• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

鈴木 友也(すずき・ともや)

トランスインサイト代表

鈴木 友也

ニューヨークに拠点を置くスポーツマーケティング会社、「トランスインサイト」代表。1973年東京都生まれ。一橋大学法学部卒、アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)を経て、米マサチューセッツ州立大学アムハースト校スポーツ経営大学院に留学(スポーツ経営学修士)。日本のスポーツ組織、民間企業、メディア、教育機関、自治体などに対してコンサルティング活動を展開。講演、執筆でも活躍中。中央大学非常勤講師(スポーツ経営)。Yahoo!ニュース「個人」オーサー

◇主な著書
勝負は試合の前についている ~米国スポーツビジネス流「顧客志向」7つの戦略』(日経BP) 2011
60億を投資できるMLBのからくり』(ベースボール・マガジン) 2007
スポーツ経営学ガイドBOOK』(ベースボール・マガジン) 2003

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 今年で40になります。32、33歳くらいから年齢はあまり意識しない(数えない)ようになったのですが(本当に自分が何歳なのか時々分からなくなりました)、40歳を目前にすると、少し身構えるものですね。幸福のベースになる「健康」と「家族」を大切に、一歩一歩丁寧に歩んで行こうと思います。

 最近は優秀な若い人に会う機会が増えたと感じます。30代だった今までは「自分が、自分が」という気持ちが比較的強かったかもしれません。これからは優秀な若い人に活躍の機会を創りだすことも自分のミッションとして明確に意識しようと思います。

鈴木友也の「米国スポーツビジネス最前線」

米最高裁がスポーツ賭博を解禁

2018年5月25日(金)

 5月14日、米最高裁判所が事実上スポーツ賭博を解禁する判断を下しました。以前「米国でスポーツ賭博が合法化される?」でも解説しましたが、ラスベガスなどのイメージから賭博大国の印象が強い米国ですが、これまでスポーツ賭博はごく一部の州を除いて全面的に禁止されていました。

 米国のスポーツ産業の市場規模は4961億ドル(約55兆円、2016年)と推測されていますが、実は少なくともその約3割に当たる約1500億ドル(約16兆5000億円)は違法スポーツ賭博が占めています。違法だけに正確な実態がつかめず、実際はその何倍もの市場があるのではないかとも言われています。

米国におけるスポーツ産業の市場構成(単位:億ドル)
(左グラフ)出所:Plunkett Research, American Gaming Association
(右グラフ)出所:American Gaming Association

 今回の最高裁判決により、今まで闇に包まれていた巨大市場が表に出てくる可能性が開けます。今後、スポーツ賭博合法化の判断は各州政府に委ねられることになりますが、この巨大市場の争奪戦が始まることは間違いありません。

 今回のコラムでは、この最高裁判決の内容やそれが生み出す新たな可能性やリスクなどについて整理してみたいと思います。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

マネジメント層こそ無人化されるべきだ。

野口 悠紀雄 早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問