• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.,保健学)、気象予報士

河合 薫

1988年、千葉大学教育学部を卒業後、全日本空輸に入社。気象予報士としてテレビ朝日系「ニュースステーション」などに出演。2004年、東京大学大学院医学系研究科修士課程修了、2007年博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。長岡技術科学大学非常勤講師、東京大学講師、早稲田大学非常勤講師などを務める。医療・健康に関する様々な学会に所属。

◇主な著書
上司と部下の「最終決戦」』(日経BP) 2012
なんかうまくいかない人間関係の悩みがなくなる本』(日本実業出版) 2011
<他人力>を使えない上司はいらない! 』(PHP) 2009

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 「やりたい!っと思ったことは全部やる」「会いたい!っと思ったら会いに行く!」。これからはそうやって生きようと決めたのは、今年の初め。「十分好き勝手に生きてるでしょ?」と友人からはあきれられましたが、私なりに我慢したり、難しいなぁーっとためらっていたこともあったのであります。そこで今年は着々と『やりたいことリスト』消化中です。リストは、文化、社会、自然、人、暮らしの5分野に分かれていまして、先日は自然分野の「しまなみ海道自転車走破」を達成いたしました!

 朝一で松山に飛び、今治で自転車をレンタルしてスタート。渦潮に感動し、坂道をヘトヘトになりながら立ち漕ぎで乗り越え、下りは時速100キロ(かなり盛ってます)のジェットコースター。行き交う人たちは「こんにちは」とみーんな笑顔。サンセットビーチで夕陽を見て、生口島の旅館に宿泊。タコ、タコ、タコ、鯛、鯛、鯛の魚だらけの夕食に大満足。翌日も自転車漕ぎ漕ぎ、最後はフェリーで尾道へ。尾道ラーメンとお好み焼きで〆。広島空港から最終便で羽田へゴー。瀬戸内海の美しい島々と、温かい島の人たちと、おいしい食事に大満足ではありましたが、足はヘロヘロで、回復には3日ほどかかりました。 でって、遊びばかりではありません! 社会的活動もスタートさせます。次回はそちらもお話しできる状況になっていると思いますので、どうぞお楽しみに!

河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学

過労死は「気の持ちよう?!」…怒

2017年8月22日(火)

 今回は「似て非なるもの」というテーマで、アレコレ考えてみる。

 まずはこちらからご覧いただきたい。

「ストレスで突然死」仕組み解明…マウスで確認(読売新聞)

ストレス起因の胃腸・心疾患、発症の仕組みがわかった!(日刊工業新聞)

「病は気から」メカニズム解明 マウスの脳に炎症 北大研究チーム(朝日新聞)

 各々の見出しを読んで、どう思いますか?

 「読売と日刊工業のは同じ内容だろ?」
 「うん、そんな気がする。だってどっちも過労死の話でしょ」
 「昨日まで元気だった人が、なぜ、心筋梗塞とかで死んじゃうのかってことか」
 「朝日のは心理実験かなんかかな?」
 「う~ん、ネズミにも“病いは気から”なんてあるのか?(笑) すっげ~な~」

 ええ、そうなんです。読売と日刊工業は「過労死(突然死)のメカニズムの解明」を、朝日新聞は、なんと「ネズミちゃんの世界にも“病いは気から”」があって、そのメカニズムが解明されたことを報じたのです。要するに「ネズミの心理実験」です!

 ………というのは、真っ赤なウソ!(朝日新聞さん、すみません)。

 実はこれ。違うのは見出しだけで、中身は全く同じもの。

ストレスの影響についての画期的な研究

 先週、話題となった北海道大学遺伝子病制御研究所の村上正晃教授らの研究グループが、世界で初めて明らかにした「ストレスが臓器の機能を低下させるメカニズム」に関する内容を報じたものだったのである。

 これまでにもストレッサー(ストレスの原因となるさまざまな刺激)に長時間さらされると、生体に変化が起こり、高血圧症、胃・十二指腸潰瘍、糖尿病、心疾患などを発症することは、心理神経免疫学領域の多くの研究で明らかにされてきた。ただ、その分子的なメカニズムは読み解けていなかったため、村上教授らの研究グループが、その解明に挑んでいたのである。

『他人をバカにしたがる男たち』
発売たちまち大増刷決定!!!

●世の男性をいっせいに敵に回しそうなタイトルになっておりますが、内容は「オジさんとオバさんへの応援歌」です(著者より)

●本の前半部分で「ジジイ化している自分が怒られてる」と思っていたら、最終的に「がんばろうとしているオッサン(私自身)」を鼓舞してくれるものになっていて、勇気をもらうことができました。
(伊藤忠テクノソリューションズ代表取締役社長 菊地 哲)

●「ジジイの壁」にすがりつく現代企業人の病根の原因を学術的に暴き、辛辣なタイトルから想像できる範囲をはるかに超えた深い大作。最終章では男女の別ない温かい眼差しに涙腺は崩壊寸前、気づくと付箋だらけに。
(ヒューマンアーツ株式会社 代表取締役 中島正憲)

●オッサンへのエール、読後感は、一杯目のビールの爽快さです。
(50代 マンネン課長から脱出組)

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長