• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

小川 敦生(おがわ・あつお)

多摩美術大学美術学部芸術学科教授

小川 敦生

1959年北九州市生まれ。東京大学文学部美術史学科卒。1988年日経マグロウヒル社(現・日経BP社)入社後、音楽、美術などのジャーナリズムの各分野で活動する。日経アート編集長や同社編集委員を経て、日本経済新聞社文化部へ。美術担当記者として多くの記事を執筆。2012年4月から現職。専門は美術ジャーナリズム論。担当のゼミでは、アート誌「Whooops!」を発行している。

◇主な著書
『日本経済新聞朝刊記事「美の美 パウル・クレー(1)〜(4)」』(日本経済新聞社) 2011
『日本経済新聞朝刊記事「美の美 日本人と猫絵(上)(下)』(日本経済新聞社) 2015
日経電子版記事「瀬戸内芸術祭 写真で巡る『島とアートと海の旅』」』(日本経済新聞社) 2010

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 文字を書くのが専門のはずだが、iPadのお絵かきアプリで猫だかねずみだか分からないような下手な絵を描き始めたらとまらなくなった。知り合いに見せて「画伯」と呼ばれるようになり、調子に乗っている。最近は恥ずかしげもなく教えている美大生に見せたり、図柄を印刷したTシャツを着るなどして喜んでいる。

 絵を描き始めて気づいたのは、これまでいかにクリエイティブな絵をたくさん見てきたことかということ。おかげで例えば単に猫をそのまま描くようなことに満足ができない。猫が宇宙に飛び出したり、ライオンの真似をしたり、地下組織「猫の穴」から抜け出してきた「ニャイガーマスク」になったり。絵は下手なままだが、クリエイティブな発想が生活を豊かにすることを、身をもって知るようになった。(作例は「にゃいおりん2」)

小川敦生のあーとカフェ

禅寺が育んだ雪村の「奇想」とは

2017年5月2日(火)

 「雪村(せっそん)がなぜこんな絵を描いたのか、(描かれた仙人は)なぜこういうポーズをしているのか。何から何まで説明が困難、明確な答えがありません」

 東京藝術大学大学美術館で開催中の「雪村─奇想の誕生─」展(MIHO MUSEUMに巡回予定)でのこと。この展覧会に出品されていた代表作の《呂洞賓図(りょどうひんず)》(大和文華館蔵)を前に、企画を担当している同館の古田亮准教授はこう話す。桃山時代の画家、雪村の表現を一言で表そうとすれば、展覧会の副題でも使われている「奇想」の語を当てはめるのが妥当である。

 この《呂洞賓図》は、これまで雪村を知らなかった人でも、まずは少々変わった絵だなと思うのではないか。人が空を飛ぶ、あるいは竜の頭に乗っている構図は、いわゆる空想のワンシーンとしてはそれほど意外ではないかもしれない。

雪村《呂洞賓図》(奈良・大和文華館蔵、重要文化財 東京藝術大学大学美術館での展示は終了、MIHO MUSEUMでの展示期間:8月1~20日[予定]

 しかし、画面中央に描かれた中国の仙人、呂洞賓の衣服と長いひげは、なびき方が尋常ではない。呂洞賓は竜というよりもまるで風が吹き上げる竜巻の上に乗っているかのよう。それでいて身のこなしは軽やかだ。そもそも、「竜に乗る呂洞賓を描いた絵も、雪村以前には見られない」(古田氏)という。この絵はまさに「奇想」である。

 雪村は、知っている人にはとても人気があるのだが、一般的にはどのくらいの知名度があるのだろうか。少なくとも日本美術史を学んだ者の間では、雪村はかなり有名だ。しかし、そうでない知人に聞いて回ると、実はそれほど知られていない感触だった。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長