• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

佐々木 明子(ささき・あきこ)

テレビ東京アナウンサー

佐々木 明子

1992年テレビ東京入社。スポーツキャスターを経て、報道へ。2007年アナウンサーとして初めてニューヨークに赴任。激動の世界経済を伝え、現在は経済ニュース番組「MプラスEx」や報道特番などを担当。元ラクロス日本代表を務めるなど気力体力は人並み以上。利き酒と野菜ソムリエの資格を持つ。経営者の懐に果敢に飛び込み、本音を引き出すのが特技。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

テレビ東京アナウンサー 佐々木明子が直撃! トップの本音

負けるのは嫌い、ソーシャルゲームで世界一狙う

2013年4月26日(金)

 誤解を恐れずに表現するならば、スピード重視のゲーム業界にあって、どことなく、のんびり草を食む羊さんのような印象。

 穏やかで、にこやかで、どこかで会ったような近所の優しいお兄さん、と言ったら分かっていただけるだろうか。

 今、急成長を続けるゲーム業界。「モバゲー」でお馴染みのソーシャルゲーム大手、ディー・エヌ・エー(DeNA)の守安功社長は、2011年6月に就任して以来、新規事業を矢継ぎ早に発表している。

 「私のゲーム歴はインベーダーゲームで止まっているんです。 ソーシャルゲームには疎くて…」

 そう挨拶すると、動揺したように苦笑い。「そ、それはかなり古いですねえ。では、ちょっと私たちのゲームで遊んでみましょうか」。

守安 功(もりやす・いさお)氏
1998年東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学修了。同年4月日本オラクル入社。99年11月システムエンジニアとしてディー・エヌ・エーに入社。2006年6月取締役、2009年4月取締役COO(最高執行責任者)。2011年6月社長就任。

 試したのは女性に人気という「農園ホッコリーナ」。画面は確かにかわいくて、ほっこりしている。

 自分の庭で野菜の種を蒔いて育て、収穫するのだが、収穫までに6時間かかる。でも、肥料や農具などのアイテムを買うと(ここがゲーム業界の収入源・課金システム)、もっと早く育てることもできる。

 「肥料が欲しい!買っちゃいます」――。私はまんまと課金システムに乗ってしまった。

 「ほかにもいろいろなアイテムがあるんですよ」。そんな私の様子を見て、守安社長は楽しそうだ。

 「女性にはまったりしたゲームが人気だし、男性だと攻撃的なものが人気がある。世代によって興味が違いますから、我々は様々なニーズに合ったゲームを作っています」

社員に「発言責任」を与える

 優しい声のトーンと、見た目もとても穏やかそうに見える守安社長。2年前、病気療養中の夫の看病に時間を割くため退任した創業社長の南場智子さんから、突然社長の座を引き継いだ。あの時は大変だったのではないだろうか。

 「そうですねえ。会社のカルチャーや事業方針などは一緒に作ってきたので、スムーズにバトンタッチできましたね」

 実は、守安社長の社員番号は9番。創業当初からのメンバーだ。

 「それでどんなカルチャーなのですか?」

 「大きく分けて5つあるけれど、その中でも他社に比べてユニークなのが、発言責任ですね」

 「ん? 説明責任ではなくて、発言責任ですか?」

 楽しそうに身ぶり手ぶりを入れながら、こちらの瞳を覗き込むように話す。

 「転職してきた人はびっくりするんですが、上司に対しても間違っていると思ったことは『間違っている』『おかしい』と自分の意見を発言するようにさせているんです」

 そして少し誇らしげにこう続けた。「会議などでえらい人が話していると、誰も何も言わないものですよね。でもうちの場合は、全員が同じ土俵に乗って、正しいことをきちんと議論して意思決定をしましょうと。そういうカルチャーにしています」。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員