ利用可。

 また、

・仕事は旗艦店3店舗での販売応援で(お客様の整列、棚の整理など)
・辞令のメールには「今後の会社人生について考えるよう促す」個人面談にも言及していた。

 同僚がサポートチームに追いやられた社員によると……、

 「サポートチームに追いやられた同僚は、さっそく三越日本橋本店の売り場の『お手伝い』をさせられた。お得意様の営業をやっていた奴が、新入社員がやるような棚の整理なんかをやらされる。『なんで俺なんだよ。もっとほかに来るべき奴がいるだろ』と嘆いていた」

 とのこと。
 さらに、

 「大西さんの退陣と同時に大西派の幹部も一斉に粛清したので、社内の“大西派”の社員は、追い出し部屋に戦戦恐恐としている。同期に一割しかなれない部長職まで上りつめても追い出し部屋に行かされたのは、『どんな役職の人間も容赦はしない』というメッセージだ。せっかく出世しても、ついていた上司を間違えただけで左遷かと思うと、やるせない」

 とコメント。

 ちなみに同社は週刊現代の取材に対し、

 「各部署への適正な要員配置と生産性向上のため導入。従業員の雇用確保を大原則としている」と、追い出し部屋を否定している。

 さて、この“在庫一掃セール”、どうなんでしょ?

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授