• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

小川 敦生(おがわ・あつお)

多摩美術大学美術学部芸術学科教授

小川 敦生

1959年北九州市生まれ。東京大学文学部美術史学科卒。1988年日経マグロウヒル社(現・日経BP社)入社後、音楽、美術などのジャーナリズムの各分野で活動する。日経アート編集長や同社編集委員を経て、日本経済新聞社文化部へ。美術担当記者として多くの記事を執筆。2012年4月から現職。専門は美術ジャーナリズム論。担当のゼミでは、アート誌「Whooops!」を発行している。

◇主な著書
『日本経済新聞朝刊記事「美の美 パウル・クレー(1)〜(4)」』(日本経済新聞社) 2011
『日本経済新聞朝刊記事「美の美 日本人と猫絵(上)(下)』(日本経済新聞社) 2015
日経電子版記事「瀬戸内芸術祭 写真で巡る『島とアートと海の旅』」』(日本経済新聞社) 2010

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 文字を書くのが専門のはずだが、iPadのお絵かきアプリで猫だかねずみだか分からないような下手な絵を描き始めたらとまらなくなった。知り合いに見せて「画伯」と呼ばれるようになり、調子に乗っている。最近は恥ずかしげもなく教えている美大生に見せたり、図柄を印刷したTシャツを着るなどして喜んでいる。

 絵を描き始めて気づいたのは、これまでいかにクリエイティブな絵をたくさん見てきたことかということ。おかげで例えば単に猫をそのまま描くようなことに満足ができない。猫が宇宙に飛び出したり、ライオンの真似をしたり、地下組織「猫の穴」から抜け出してきた「ニャイガーマスク」になったり。絵は下手なままだが、クリエイティブな発想が生活を豊かにすることを、身をもって知るようになった。(作例は「にゃいおりん2」)

小川敦生のあーとカフェ

ジャコメッティはいったい何を見たのか

2017年8月19日(土)

 アルベルト・ジャコメッティ(1901〜66年)の彫刻は、作品の大小にかかわらず小枝のように細い印象を与える。芸術が破天荒な創造に向かった近代以降の個性的な表現の一つであることには間違いないが、やはり不思議である。

 たとえば、画家のフェルナンド・ボテロは、ボリュームたっぷりの人物描写がとても愛らしく、魅力的だ。ルノワールも一部の裸婦像をかなりふくよかに描いている。ただ、彼らの描いた人物像は、現実の人間でもありえる太さだ。

 一方、ジャコメッティの細さは尋常ではない。あのプロポーションの人体に胃や腸や心臓などの臓器や肋骨などを含む骨格を収めるのは、どう考えても無理である。とはいっても、針金で人間をかたどったようなオブジェとも違う。細いにもかかわらず厚みが確実にあること、さらには肉体が存在することを感じさせる。

《大きな女性立像II》(1960年、ブロンズ、サン=ポール・ド・ヴァンス、マルグリット&エメ・マーグ財団美術館蔵)展示風景 高さ276センチの大作
《小像(女)》(1946年頃、ブロンズ、メナード美術館蔵)展示風景 高さ3.3センチの小さな立像

 それゆえ、「生きている人間を彫刻にした!」というリアリティーが頑として存在している。国立新美術館で開催中の「ジャコメッティ展」は彫刻や絵画で作家の生涯を通覧する内容だが、会場を歩くと多くの作品で細さの個性を貫いていたことが分かる。

 ジャコメッティについては、デッサンにまつわる大変興味深い逸話が残されている。1950~60年代に合計228日にわたって数度訪れたパリで作品のモデルを務めたという哲学者の矢内原伊作が、著作の中で、ジャコメッティが絵を“見えるがままに描きたい”と言っていたことに言及しているのだ。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長