• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.,保健学)、気象予報士

河合 薫

1988年、千葉大学教育学部を卒業後、全日本空輸に入社。気象予報士としてテレビ朝日系「ニュースステーション」などに出演。2004年、東京大学大学院医学系研究科修士課程修了、2007年博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。長岡技術科学大学非常勤講師、東京大学講師、早稲田大学非常勤講師などを務める。医療・健康に関する様々な学会に所属。

◇主な著書
上司と部下の「最終決戦」』(日経BP) 2012
なんかうまくいかない人間関係の悩みがなくなる本』(日本実業出版) 2011
<他人力>を使えない上司はいらない! 』(PHP) 2009

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 「やりたい!っと思ったことは全部やる」「会いたい!っと思ったら会いに行く!」。これからはそうやって生きようと決めたのは、今年の初め。「十分好き勝手に生きてるでしょ?」と友人からはあきれられましたが、私なりに我慢したり、難しいなぁーっとためらっていたこともあったのであります。そこで今年は着々と『やりたいことリスト』消化中です。リストは、文化、社会、自然、人、暮らしの5分野に分かれていまして、先日は自然分野の「しまなみ海道自転車走破」を達成いたしました!

 朝一で松山に飛び、今治で自転車をレンタルしてスタート。渦潮に感動し、坂道をヘトヘトになりながら立ち漕ぎで乗り越え、下りは時速100キロ(かなり盛ってます)のジェットコースター。行き交う人たちは「こんにちは」とみーんな笑顔。サンセットビーチで夕陽を見て、生口島の旅館に宿泊。タコ、タコ、タコ、鯛、鯛、鯛の魚だらけの夕食に大満足。翌日も自転車漕ぎ漕ぎ、最後はフェリーで尾道へ。尾道ラーメンとお好み焼きで〆。広島空港から最終便で羽田へゴー。瀬戸内海の美しい島々と、温かい島の人たちと、おいしい食事に大満足ではありましたが、足はヘロヘロで、回復には3日ほどかかりました。 でって、遊びばかりではありません! 社会的活動もスタートさせます。次回はそちらもお話しできる状況になっていると思いますので、どうぞお楽しみに!

河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学

「女は大学行くな」で考える男の言い訳

2018年4月17日(火)

しんどさを乗り越える強さを人間は持っている。そして乗り越えられた時に「変革の担い手」になれる(写真=Asia Images/アフロ)

 今回は「ミドルたちのこれから」についてアレコレ考えてみる。

 突然ですが、 
 「あなたはあなたを知っているか?」 そして、 「あなたは変革を担っているだろうか?」

「もう50年以上自分と付き合ってるんだから、知ってるも何もないだろ?」
「少なくとも会社での自分のポジションは、よ~くわかっているぞ(苦笑)」
「そうそう。オレたちの時代は終わったってことは知ってる(笑)」
「あとは下の世代に迷惑かけないように、息を潜めるだけ」
「こんな自分でもさ~、若いときは色々夢見たけどね」
「かっこつけて起業とかしても、あんまり上手くいってるヤツいないしな~」
「まぁ、給料減っても65歳までは一応いられるんで」

 ……なんてことを思っているのであるまいか?

 実は冒頭のメッセージの発信者は、神戸女学院大学と津田塾大学。
 言うまでもなくどちらも女子大である。つまり、これらは若い女性たちに送ったもの。が、私は「私たちの世代」へのメッセージとして受け止めるべきと感じた。  少なくとも私は自問した。「私は私をホントに知っているのか? 私は変革を担っているか?」と。

 例えば、こちらが神戸女学院大のメッセージの全文である。

 JRと阪急電車の車内広告に掲載されているので、ご覧になった方もいるかもしれない。
 「女は大学に行くな、」とは、数年前に物議をかわした曽野綾子さんの「女は子どもができたらお辞めなさい」(忘れちゃった方はこちらをどうぞ)を彷彿させるコピーだが、全文を読めば全く真意が異なることがわかる。

 大学の広報担当者はWebニュースのインタビューに、次のように話している。

 「伝えたいのは『正解がない。その不確かさを、不安ではなく、自由として謳歌するために。』というところです。
 大学時代だけではなくその後の人生においても学び続けていってほしいと願っています」

○当たり前に囚われる存在(=ジジイ)が、会社の残念度合いを上げる。
 痛快でありながら、「自然とそうなる」階層組織の闇に恐怖すら感じました。 「ウソをつく」「無責任」「頑迷」でありながら自覚がない、悪気もない存在を  どう処していくのか、考えさせられます」

(一般企業勤務 40代)

○現場、人間に対するリスペクト、その可能性を信じている著者の一貫した想い、
 愛情が伝わってきました。本書で書かれていた「合言葉」と「道具 」、 「仕事の意義、価値の伝道師」が教育担当を務める私の行動指針であることを教えていただき、 改めて自分のスタンスが確認でき、勇気をいただきました。」

(早期退職後再就職 56歳)

本書は、

  • 自分は責任感が強い!
  • 自分は女子力は高い!
  • 自分は会社や上司に一切不満がない!
という人には役に立たない本です。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

若手社員に現場力を身に付けさせるため、 「修羅場、土壇場、正念場」を 経験するように促しています。

飯島 彰己 三井物産会長