• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

松本 哲人(まつもと・あきと)

国際通貨基金(IMF)エコノミスト

松本 哲人

米ウィスコンシン大学経済学博士(Ph.D.)。東京大学法学部卒業後、野村総合研究所入社、野村証券エコノミスト、英国銀行、米連邦準備銀行を経て現職。専門は国際金融。(写真:菅野勝男)

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

「気鋭の論点」

シェールガスの「一物一価」が崩壊した理由

2013年10月21日(月)

 シェールガスとはシェール(頁岩)層に含まれる天然ガスのことである。その存在自体は知られていたが、2000年代に入り技術革新によりアメリカではシェールガスの採掘が経済的に行われるようになった。シェールガスの中身自体は従来の天然ガスとほぼ変わりはなく、完全な代替品とみて問題ない。

 シェールガスの影響は2005年以降に顕著に現れるようになった。アメリカの天然ガスの生産は2005年から2012までに30%以上増加した。将来的にはアメリカは天然ガスの純輸出国になり、その生産の50%以上はシェールガスと予想されている。こうしたシェールガス革命の影響はいたるところで指摘されているが、天然ガスの価格の国際格差の拡大もそのひとつである。

 今回はこの天然ガス価格の国際格差の原因を追究するため、まず米独における天然ガスの「一物一価の法則」を検証したい。さらに格差の原因を統計的に特定するために天然ガスと原油の相対価格を検証する。もちろん、シェールガスの影響は米国で見られるわけだが、こうした経済的な要因がきっちりデータでも現れるか検証する必要がある。最後にシェールガスの影響が需給でなく、価格面で強く現れており、なおかつ国際的な価格差が顕著になった背景について説明し、今後の動向について、筆者の個人的な予想を述べることにする。

(2012年以降は米国エネルギー情報庁の予測)

天然ガスの一物一価の崩壊は米国の天然ガス価格下落が原因

 天然ガス価格は米国とドイツの2009年までのデータを使うと「一物一価の法則」が成り立っている。一物一価の法則とは同一製品の価格は同一であるという経済学の原則である。これは価格が異なる場合は安い場所から輸入するという裁定取引が行われるであろうという前提に基づくものだ。もちろん、現実には輸送費や製品に付随する流通、保証サービスなどで厳密な一物一価が成立しないケースも多い。多くの小売価格が為替の変動に合わせて大きく変動していないことを考えれば明らかである。これは流通側が為替の変動分による損益を吸収し、消費者側に自国通貨での価格の安定を提供しているためである。

 天然ガスに関しては米国では卸売り、ドイツでは輸入価格を使用し実証しているのでこうした影響はない。そのため、米独での天然ガスの一物一価は問題なく成立していると思われた。ところが、この同一データを2011年まで延長して検証すると一物一価の法則が成り立っているとはいえなくなるのである。計量的なテストをしなくとも日米独の天然ガスの価格差は大幅に広がっており、グラフを見れば一物一価の関係が崩壊したことは一目瞭然なほどである。かつて成立していた天然ガスの一物一価が技術革新とともに成立しなくなったのはなぜであろう?

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長