• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

井上 達彦(いのうえ・たつひこ)

早稲田大学商学学術院教授

井上 達彦

1997年神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了、博士号(経営学)を取得。広島大学社会人大学院マネジメント専攻助教授、早稲田大学商学部助教授などを経て、2008年から早稲田大学商学学術院教授。2003年経営情報学会論文賞受賞。2012年4月から2014年3月まで米ペンシルベニア大学ウォートン経営大学院のシニアフェローを兼務する。

◇主な著書
ブラックスワンの経営学 通説をくつがえした世界最優秀ケーススタディ』(日経BP) 2014
模倣の経営学―偉大なる会社はマネから生まれる』(日経BP) 2012
事業システム戦略―事業の仕組みと競争優位(共著)』(有斐閣) 2004

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 2014年3月まで2年間、ペンシルベニア大学のウォートンスクールで過ごしました。大学でも子どもの学校でも、日本とアメリカの教育の違いを感じましたが、特に感心したのは、子どもが通ったテニスアカデミーの教え方です。日本の選手育成は集団指導を軸としているのに対し、アメリカのアカデミーは、プライベートレッスンを軸に成り立っています。個々の技術向上はカスタマイズすべきで、プライベートレッスンでなければうまく指導できない、というスタンスを感じます。基礎から応用まで、個人向けにカリキュラムが準備される。それは見事なものです。

 そして体系的に知識を伝えるのが上手です。アメリカでは、よいコーチほど体系的に知識を伝えます。つまり言語化が上手なのです。短い時間で修正すべきポイントを見極め、その癖を直すために、体系的なメニューとともに知識を伝えます。すると1時間のレッスンの間に(少なくともその時には)、癖が直るわけです。選手としては、最初まずかった部分を自己認識できて、それが1時間後には治るわけですから、何をすればよいのかを体感できます。

 それから、基本的にポジティブシンキングです。日本の選手育成は、「いいとろころ伸ばす」と口では言いますが、指導内容を見ると、悪いところを直そうとします。アメリカのコーチも、技術的に直すべきところは徹底的に直します。優れたコーチが本気で取り組む時は日本のコーチよりも徹底的に直します。しかし、基本的にその選手のいいところを受け入れて、よいところを伸ばします。

 これらの特徴は、人間や世界をみるときの基本的な前提にかかわると思います。アメリカは多様な文化が混在しているというのが前提なので、知識というのは、「言葉」を最大限に駆使して明確に伝えるしかないと考えているようです。また、人間の気質(テンパー)というのは、変えられるわけではないので、それを前提に良いところを伸ばすべきだという認識も感じ取れます。

イノベーション殺し[村上春樹を経営学者が読む]

イノベーションに不可欠な「意図的な偶然」

2017年4月25日(火)

 この連載は、村上春樹さんの『騎士団長殺し』に刺激を受けた筆者が、まじめにイノベーションについて語ろうという企画である。村上春樹さんの意図はともかくとして、この小説には創造的な経営やイノベーションにとって大切なことがたくさん書かれている。『騎士団長殺し』に出てくるキーワードや暗示が、筆者がつい最近出版した『模倣の経営学 実践プログラム版』と似ているのである。今回は連載4回目の最終回。

(連載 第1回 第2回 第3回 から読む)

村上春樹さんの小説『騎士団長殺し』には創造的な経営やイノベーションにとって大切なことがたくさん書かれていて、筆者がほぼ同時期に出版した『模倣の経営学 実践プログラム版』と内容で共通する部分がある。

 前回は、『騎士団長殺し』の第2部「遷ろうメタファー編」に対応して「創造のための隠喩」や「なぞかけ」について考えてみた。メタファーをイノベーションにつなげるには、「意図的な偶然」があることを述べた。

 意図的な偶然というのは、いかにも矛盾した表現に思われるかもしれない。それでも、このようにしか言い表せない。成り立たないようで成り立つという意味では、これは矛盾ではなく逆説、すなわちパラドクスなのだろう。「意図した偶然のパラドクス」とでも呼んでおこう。

セレンディピティ

 それでは具体的にどうすればよいのか。ヒントは『騎士団長殺し』の主人公の姿勢にある。異次元の世界で主人公は困難に直面しながらも、感覚を研ぎ澄まして立ち向かう。

 「ここは事象と表現の関連性によって成り立っている土地なのだ。私はそこで示されるあらゆる仄めかしを、あらゆるたまたまを正面から真剣に扱わなくてはならないはずだ」(第2部、350ページ)

 たまたまの偶然をバカにしてはいけない。「たまたま」を前向きに捉え、それをきっかけに次々と成功を収めるということがある。学術的にはこれを「セレンディピティ」(偶有性)という。幸運をつかみ取れる人というのは、いつでもその準備ができている人で、幸運の女神の後ろ髪を決して離さない人のことである。だから、真剣に扱わなければ想定外の創造性はもたらされない。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長