• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

松浦 晋也(まつうら・しんや)

ノンフィクション作家/科学技術ジャーナリスト

松浦 晋也

宇宙作家クラブ会員。1962年東京都出身。慶應義塾大学理工学部機械工学科卒、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修了。日経BP社記者として、1988年~1992年に宇宙開発の取材に従事。その他メカニカル・エンジニアリング、パソコン、通信・放送分野などの取材経験を経た後、独立。宇宙開発、コンピューター・通信、交通論などの分野で取材・執筆活動を行っている。

◇主な著書
のりもの進化論』(太田出版) 2012
小惑星探査機はやぶさ大図鑑(共著)』(偕成社) 2012
飛べ!「はやぶさ」小惑星探査機60億キロ奇跡の大冒険』(学習研究社) 2011

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 宇宙開発を取材してそろそろ四半世紀。同じ科学技術庁マターだったが、関わることはあるまいと思っていた原子力も、福島第1原発事故後に始めたPC Onlineの連載(http://pc.nikkeibp.co.jp/article/NPC/20080312/296077/)でどっぷり漬かることになってしまった。宇宙開発と原子力には共に科技庁の管轄だったという以上に共通点がある。それは一度方針を定めた巨大技術開発が方針転換する困難さだ。

 研究も技術開発も未踏領域であればあるほど、柔軟な態度で臨む必要がある。が、宇宙と原子力は先行する海外をキャッチアップする形で始まったこともあり、これまで柔軟性について顧慮されることは少なかった。しかし、これからはそうはいかないだろう。しなやかに、したたかに技術開発を進める体制を作らねば、技術は停滞し、ついには失われることにもなりかねない。

宇宙開発の新潮流

北朝鮮のミサイル、“目標”はあくまで米国

2017年8月30日(水)

 北朝鮮のミサイルが日本上空を通過した――8月29日午前5時58分頃、北朝鮮は平壌近郊の順安(スナン)から、中距離弾道ミサイル(IRBM)を発射した。ミサイルは6時5分から7分頃に渡島半島から襟裳岬の上空を通過、6時12分頃に襟裳岬東方約1180kmの公海に落下した。途中ミサイルは3つに分離し、それぞれはほぼ同海域に落下している。飛翔距離は約2700km、到達高度は550km。日本政府は、北朝鮮が5月14日に発射したIRBM「火星12型」である可能性が考えられるとしている。

5月14日に発射された火星12型(朝鮮労働党機関紙の労働新聞web版より)

IRBMが日本に与える脅威は小さい

 様々な観測と、高まる脅威が語られている。それを否定するものではないが、このコラムではあくまで、現時点で分かっている事実(もちろん調査が進んだ後、修正されることもあり得る)に立脚して、今回のミサイルの日本上空通過にどのような意味があるのかを考えてみよう。

 まず押さえておくべきは、今回のような軌道でIRBMが発射された場合、日本への被害はゼロか、あったとしてもごく軽微ということだ。

 ミサイルは日本領空通過前に、高度100km以上の宇宙空間に出てしまう。今回の場合、襟裳岬上空で最高到達高度550kmになったということだ。もちろん勢いがあるからまっすぐ直下の日本に落ちてくることもない。日本に被害が及ぶとすれば、発射後の早い段階の加速途中でエンジンが停止したり爆発を起こしたりして、本体、あるいは破片が日本に降ってくる場合だけである。日本と北朝鮮は、IRBMを使うには近すぎるのだ。日本にとっての現実的な脅威は、より射程の短いミサイルの「ノドン」なのである。

 発射地の順安は平壌北方の平壌国際空港があるあたりなので、仮に発射地を平壌国際空港として、襟裳岬上空を通過したとすると2700kmを飛んだことになる。日本政府は「渡島半島上空を通過」と発表した。津軽海峡の上空を狙ったような軌道だ。

 この経路は、「日本への刺激を最小限にするために、陸上を避け、津軽海峡を飛ばした」と見ることができる。実際、北朝鮮が、日本への示威行為を目的とするならばIRBMを使う意義は薄い。より直接的なノドンを使うべきなのである。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ドイツ企業は協調と競争の使い分けに長けている。

ビル・マクダーモット SAP CEO(最高経営責任者)