• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

大西 孝弘(おおにし・たかひろ)

日経ビジネス記者

大西 孝弘

1976年横浜市生まれ。上智大学法学部卒業後、2001年から月刊「日経エコロジー」、2006年から週刊「日経ビジネス」で主に自動車など製造業、ゴミ、資源、エネルギー関連を取材。2011年から日本経済新聞証券部で化学と通信業界を担当。2016年10月から現職。
自動車など製造業に足場を置きつつ、「経営者の突破力」、「短期と長期の成長モデルの違い」、「規制と競争」などをテーマに企画を考えている。

◇主な著書
孫正義の焦燥』(日経BP社) 2015年

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

AI時代の教育論

学校は多くを教え過ぎている

2018年5月9日(水)

国鉄民営化を主導し、JR東海で28年間、代表取締役を務めた葛西敬之氏。教育に危機意識を持ち、同社を含む3社で全寮制の学校を立ち上げた。重視するのは、基礎学力の向上と空想力を育む時間の確保だ。

(日経ビジネス2018年3月5日号より転載)

(写真=北山 宏一)
Profile
1940年 兵庫県生まれ。東京育ち。父から家庭で国語や漢文を習い続ける*1*2
56年 東京都立西高等学校に入学*3
59年 東京大学に入学
63年 同大法学部を卒業、日本国有鉄道に入社
69年 米ウィスコンシン大学経済学修士号取得
87年 国鉄民営化を主導し、JR東海発足へ。同社の取締役に
95年 同社社長に就任
2004年 同社会長に
06年 トヨタ自動車と中部電力などと協力し、愛知県蒲郡市に海陽学園・海陽中等教育学校を開校
14年 同社名誉会長。リニア中央新幹線の工事を開始する
18年 28年ぶりに代表権が外れ、取締役に就く予定
*1
*2
*3

 今は小中高等学校でいろいろなことを教え過ぎていると思います。あまりに科目が増えていくので、子供たちにとって本当に必要なことを教えているというより、教師の雇用確保のために必要のないことまで教えているかのような気さえしてしまいます。

 特に小中学校においては、大切なものは本当に限られています。それは「読み・書き・そろばん」です。国語力を十分に付け、英語力の土台を作り、数学能力の基礎を身に付けなければなりません。

 反復練習をして身に付けるのがとても大事です。これは決して面白いものではないかもしれません。勉強という言葉は「強いて勉める」と書くことから分かるように、詰め込みでも構わないのではないでしょうか。それを英数国に絞るべきなのです。AI(人工知能)のことは分かりませんが、教育の本質は変わらないと思います。

 それ以外については時間があれば体育や音楽に取り組むのもいいと思いますが、英数国と同じような重きを置かなくていいでしょう。子供たちには今、負担がかかり過ぎ、自由な時間が圧縮されていると思います。基礎学力の不足を補うために塾に通わざるを得なくなっている弊害もあるでしょう。子供の拘束時間が長くなった結果、自分の興味のあることに時間を割くことがなくなっていますよね。

 また、最近は文部科学省が学習指導要領で「生きる力」の育成を重視しています。生きる力とは、本当に何なんだということを説明できる人はいるのでしょうか。健康な体や強い心、他人の気持ちを推し量る感受性なのかもしれません。これらは学校教育だけではなく、様々な体験の結果として形成されるもので、それをすべて学校教育で教えようというのは、文科省の思い上がりのように思えます。

 こうした「生きる力」などを授業のカリキュラムの中に入れ、読み・書き・そろばんの時間を減らしてしまう。基礎学力を徹底的にたたき込む代わりに、本来は教えなくていいことを教える時間を増やす傾向があることを危惧しています。

父親による国語の反復学習

 私は子供のころから読み・書き・そろばんを徹底的に勉強しました。特に国語と漢文は、国語教師だった父から家庭内で継続的にたたき込まれました。

 幼少期から与謝蕪村や松尾芭蕉の俳句を、5歳からは万葉集に詠まれた和歌を口伝えで教えられました。小学生になると、日曜ごとに親子向かい合って論語の勉強です。まず父が読み、私がその通りに繰り返し、丸暗記していきました。早く虫取りに行きたい気持ちはありましたが、論語の勉強は嫌いではありませんでした。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

時間をかけて、そばに置いて付き合わないと、本当に好きなのかどうかは分からない。

中尾 浩治 テルモ元会長