• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

村山 慶輔(むらやま・けいすけ)

やまとごころ代表取締役

村山 慶輔

兵庫県生まれ。ウィスコンシン大学マディソン校出身。在学中、異文化交流に強い関心を持ち、20ヵ国以上を旅行。大学卒業後インドで半年間インターンシップ経験。2000~2006年、アクセンチュア勤務。退社後インバウンド観光に特化したBtoBサイト「やまとごころ.JP」を立ち上げ、ホテル・小売・飲食・自治体向けに情報発信、教育・研修、コンサル等を提供。東京観光財団アジアセールス委員会委員長をはじめ、インバウンド関連諸団体の理事を多数兼任。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

観光ビジネスにベンチャーを起こせ!

ドン・キホーテの千客万来の発想がインバウンド成功の秘訣

2015年4月1日(水)

全国に290の系列店舗を構えるドン・キホーテ。店内にはバラエティー豊かな商品が所狭しと並べられ、24時間営業のディスカウント・ストアという事業形態で日本の流通業を牽引してきたリーディング・カンパニーが、訪日外国人の心をつかみ大きな注目を集めている。観光客に人気の買い物スポットとなっているドン・キホーテには、年間550万人以上の訪日外国人が訪れ、訪日客のほぼ2人に1人がドン・キホーテに来店していることになる。今回は、そのドン・キホーテグループでインバウンド戦略部門として位置づけられる株式会社ジャパン インバウンド ソリューションズの代表である中村好明氏に、日本のインバウンドの在り方について話を聞いた。

【会社データ】
○株式会社ジャパン インバウンド ソリューションズ
事業内容:ドン・キホーテグループが社内で蓄積してきた訪日観光誘致のソリューションを、国や自治体、民間企業に開放することを目的として、2013年7月に設立したコンサルティング会社。観光立国実現のための訪日観光・国際交流の推進やプロモーション事業、翻訳・通訳・多言語コールセンターなどのサービス提供及び専門人材の派遣、旅行博覧会・商談会などへの出展支援・代行、講演会・シンポジウム・セミナー等の各種イベントの企画、制作、運営、実施及び管理などを行う。
設立:2013年
資本金:1000万円
従業員数:15名

中村 好明(なかむら・よしあき)氏
(株)ジャパン インバウンド ソリューションズ代表取締役社長
1963年生まれ。上智大学卒。2000年ドン・キホーテ入社。広報、IR、マーケティング、CRM、新規事業担当を経て、2007年11月に社長室ゼネラルマネージャー、2008年7月よりインバウンドプロジェクトリーダーとして訪日客誘致の責任者を兼ねる。2013年7月、社内の訪日観光戦略部門をスピンアウトさせて、株式会社ジャパン インバウンド ソリューションズを設立し、代表取締役社長に就任。ドン・キホーテグループ全社の訪日客誘致プロジェクト責任者を務める。ハリウッド大学院大学客員教授(2015年4月より)。著書に、『ドン・キホーテ流 観光立国への挑戦~激安の殿堂が切り拓くアジア観光交流圏という大市場』(メディア総合研究所刊)、『インバウンド戦略~人口急減には観光立国で立ち向かえ!』(時事通信社刊)がある。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長