• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

鶴野 充茂(つるの・みつしげ)

ビーンスター株式会社 代表取締役

鶴野 充茂

 ビーンスター株式会社 代表取締役。公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会理事。コミュニケーションの専門家として、幅広い組織のトップマネジメントやリーダーにメディア対応、情報発信やプレゼンについてアドバイスする。国連機関やソニー等を経てビーンスター創業。国会事故調でデジタルコミュニケーションを統括するなど、全国規模のPRプロジェクトに携わる。

 著書は、30万部超のベストセラー「頭のいい説明すぐできるコツ」(三笠書房)ほか「エライ人の失敗と人気の動画で学ぶ頭のいい伝え方」(日経BP社)など二十数冊。

 日経ビジネスオンラインで「金曜動画ショー」、月刊「広報会議」でネット危機管理の連載も持つ。筑波大学(心理学)、米コロンビア大学院(国際広報)卒業。

◇主な著書
頭のいい説明「すぐできる」コツ―今日、結果が出る! 』(三笠書房(知的生きかた文庫)) 2008
エライ人の失敗と人気の動画で学ぶ頭のいい伝え方』(日経BP) 2014
なぜ経営者は「嘘つき」と言われてしまうのか?』(日経BP) 2013

◇関連リンク
ビーンスター株式会社
日本パブリックリレーションズ協会
鶴野充茂個人公式サイト

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

ニュースを斬る

ネット上で作り上げた“トランプブランド”

2017年1月20日(金)

 2017年1月20日(現地時間)、ドナルド・トランプ氏が米大統領に就任する。トランプ新政権のキーパーソンとなる人物たちの徹底解説から、トランプ氏の掲げる多様な政策の詳細分析、さらにはトランプ新大統領が日本や中国やアジア、欧州、ロシアとの関係をどのように変えようとしているのか。トランプ氏の半生解明から、彼が愛した3人の女たち、5人の子供たちの素顔、語られなかった不思議な髪形の秘密まで──。日経ビジネスが、総力を挙げてトランプ新大統領を360度解剖した「トランプ解体新書」が発売されました。今回の記事は、「トランプ解体新書」にも収録したものです。本書もぜひ手に取ってご覧ください。

 時代時代でメディアが重要な役割を果たしてきた米大統領選挙。その主戦場は、かつての新聞からラジオへ、そしてテレビに移り、ついにソーシャルメディアになったと米ロサンゼルス・タイムズ紙は書いている。そんなソーシャルメディアで、トランプ氏はほかのどの候補者よりも強い発信力を持ち、注目を集めてきた。

(C)mameji

圧倒的なSNS発信力

 トランプ氏は、選挙結果が明らかになった後に受けたテレビのインタビューで、自らのSNSアカウントで大量のフォロワーを獲得していたことによって、既存メディアなどから悪意のある情報が流された時でも、自らの主張を数多くの人たちに直接伝える「反撃の手段」を持っており、それが有効に機能したと述べている。

 彼はSNSを「今流のコミュニケーションのやり方(modern form of communication)」だと表現し、自らの重要なコミュニケーション手段に位置付けてきた。既存メディアの多くが反トランプだったという事情も、SNSを積極活用した背景にある。

 政治献金ではクリントン氏がはるかに優位だった。ロイター通信によると、クリントン氏が集めた資金は7億1800万ドル。対するトランプ氏は2億9200万ドルと半分にも満たなかった。それもあってか、これまでの大統領選では候補者の多くがテレビ広告に多額の資金をつぎ込んできたが、トランプ氏が投入した資金はほかの候補者と比較しても少なかった。

 その一方で、トランプ氏のSNSにおける影響力はどの候補者と比較しても抜きん出ていた。ツイッターのフォロワー数は選挙の時点でトランプ氏が約1300万人、対するクリントン氏は約1000万人だった。トランプ氏のフェイスブックやインスタグラムなどSNSフォロワー総数は約2800万人にも達していた。

 選挙戦中、トランプ氏とクリントン氏は、発信数にはさほど違いがなかったが、エンゲージメントと言われるネット上の反応・反響は圧倒的にトランプ氏が勝っていた。つまり、SNSでの注目度や話題性でほかの候補を圧倒していたということだ。

 では一体、トランプ氏はどのようにして注目を集め続けたのか。

注目を集める仕組みはこう作った

 トランプ氏を説明する時に、必ずと言っていいほど使われるのが「過激な発言」という表現であり、これこそがSNS上で彼が注目を集め続けた重要なキーワードである。

 その時その時に注目されたイシューや旬の話題にいち早く極端なコメントをする。

 エボラ出血熱が話題になった時は「オバマ大統領、手遅れになる前にエボラ熱の国からのフライトを止めろ」と名指しで言ったり、共和党の指名争いの際にはジェブ・ブッシュ氏に対して「ホワイトハウスにまたブッシュが必要なのか? もう十分だろう」とツイートしたりした。

 話題は政治テーマに限らない。

 アリアナ・ハフィントン氏が離婚し元夫がゲイだったと伝えられたことを受け、「(彼女は)見た目も内面も魅力がなく、前の旦那が彼女の元を去って男に向かったのはよく理解できる。いい決断だ」と投稿し、また「ヒラリーは夫さえ満足させられないのに、どうして米国を満足させられるなんて思えるんだ?」とトランプ氏のサポーターがツイートしたものをトランプ氏は自分のフォロワーに向けてシェアしたりもした(これは後にスタッフの一人がやったと発表され、ツイートは削除された)。

こちらが問題になったリツイート。現在は見ることができない

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏