• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

松浦 晋也(まつうら・しんや)

ノンフィクション作家/科学技術ジャーナリスト

松浦 晋也

宇宙作家クラブ会員。1962年東京都出身。慶應義塾大学理工学部機械工学科卒、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修了。日経BP社記者として、1988年~1992年に宇宙開発の取材に従事。その他メカニカル・エンジニアリング、パソコン、通信・放送分野などの取材経験を経た後、独立。宇宙開発、コンピューター・通信、交通論などの分野で取材・執筆活動を行っている。

◇主な著書
のりもの進化論』(太田出版) 2012
小惑星探査機はやぶさ大図鑑(共著)』(偕成社) 2012
飛べ!「はやぶさ」小惑星探査機60億キロ奇跡の大冒険』(学習研究社) 2011

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 宇宙開発を取材してそろそろ四半世紀。同じ科学技術庁マターだったが、関わることはあるまいと思っていた原子力も、福島第1原発事故後に始めたPC Onlineの連載(http://pc.nikkeibp.co.jp/article/NPC/20080312/296077/)でどっぷり漬かることになってしまった。宇宙開発と原子力には共に科技庁の管轄だったという以上に共通点がある。それは一度方針を定めた巨大技術開発が方針転換する困難さだ。

 研究も技術開発も未踏領域であればあるほど、柔軟な態度で臨む必要がある。が、宇宙と原子力は先行する海外をキャッチアップする形で始まったこともあり、これまで柔軟性について顧慮されることは少なかった。しかし、これからはそうはいかないだろう。しなやかに、したたかに技術開発を進める体制を作らねば、技術は停滞し、ついには失われることにもなりかねない。

介護生活敗戦記

「自分の絶望を分かってくれる人」がいますか?

2017年12月1日(金)

 小澤竹俊先生(めぐみ在宅クリニック院長・エンドオブライフ・ケア協会理事)と、本連載の執筆者、松浦晋也さんの対談をお送りしています。小澤先生は、ホスピスの専門家としての診療と「自宅での看取り」を可能にするための人材育成に取り組んでいます。最終回は、レジリエンスの重要さを語っていただきます。そのために重要なのは、「自分の辛さ、絶望を分かってくれる人」。この言葉に、自分(編集Y)の抱えていた記憶が思わず蘇ってしまいました…。

(構成・聞き手:担当編集Y)

小澤竹俊(おざわ・たけとし)
1963年東京生まれ。「世の中で一番、苦しんでいる人のために働きたい と願い」医師を志し、1987年東京慈恵会医科大学医学部医学科卒業。 1991年山形大学大学院医学研究科医学専攻博士課程修了。 救命救急センター、農村医療に従事した後、94年より横浜甦生病院 内科・ホスピス勤務、1996年にはホスピス病棟長となる。2006年めぐみ在宅クリニックを開院、院長として現在に至る。「自分がホスピスで学んだことを伝えたい」と、2000年より学校を中心に「いのちの授業」を展開。「ホスピスマインドの伝道師」として精力的な活動を続けてきた。2013年より、人生の最終段階に対応できる人材育成プロジェクトを開始し、多死時代にむけた人材育成に取り組み、2015年、有志とともに一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会を設立し、理事に就任。現在に至る。2017年3月にはNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に登場し、大きな反響を呼んだ。

(前回から読む

松浦:平川克美さんとの対談(「介護もしないうちからえらそうにするな(笑)」)で「自分の自由にならない、どうしようもない肉体的現実」というものに直面する機会が、介護以外にはないんだというお話がありました。考えてみれば、私たちの社会的活動は学校の授業も社会人としての仕事も「始まりがあって、計画があって、いつ終わるかが分かる」ものしか基本的にやらないですよね。

 ところが老人介護では「いつになったら治る? いや、治らないんだよ。じゃあ、いつになったら終わる? いや、それは分からないよ」というものにいきなり直面させられますよね。

小澤:ですので、介護にはプロジェクトマネジメント的な取り組みが求められると思うんです(第2回を参照)。そしてもうひとつ、今の教育と社会経験では、いつ終わるか分からない介護とどう向き合うのかは分からないでしょう。だから「分かってくれる人」も、経験者しかいない。

「絶望」は会社員にも普通に起こりえる

 介護する側の理解者が絶対的に少ない。

小澤:いわゆる「失敗学」は、失敗からポジティブな価値を引き出す、つまり次にいいプロダクトを作るために失敗から学ぶという立場だと思います。それは、「次」があるからいいんです。でも、問題は、もし次がなかったらどうするかですよね。いつかなくなる。それを分かっていた上でどうかかわり続けるかなんて、普通のビジネスの世界ではあり得ない。会社整理とか倒産についての法律や手続きを学ぶことはあるかもしれませんが、倒産した会社の社員の気持ちをどうするか、なんて、おそらく誰も気にしていない。

松浦:そうなると「自分の辛さ、絶望を分かってくれる」人を育成する、という小澤先生のやっていることが、非常に貴重かつ難しいことが分かりますね。

小澤:失敗した、苦しんでいる人の気持ちを理解し、支えること、これは重要なポイントなんですね。間もなくお迎えが来る人だけの問題じゃないんです。

 スポーツで言えば、PK戦で外して落ち込んだり、試合中エラーのために試合に負けたり、取り返しがつかない失敗というものがあって、いつかは誰でもそれに直面するんですよ。今年の甲子園もそうでしたね、一塁ベースを踏み忘れて、それで逆転負けして2連覇の夢が消えるわけですね。やり直してもう1回できればどんなにいいか。あの一塁手はどんな思いでこれから野球をやるんだろう。そういうことは、仕事でももちろん起こりうる。

 ……ものすごく古傷が疼くお話です。

松浦:何かあったの?

小澤:話してみませんか。

 いち会社員の話でいいんでしょうか。

松浦:僕にこの本を書かせたくせに、何言っているんだ(苦笑)。

 じゃ、手短に(以下、進行役を降りますので太字をやめます)。

 もう10年以上前に、雑誌の創刊に挑戦したことがあったんですけど、テスト版を出すには出せたんですが、結局、私の力不足で大失敗しまして、延べ200人くらいの方々を集めてお仕事をお願いしたのに白紙になって、「ああ、自分はなんて思い上がっていたんだろう」と、どうだったかな、1年くらい、落ち込みまくっていたことがあったんです。

松浦:へえ、そうだったんですか。

小澤:そこから、どうされました?

絶望してはいけない。
でも、そのためには覚悟と知識が必要だ。

●ひとつひとつのエピソードに筆者の方の書く勇気 を感じます。自分の過去と文字に向き合う姿が目に浮かぶようで、感動します。背筋が伸びるようです。

●ん?どこかで拝見したことのあるお名前だな、と思ったら、宇宙や防衛に関する的確な記事を書かれている”あの松浦さん”と知って驚いています。

●親の介護という現実が誰にでも起こり得るものと実感すると同時に、過去の記事を読み返して懸命に客観視点を保ちつつ実体験をさらけ出すことへの葛藤も透けて見え、その姿勢に自分の未来を重ね合わせて泣けてきました。

●毎回大変興味深く拝見しています。優しさに包まれていながらも、現実を(できるだけ)冷静に書こうとされているのは、科学ジャーナリストのご経験からでしょうか。

●苦悩に満ちながらもどこかコミカルな著者の筆致には、長年生活を共にしたお母様に対する深い愛情を感じる。いわば、著者は「介護」が現実のものとなっている「人生の先輩」であり、きれいごとではない現実の「敗戦記」は、明日の私たち自身かもしれないのである。

(連載にいただいたコメントから引用させていただきました。ありがとうございます)

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長