• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.,保健学)、気象予報士

河合 薫

1988年、千葉大学教育学部を卒業後、全日本空輸に入社。気象予報士としてテレビ朝日系「ニュースステーション」などに出演。2004年、東京大学大学院医学系研究科修士課程修了、2007年博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。長岡技術科学大学非常勤講師、東京大学講師、早稲田大学非常勤講師などを務める。医療・健康に関する様々な学会に所属。

◇主な著書
上司と部下の「最終決戦」』(日経BP) 2012
なんかうまくいかない人間関係の悩みがなくなる本』(日本実業出版) 2011
<他人力>を使えない上司はいらない! 』(PHP) 2009

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 「やりたい!っと思ったことは全部やる」「会いたい!っと思ったら会いに行く!」。これからはそうやって生きようと決めたのは、今年の初め。「十分好き勝手に生きてるでしょ?」と友人からはあきれられましたが、私なりに我慢したり、難しいなぁーっとためらっていたこともあったのであります。そこで今年は着々と『やりたいことリスト』消化中です。リストは、文化、社会、自然、人、暮らしの5分野に分かれていまして、先日は自然分野の「しまなみ海道自転車走破」を達成いたしました!

 朝一で松山に飛び、今治で自転車をレンタルしてスタート。渦潮に感動し、坂道をヘトヘトになりながら立ち漕ぎで乗り越え、下りは時速100キロ(かなり盛ってます)のジェットコースター。行き交う人たちは「こんにちは」とみーんな笑顔。サンセットビーチで夕陽を見て、生口島の旅館に宿泊。タコ、タコ、タコ、鯛、鯛、鯛の魚だらけの夕食に大満足。翌日も自転車漕ぎ漕ぎ、最後はフェリーで尾道へ。尾道ラーメンとお好み焼きで〆。広島空港から最終便で羽田へゴー。瀬戸内海の美しい島々と、温かい島の人たちと、おいしい食事に大満足ではありましたが、足はヘロヘロで、回復には3日ほどかかりました。 でって、遊びばかりではありません! 社会的活動もスタートさせます。次回はそちらもお話しできる状況になっていると思いますので、どうぞお楽しみに!

河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学

ウツ社員への企業のホンネとマツコの名回答

2017年12月12日(火)

 やっぱり増えてる。

 世間ではあんまり騒がれないのが不思議なくらい、どこの職場にも増えている。
 うつ…。いや、正確には“うつ傾向”。数か月休職し、復職を目指す人たちである。

 「1年近く休職していた人を、どうやって受け入れればいいのか。メンタルで休んでた人の復職は、他の部署でも上手くいっていないので……」

 先日も40代のチームリーダーの女性に相談を受けた。

 “女性の方がいいだろう”という、根拠なき上からの方針で、メンタル不調だった社員を押し付けられた、というのである。

 「押し付ける」という言葉は、復帰する社員を慮れば使うべき言葉ではないかもしれない。
 本当に申し訳ない。
 だが、彼女の話を聞くと使わずにいられなかった。

 というわけで今回は「復職って…」という至極曖昧なテーマで、アレコレ考えてみる。

復職者のケアを任された側の悩み

 「数年前に比べると会社が弱腰になったというか、完全武装してるといいますか。メンタルがヤバくなると、上司の判断ですぐに病欠扱いで休ませるようになったんです。
 明らかに嘘をついて休む人も皆無ではなく、不満を口にする人もいます。

 でも、『明日は我が身かもしれない』という危機感は私にもある。それに3、4日休んで復活する人も多いので、ちょっと休んで元気になるなら、それはそれでいいかなぁ、と個人的には思っていました。

 問題は病欠が長期にわたるケースです。
 以前、他の部署で3か月休職した人が復職したんですが、再び休職してしまったんです。

 リーダーは復職者にはムリをさせないという鉄則を守っていたんですけど、本人がもっと『できる』というので任せた。最初のうちは本人もヤル気をだして良かったそうです。ところが、次第にプレッシャーになっていったみたいで……。周りに暴言を吐いたり、パニクることもあって『周りがウツになる』とチーム内に不満がたまっていったそうです。

 うちの部署に復職する社員とは、2週間後の復職に備え、仕事の情報をメールで共有したりしているところです。

 チームメンバーとも、みんなで声を掛け合おうという雰囲気にはなっていますが……、正直、ものすごく不安です。復職してくる人は、それまで結構イケイケだった社員で、サポートされる人ではなかったんです。だから、余計不安で。年下の私が、彼とどうやって向き合っていけばいいのか。気が重いです。

 それと合点がいかないのが、“女性のほうがいいだろう”と上が考えていること。こういうときだけ押し付けられる。なんだかなぁ、って感じです。

 実は、会社は本気で復職させる気がないんじゃないか? と思ったりもするんです。

 すぐに休ませるのも、本人のためというより、会社が責任を負いたくないだけなんじゃない? と、これまではあまり考えたことがなかった、会社への不信感も募ってしまって。ホントどうしたらいいのでしょうか?」

 実は彼女と同じ質問は、これまでにも何度か受けた。

 大抵の場合、講演会などに呼ばれ、担当者とアレコレ内部事情を話す中でためらいがちに聞かれる。彼等はみな、心の奥底では「どこまでやればいいのか」と解せない感がありながらも、「それを口にしたら終わりだろ」と感情が割れ、葛藤していた。

 一方、メンタル不全に陥った人も、「負い目」を感じながらの復職である。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長