• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

伊藤 哲郎(いとう・てつろう)

日経エンタテインメント!記者

伊藤 哲郎

学生時代にパソコンゲーム黎明期からの歴史を綴った『パソコンゲームの達人』を執筆。1993年学習院大学経済学部卒業。同年日経BP社に入社。日経キャラクターズ!ゲーム情報担当、日経エンタテインメント!企画委員を経て、2008年1月より日経エンタテインメント!記者。一貫してゲーム業界の進化やヒットの裏側を追い続ける。自称「日経BP一ゲームを愛する記者」。

◇主な著書
パソコンゲームの達人』(秀和システムトレーディング) 1991

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

ゲーム業界をウオッチし続けて30余年。最近は10年に1本あるかどうかのホームラン『パズル&ドラゴンズ』が大ヒットしました。ヒットした後にブレイクの理由を解説した記事はあちらこちらで目にしますが、ガンホー・オンライン・エンターテイメントの森下代表取締役CEOは「ヒット最大の要因は運。ゲーム業界にはヒットの方程式なんていうものは存在しない」と断言します。

『アイドルマスター』人気で飛ぶ鳥を落とす勢いの鵜之澤バンダイナムコゲームス代表取締役副社長ですら、「ゲーム業界では明日のヒーローは誰だか分からない」と話します。ファミコン誕生からもうすぐ30年を迎え、東証1部には多数の大手ゲームメーカーが上場。これだけ成熟した市場にもかかわらず、「次に何が飛び出してくるのか」は業界の識者ですら分からない。こんな少年時代に抱いたようなわくわく感が永遠に続く業界は他にありません。そんな愛すべきゲーム業界を これからも追い続け、ヒットを分析し、その未来を予想していきます。

キーパーソン激白! 進化するゲーム・ビジネス2013

“根強いファン”を抱える、セガならではの次の一手

2013年5月1日(水)

 セガサミーホールディングスの2013年3月期第3四半期累計の連結決算では、売上高が2070億400万円で前年同期比33.6%減と落ち込んだ。また、米国子会社におけるのれんの減損損失や関係会社清算損などにより特別損失39億2600万円を計上。純利益は前年同期比91.1%減の30億6700万円となってしまった。とはいえ、市場拡大を続けるソーシャルゲームや新ハードの登場など激変する市場に対応するための種まきを続けた結果、V字回復に向けての芽は既に出始めている。今後の世界展開や、根強いファンを持つ老舗ならではの2013年の戦略を鶴見尚也セガ代表取締役COO(最高執行責任者)に聞いた。

(聞き手/伊藤哲郎=日経エンタテインメント!、写真/加藤 康)

最初に、昨年はセガにとって、どんな年でしたか?

2012年4月に代表取締役社長に就任した直後から、ハイスピードで改革を推し進めた鶴見代表取締役社長。「アミューズメント施設市場でもチャレンジを続けていき、あきらめる気はまったく無い」と話す

鶴見尚也氏(以下、鶴見氏):私が2012年4月に社長に就任した当時は、コンシューマーゲーム市場、特に海外市場が厳しく、大改革が必要でした。まず優先したのは、加速度的に変化が速まっているゲーム市場に合わせて、組織内の意思決定スピードを速めること。具体的には、取締役へ権限委譲を進めました。

 ゲーム作りというものは、生み出す過程で議論に加わる人数が多いほど良いアイデアが出てくるとは限りません。経験と情熱を兼ね備えた現場の取締役が責任を持ち、“ノッて”前向きに仕事を進められる体制作りを心がけました。

分社化も推し進めましたね。

鶴見氏:2012年7月には、一番変化が激しい市場であるスマートフォンデバイス向けコンテンツを中心とした事業をセガネットワークスへ。2012年10月にはアミューズメント施設や飲食店施設事業をセガ エンタテインメントへ分社化しました。いずれも新しい取締役が改革に取り組んでいます。東京・お台場のテーマパーク「東京ジョイポリス」では、新しいアトラクションを追加し、前年比で売り上げが20%以上アップするなど、既に成果が出てきています。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授